今注目のニュース
岡村隆史「武器はもう金しかない」「お金の面はクリア」
東大合格者数日本2位の公立高 埼玉のエリート高校生が愛する「町中華の日本そば」とは?
ネアンデルタール人は海に素潜りし、道具になる完璧な貝を探していた(米研究)

ノーベル賞単語

ノーベルショウ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(408)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ノーベル賞とは、世界で最も有名な賞である。

概要

ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルの残した大な遺産と遺言を基に、1895年に創設された。ノーベル命日である12月10日に毎年授賞式が行われている。部門は以下の6部門であるが、経済学賞は別なので含めないこともある。

数学賞が存在しないのは、ノーベル数学者に女をとられたからとか言われている。が、相は墓の中である。

受賞者には賞・賞状・メダルが贈られる。賞銀行に預けてある遺産の利子を用いており、現在の賞額は800万スウェーデンクローナ(2012年レートで約9400万円)。単独受賞の場合は一人に与えられるが、複数人による共同受賞の場合はその貢献度に応じて分割して与えられる。ちなみに、日本では経済学賞を除いて所得税などが課税されない。これは経済学賞以外の賞がノーベルからの賞であるのに対し、経済学賞はスウェーデン国立銀行からの賞だからである。所得税法第九条第一項第十三号のホexitを参照。

故人には賞は贈られない。数十年前の業績に対して贈られることの多いノーベル賞では、この縛りの意味は大きい。ただし、2011年ラルフスタインマンへのノーベル生理学・医学賞授与が発表された直後、発表の3日前に既に死亡していたことが判明した。選考時点ではノーベル財団や選考委員会が死亡把握していなかったことを考慮して、そのまま受賞が認められた。

受賞者

ニコニコ大百科に記事のある受賞者の一覧

比喩

非常に知名度の高い賞であるため、他の分野の世界的な賞の説明に「○○(界)のノーベル賞」という表現がしばしば用いられる。たとえば、「数学界のノーベル賞」としてフィールズ賞が知られている。

関連動画

関連生放送

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

関連項目

掲示板

  • 406ななしのよっしん

    2019/12/06(金) 21:00:58 ID: WRbIg95uPy

    >>401
    特定の利益集団である「科学者」の意見を特別取り上げなければならないとは思われない。利益集団としての科学者は得てして自分の専門外の問題について権威を発揮するものだ。
    適切な科学的知見は何よりも重要であり、社会に受け入れられるべきであるが、科学者という立場を本位にして意見の良し悪しを決めるべきではまったくないな

  • 407ななしのよっしん

    2019/12/11(水) 20:41:24 ID: gnjjz2uLcb

    特に理論系は具体的に実されるまでは話題にもならないくらいで、実験環境が整うまで何十年も待ってるうちに亡くなってしまった方もいる。
    だから本当の意味では、ノーベル賞の周辺に、価値のある仕事をしている人が数にいるということ。

    ノーベル賞「最大3人」の是非 研究規模拡大、貢献どう評価 人数制限ない賞に脚
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121100182exit

  • 408ななしのよっしん

    2019/12/21(土) 12:50:23 ID: 9XHPX6y9Ox

    >>406
    常識的に考えて自分の研究分野についての話だと思うが・・・

    逆に研究費が欲しいとか理論を実践して欲しいとかいう要すら専門外の政治的発言扱いされるなら、に研究する科学者なんかも居なくなるだろ
    適当なでっち上げで似非科学ビジネスでもやってる方がずっとマシ

急上昇ワード

最終更新:2020/01/22(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/22(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP