ハイオク単語

ハイオク

1.5千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハイオクとは、ガソリンの種類のひとつで、オクタン価の高いガソリンである。
プレミアムガソリン」などとも呼ばれる。 

概要

日本におけるレギュラーガソリンオクタン価はJIS規格上で90以上と定められている。
それよりもオクタン価の高いガソリンがハイオクガソリンである。
ハイオクガソリンオクタン価はJIS規格上は96以上だが、販されているハイオクガソリンは98~100ど。

オクタン価を高めるワケ

エンジンの高出化を進める方法として、「圧縮を高める」という手段がある。
空気圧縮すると熱を発する。ガソリンエンジンは混合気(気化したガソリン空気を混ぜた状態)をシリンダー内で点火してその爆発で動かすというメカニズムだが、
エンジンの設計していないタイミング自然発火を起こすとエンジン温度が設計よりも高温になってしまい故障につながる。
オクタン価が高いほど自然発火しにくくなるので、必然的に高出化のためにはハイオクガソリンの使用がめられる。 

ハイオクガソリンの各社ブランド名

2013年4月現在

燃料選択をミスったらどうなる?

レギュラーガソリン指定車にハイオクを入れた場合

基本的に問題はないが、かといってわざわざハイオクを給油するメリットはない。「ハイオクガソリンに含まれている添加剤によってエンジン内部や燃料系統の清浄効果が得られる」という説があるが、効果はせいぜい焼け石にレベル。むしろ燃料の単価が高くなるので割りに合わない。
スズキ製の原付(2000年代後半以降の燃料噴射装置搭載)はハイオク使用を禁止しているのだとか…

ハイオクガソリン指定車にレギュラーを入れた場合

種によって程度の差はあるが、ノッキングが発生しやすくなり、出・燃費が明らかに悪化する。そして故障のリスクが非常に高まるため緊急時以外はレギュラーガソリンを使用してはいけない。
近年の自動車ではノックセンサーが検知し、ECUによって燃料噴射量や点火のタイミングをずらすなどの補正が行われ、ノッキングが生じにくくなってはいるが、エンジンの過剰な加熱による破損を防ぐために、燃料を増量させるので総じて燃費は悪化する上、故障のリスクもあるので緊急時の使用に留め、継続使用はすべきでない。
富士重工業では、ハイオクレギュラーガソリンを使用し続けたことによる故障は保外となることを言しており、 三菱自動車GDIエンジンレギュラーガソリンを使用するとデトネーション(異常燃焼)を起こし、コンロッドが折れたりピストンが溶けてエンジン内部がズタズタになるので要注意である。
また、

これらのエンジンメーカーが「レギュラーガソリンを絶対に使用するな。車両火災を起こす。」と警告するレベルである。

オートバイも同様で、ノッキングが発生する。自動車とは違い、ノッキング対策センサーがないものがほとんどで、
自動車よりも故障リスクが尚更高いので要注意。 

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/02(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP