ノート単語

ノート

1.3千文字の記事
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ノート(note)とは、「nota」という単となっており、これは「印」「知らせ」などを意味する。

そこから古フランス語で「note」と言えば「手紙」などを意味するようになる。

現在の英単として「note」と言えば「文章」「(短い)手紙」「記録」「文字を書いたメモ」「簡単な記録」「注釈」などの意味で使われる。

日本で「ノート」と言えば「ノートブック」の略語として使われることが多い。

用途

記録、勉強、研究落書き練習日記、帳簿、厨二病設定資料欲求開放)など様々。

見せあったり貸し出したり、提出・採点といった用途や
「ご自由にお書きください」と施設や店舗に置かれている場合もある。
子供に対して、おもちゃ代わりに渡されることもある。(別名:おえかき帳)

学校における授業具として一般的。

個人差が激しい

印刷されたのかと思うくらい、綺麗な文字や装飾でまとめる子もいれば…

文字かと思えるほど文字が汚かったり、余白なく書かれていたり
漫画キャラクターがちょっとんだ顔で落書きされているなど、性格の出やすいものである。
そこもまたご敬であり、良い思い出かもしれない。

形式・その他

  • 横線が並んだ大学ノートなどが有名で汎用性が高い。
    • 細かいマスの方眼のものは製図や図形に強い。
    • 自由帳など、全に地なものもある。
  • 計簿・日記帳・自由帳など用途に特化したものもあるが、大学ノートで兼用も可
  • 特に小なものは手帳・スケジュール帳とされる。
  • ページの差し替え・追加破棄といった管理が容易なルーリーフといった選択肢もある。
    • 全教科これ一冊といった強硬手段も一応可である。(提出時は離脱の手間はある)

ノートを使用するまでもない場合、メモ帳チラシの裏などを利用することもできる。

書いた日付・日時などを書いておくと、後々の管理で役立つ。
いい加減にまとめていると、どこからが定期テストの範囲が分からず混乱することになる。

多教科を同種のノートで兼用する場合は
見間違いを防ぐため、表以外にも教科名を書く、着色するなどの工夫が便利。

枚数

40枚組、60枚組、80枚組、100枚組など多岐にわたる。
※実際は両面に描けるため、ページ数は倍である。

ダイソーなどの100円ショップでも大容量のノートが売っているので便利。
あっという間に落書き帳が埋め尽くされてしまう御さんには嬉しいかもしれない。

ジャポニカ学習帳は30~40枚組と意外と枚数がない。

手帳の場合は大容量すぎると胸ポケットに入れづらくなるので注意。

前項のルーリーフの場合、融通が利くので中途半端な枚数で余るといった欠点は起きづらい。

曖昧さ回避

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/06(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/06(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP