ノーザンダンサー単語

ノーザンダンサー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ノーザンダンサー(Northern Dancer)とは、1961年まれのカナダの元競走馬・元種である。

概要

血統

NearcticNatalma、Native Dancerという血統。
は当該記事参照。ナタルマはニアークティックを生産所有したカナダ・E.P.テイラーの所有馬として走り、まずまず活躍したが、ケンタッキーオークス直前に折したため7戦3勝で引退を余儀なくされた。

ナタルマがニアークティックと交配されたのが繁殖シーズン後半だったためか、ノーザンダンサーは5月27日生まれと割と遅生まれであった。

1歳時にセリに出されたが、成長しても大柄にならなかったのも災いして買い手がつかず、結局テイラーが自分で所有することになった。名の由来はニアークティック(新北区)とネイティヴダンサー(先住民踊り子)から取られている。

競走成績

小柄ながら持ち前の強気で他にしばしば悪戯し、牧場のロープやを破壊し、を追いかけ回すという悪ガキだったノーザンダンサーは、実は去勢が検討された。預かったホレイショ・A・ルロ調教師の進言で去勢は免れたが、本当に実行されていたらまず間違いなくサラブレッドの血統史が変わっていただろう。

さて、裂蹄を発症して少しデビューが遅れながらも事にデビューしたノーザンダンサーは、フォーエリー競馬場メイドン(未勝利戦)でのデビュー勝ちを含めてデビューから5戦3勝2着2回とした後、ウッドバイ競馬場へ転戦。ここではカナダ最大の2歳戦・コロネーションフューチュリティを含む3戦2勝を挙げた。その後はグリーンウッド競馬場での1戦を挟み、アメリカ・アケダクト競馬場に遠征。初戦でいきなり当時の重要な2歳戦であったベルモントフューチュリティの勝ちビューパーズを8身差の2着に下すと、続くレムセンSも勝利カナダ最優秀2歳に選出され、アメリカでもケンタッキーダービー補に名を連ねた。

翌年は初戦の一般競走を3着に落としただけの4連勝でフロリダダービー→ブルーグラスSと連勝。アメリカ三冠競走第1戦のケンタッキーダービーに2番人気で駒を進めると、レースでは直線入り口で先頭に立つ強気の競馬からクビ差いで2分0フラットレースレコード優勝し、地元カナダは熱狂的な祝福ムードに包まれた。ちなみに1931年まで5月中旬の開催だったこともあり、ケンタッキーダービーを3歳の誕生日より前に勝ったはノーザンダンサーが初めてであった。

続いてプリークネスS勝利三冠の期待がかかったが、工事によってアケダクト競馬場での代替開催となった最終戦ベルモントSプリークネスSで4着に破ったクアドラグルの3着に敗戦し、三冠はならなかった。その後はカナダに凱旋して出走したクイーンプレートを7身半差で圧勝したが、その後屈腱炎を発症し引退した。

通算18戦14勝。カナダ年度代表を満票で受賞し、アメリカでも最優秀3歳に選ばれたが、米国年度代表ジョッキークラブゴールドカップ5連覇などのおかしな記録を作った7歳騙ケルソが選ばれ、ノーザンダンサーは受賞を逃した。

種牡馬として

と、競走馬としてかなりの成績を残したノーザンダンサーだったが、この価が発揮されるのは、種としての活躍であった。
実際、私達がノーザンダンサーの名前を口にする時、その話題に種としてのものだろう。

略歴を記すだけでも、1970・7783・84年に英リーディンサイアー、1971・77[1]に北リーディンサイアーとなっている。これだけでももちろん凄いことなのだが、更に凄いのが代表産駒のさである。

2年の産駒には英クラシック三冠となるニジンスキー日本で種として活躍するフレンチデピュティの祖となった名種ヴァイスリージェントがいるし、その後も日本で10回ものリーディンサイアーを獲得するノーザンテーストや、リファールダンジグヌレイエフストームバードサドラーズウェルズなどなど、枚挙に暇がない。そして、それらのノーザンダンサーの直たちも種として活躍し、彼らが生んだカーリアンデインヒルシアトリカル、ストームキャットガリレオなどの近年の活躍種は、新しい競馬ファンにも染み深い名前である。

ノーザンダンサーの素晴らしい点としては、恐ろしく高い適応が挙げられる。端的に言うと、芝・ダート問わず、そして幅広い距離で活躍を出し、代表産駒が欧・アジアでそれぞれリーディンサイアーを獲得している。更に、その柔軟性は代を経ても受け継がれ、産駒が名種として各地にしっかりと根付き、まさにワールドワイドの活躍を見せた。厳しい種付け数制限のため、年間の均産駒数は僅か28頭だったが、それでも輩出したステークスウィナーは147頭、率にして23.1%に上り、ピーク時には「ノーザンダンサーの精液は、同量のと等しい価値がある」とまで言われた。

結果として、わずか30年弱の間に、世界の血統図はノーザンダンサーを中心としたものに書き換えられ、「19世紀のセントサイモン、20世紀のノーザンダンサー」と、その栄を称えられている。ポスト・ノーザンダンサーとして、ヨーロッパではナスルーラ系の復権、アメリカではミスタープロスペクター系、日本では*サンデーサイレンス系が活躍を送りこんでいるが、ノーザンダンサー系はそれらにもブルーメアサイアーとして血を送り込んでいる事が多々あり、また、ノーザンダンサーの系も依然として幹を為している。このことからも、ノーザンダンサーが塗り替えた近代競馬の血統図は、今しばらくは盤石なものとして続いて行くと思われる。

1965年には人間以外で初めてカナダスポーツ殿堂に名を連ね、1976年カナダ競馬名誉の殿堂が創設されると初年度で殿堂入りし、アメリカでも同年に殿堂入り

大きな栄に包まれたノーザンダンサーは、1987年に種引退した後、1990年11月に疝痛のため29歳で安楽死の措置が執られた。

ブラッド・ホース誌選定「20世紀のアメリカ名馬100選」では43位。
偉大な功績を残したわりにやや順位が低いのは、アメリカ産ではないからだろうか。

血統表

Nearctic
1954 鹿
Nearco
1935 鹿
Pharos Phalaris
Scapa Flow
Nogara Havresac
Catnip
Lady Angela
1944 
Hyperion Gainsborough
Selene
Sister Sarah Abbots Trace
Sarita
Natalma
1957 鹿
FNo.2-d
Native Dancer
1950 
Polynesian Unbreakable
Black Polly
Geisha Discovery
Miyako
Almahmoud
1947 
Mahmoud Blenheim
Mah Mahal
Arbitrator Peace Chance
Mother Goose

クロスGainsborough 4×5、Chaucer 5×5

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *1977年の記録については欧州での賞を加算するかで違いがある。加算しない(北で獲得した賞のみで計算する)場合、この年のリーディンサイアーはドクターフェイガーとなる。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/14(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/14(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP