今注目のニュース
あどけない表情に抜群のボディライン!『賢者の孫』から聖女シシリーの湯上り姿がフィギュア化
マニア3人がハマった!大人が一生楽しめる「ボードゲーム」をガイド
タブレット、いまだ人気のiPadを抜いて1位になった製品は? タブレット端末週間売れ筋ランキングTOP10

ノートルダムの鐘単語

ノートルダムノカネ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)とは、1996年開されたディズニーの長編アニメーション映画である。
原題を邦訳すると「ノートダムせむし男」となるが、せむしが差別であるため、本編オープニング曲「ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)」がそのまま邦題となった。

概要

あらすじな登場人物については、ウィキペディアの記事exitを参照。

レ・ミゼラブル作者として知られるヴィクトル・ユーゴーの小説ノートダム・ド・パリ」が原作。当時のディズニーは、第一に子供が楽しめる前提の作品だけでなく、大人向けのアニメーション作品も制作されるようになった。その代表的な作品が、この前年に開された「ポカホンタス」と本作である。

原作ジプシーをはじめとする被差別階級の弾圧など当時の社会の闇も描いた陰な作かつ悲劇的な結末で終わり、本作は従来のディズニー作品同様ハッピーエンドで締めくくるも、これまでの作品にべてシリアスで重厚な雰囲気が強く、主人公のカジモドが虐げられる場面など、初期のディズニー長編アニメに劣らぬダークな作も色濃く出されている他、カジモドがヒロインエスメラルダに失恋するなど、必ずしも全なハッピーエンドではい(とは言え、映画終盤でカジモドはパリの人々からの偏見くなり受け入れられ、続編のOVAで助けた女性とめでたく結ばれるなど充分救済されている)。こうしたディズニーしてはしく暗めの作から、万人には受け入れ難かったのか行収入は伸び悩んだものの、作品そのものの評価はかなり高く、熱ファンも非常に多いのが特徴であり、もっと評価されるべきディズニー隠れた名作の一つである。

音楽リトル・マーメイド美女と野獣アラジンなどディズニールネサンス名作を手掛けたアラン・メンケンが引き続き担当し、キャスティングもカジモド役を「アマデウス」のモーツァルト役で知られるトムハルス、エスメラルダ役をデミ・ムーアが演じた。日本語吹き替え版では、当時の劇団四季所属の舞台俳優が起用され、「半沢直樹」の浅野店長役や題名のない音楽会会者などで知られる石丸幹二がカジモドを演じたのを筆頭に、オリジナル版に劣らぬ演技と歌唱が高く評価されている(残念ながら、OVAキングダムハーツでは、別の声優に変更されている)。

1999年にはくもドイツミュージカル化され、日本では2016年から劇団四季演が始まった。内容はアニメ版と原作小説を両方取り入れたものになっており、楽曲や登場人物の性格設定はほぼ同じだが、フロローの人物像や結末は原作に準じた悲劇で終わっている。また、カジモドの出生は映画と大きく異なっている。現在実写映画制作も進んでおり、アニメ版と原作ミュージカル版のどちらの結末になるのかは不明である。

2019年4月ノートルダム大聖堂火事によって大規模な損傷を受けると、Twitterではそのミニチュアを抱いて嘆くカジモドの絵exit投稿された他、石丸幹二exitミュージカル版を演中の劇団四季exitお見舞いメッセージを送っている。

主な楽曲

ノートルダムの鐘
本作のオープニング曲。人形遣いのクロパンが、子供達にカジモドがいかにしてノートルダム大聖堂の鐘つき男になったかを、彼の出自やフロローの犯した罪と共に歌い上げる。エンディングでも再び歌われ、共に「人間で、が怪物か?」とカジモドとフロローの対照も歌のテーマとなっている。
の願い
フロローによって大聖堂に閉じ込められていたカジモドが、祭りの日に一度だけでも外の世界に出たいと願う。先述の火事で崩れたに登って歌う場面が特に印的で、シンプルかつわかりやすいメロディーが特徴のアラン・メンケンの楽曲にしてはしく、非常に複雑な旋の難曲。パリの町が映し出される場面で、「美女と野獣」のベルが秘かに映っていることでも有名。
トプシー・ターヴィー
クロパンが率いるジプシー達が、一年に一度だけ何もかも逆さまにする道化祭り。賑やかでやかながらも、本作らしい重厚さも兼ね備えている。こちらもディズニーランドショーにたびたび使われていた。この曲の直後に、カジモドが酷い仕打ちを受ける鬱展開が待ち受けているため、曲もトラウマという人も。
ゴッドヘルプ
カジモドに助けられて大聖堂の中に避難したエスメラルダが歌う。自由奔放な性格ながら、自分以外でのけ者にされた人々の救済を願う彼女の心の美しさが描かれている。
罪の炎
本作を代表するヴィランズ悪役)フロローのナンバー。彼が見下し弾圧するジプシーエスメラルダにしてしまったフロローが、彼女が自分を惑わす魔女だとしい情念と憎を吐露する。ディズニーヤンデレソングであり、ある意味フロローのキャラを決定づけたと言ってもいい隠れた名曲。(楽曲の)ノートルダムの鐘の合唱が再び使われ、東京ディズニーランドショーではヴィランズの登場シーンにも使われている。
サムデイ
本作のエンディング曲。平和希望が遠くない未来に訪れることを願う祈りの曲で、当初は映画本編に使われる予定だったが、最終的には本編終了後のエンドロールで流れているに留まった。ミュージカル版では、処刑を宣告されたエスメラルダとフィーバスが、絶望の中でも希望を見いだそうとする場面で歌われる。

東京ディズニーリゾートでの活躍

この時期のディズニー映画としてはややマイナーな部類に入る本作だが、ランドシーのパレードやショーには、ちょくちょく出演している。なお、キャラクターグリーティングでは、エスメラルダがファンタジーランドに現れるが、結構レアキャラなので会えたらかなりラッキーと思ってよい。

以下、登場したイベントについて説明する(括弧内は開催された年)

ディズニーオン・パレード/100イヤーズ・オブマジック2001~2003)
東京ディズニーランドのパレード。最後のフロートには、当時のディズニー較的新作のキャラクターが登場しており、エスメラルダとクロパンが登場した。日によって出演するキャラが異なり、登場しない時もあった(この他にもヘラクレスやターザンが不定期の登場であった)。
ディズニーパーティーエクスプレス2001)
ディズニーランドのプラザで行われたスペシャルイベントミッキー達の巨大なバルーンを乗せた汽車の形のフロートがプラザを周回し、ゲスト参加のパレードだった。カジモド、エスメラルダ、クロパンが出演したが、主人公であるにもかかわらずカジモドが登場したのはこのイベントだけ。これ以降、エスメラルダの相方はクロパンが務めている。フィーバスでないだけまだマシだが、カジモドは泣いてもいい。
ディズニーシーシンフォニー2001~2004)
東京ディズニーランドオープン時から開催されていた、一番最初の水上ショーミッキー揮に会わせてディズニーの曲がメドレー形式で流れ、途中で「トプシー・ターヴィー」が流れる。
東京ディズニーシー・マリタイムバンド2001~)
東京ディズニーランドのエントランス演奏を披露する小規模編成のブラスバンド。上記のディズニーシーシンフォニーで使われたためか、「トプシー・ターヴィー」が持ち曲の一つになっている。
ミッキーのギフト・オブドリームス2003)
東京ディズニーランド20周年アニバーサリーの一環として、シンデレラ城で行われたキャッスルショー。中盤でクロパンが「トプシー・ターヴィー」を歌って登場する。この直後にヴィランズが登場する場面では、(OP曲の)「ノートルダムの鐘」のBGM合唱付きでかかる。
ワンマンズ・ドリームII -ザ・マジック・リブズ・オン-2004~2019)
トゥモローランドショーベースで開催された人気ショーワン・マンズ・ドリーム」のリメイク版で、人気の高さからキャラクターが登場するレギュラーショーでは15年のロングランとなった。中盤のヴィランズシーンでフロローが登場し、曲はオリジナルだが、映画本編の「罪の炎」を歌うシーンを思わせる内容となっている。他に登場するヴィランズは、「白雪姫」の女王魔女)、「眠れる森の美女」のマレフィセントというディズニーを代表するキャラばかりで、作品の知名度を較しても有り余る破格の扱いを受けていることがわかる。
このショーのフロローは(炎が吹き出すなどかなり危険なステージのためか)他のパレードやショーと異なり、ダンサーが素顔を見せて演じているため、本編べてかなり若々しい。日本におけるフロローの人気は、このショーにあると言っても過言ではく、ワン・マンズ・ドリームを見て、初めてノートルダムの鐘という作品を知ったゲストも多い模様。
エスメラルダは、私のもの!
なお、2019年4月ノートルダム大聖堂が火災事故が起こると、翌日にはくも炎の演出やフロロー達の台詞の一部がカットされた。
レッツ・ゴー・ヴィランズ!(リ・ヴィランズ!)、バンザイ!ヴィランズ20082009
東京ディズニーランドハロウィンで初めてヴィランズ役となったパレード。間のレッツ・ゴー・ヴィランズ!(翌年は、リ・ヴィランズ!に題)では、ショーモードのみヴィランズ登場するが、のバンザイ!ヴィランズ!は反対にパレードモードで常にヴィランズが姿を見せ、ミッキー達はショーモードのみと出番が逆転している。フロローが最後尾のフロートで「ヘラクレス」の悪役ハデスと一緒に登場するが、フロートやダンサーコスチュームハデスイメージしたモノであり、ついでの印が強い。そもそもコミカルな雰囲気なので、シリアスキャラのフロローにはあまり合わない気もするが・・・
ディズニーイースターワンダランド2010~2012)
現在でもランドシー季に開催されているイースターイベントの初期のランドのパレード。クロパンが7年ぶりにランドに登場した。
ディズニーハロウィーンストリート ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル2012)
この年のディズニーランドハロウィンイベントでは、ショーには登場しないものの、ヴィランズキャラグリがシンデレラ城周辺で行われており、フロローが初めてキャラグリに登場した。ワン・マンズ・ドリームと同様の姿で出てきて欲しかったという女性ゲストも多かったらしい・・・
ヴィランズハロウィーンパーティー2015~2018)
東京ディズニーシーハロウィンイベントヴィランズワールド」に合わせて、アメリカンウォーターフロントで開催されたスペシャルプログラム(小規模なショー)。このイベントオリジナルキャラとして、擬人化したヴィランズの手下exitが多数登場して熱ファンを生む人気を集めたが、その中で「ヴェールexit」というフロローの手下が登場した。YouTubeにはこのヴィランズの手下の動画が多数投稿されている他、pixiv百科事典では彼ら一人一人の記事が詳しく書かれているので、そちらを参考にして欲しい。なお、フロロー自身は登場しない。
コート・ジェスター・カルテット2017~)
東京ディズニーランドで行われているアトモスフィア。詳細は該当記事参照。ノートルダムの鐘の「トプシー・ターヴィー」を合い言葉・決めゼリフにしており、本曲を演奏する時もある。コスチュームもクロパンを彷彿させるものとなっている。

こうしてみると、ワン・マンズ・ドリーム人気の影か、フロローの優遇ぶりがわかる。「眠れる森の美女」のマレフィセント、「ヘラクレス」のハデスと共に、役よりヴィランズの方が人気になった希有なパターンと言えるだろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/10/05(金) 18:25:18 ID: kJnc1QGol+

    おい、Wikipediaの丸パクリじゃねーか記事

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP