今注目のニュース
ヒカキン、マホト活動休止発表前の“意味深ツイート”に注目集まる
渋谷区でハロウィーン路上飲酒規制条例が成立 「安全で快適な秩序をもってこの街で楽しんでいただくため」
娘がお弁当を全部残してきた… 判明した「学校でのやり取り」に同情の声

ハイセイコー単語

ハイセイコー

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ハイセイコーとは、1970年まれの競走馬日本競馬史上最初のアイドルホースである。

概要

チャイナロック ハイユウ カリムという血統。はリーディンサイアーを獲得した事もある一流種で、競馬で16勝も上げているという当時としてはかなりの良血である。生まれた時から体も良く、調教に行っても良く走る牧場一番の期待だった。

3歳になって営の大井競馬場に入厩。中央競馬権を持っていなかったからである。実は当時は南関東の方が預託料は安く賞は中央とほとんど遜色なかったので、中央競馬大井競馬レベルは拮抗していたらしい。しかし入厩時既に中央競馬移籍は約束されていたという話もある

調教時から破格の動きを見せていたハイセイコーは初戦でいきなり大井1000mのコースレコードをあっさり更新するとく間に6連勝を飾る。常に2着に7身以上の差をつけたというのだから呆れる強さであった。こんなに強いがどうして地方にいるんだよ、という話になるのは当然であろう。面いのは、ハイセイコーがあまりに強過ぎ、券の妙味が失せてしまったためか、勝てば勝つほど大井の観客が減ったという話がある。

4歳になりハイセイコーは別のに売却され、中央に移籍することになる。この時に「地方の怪物中央競馬に殴りこみ!」とマスコミが大々的に取り上げた。このため、ハイセイコーは出走前から大きな注を集め、中央移籍初戦の弥生賞にはなんと12万人以上の大観衆が詰め掛けた。騎乗したベテランの増沢末夫騎手でさえ初めてにする人垣であり、まだのものとも山の物ともつかない地方出身をどうしても勝たせなくてはいけなくなった増沢騎手は強いプレッシャーを感じたという。

その弥生賞。終始手ごたえが怪しかったものの、じりじりと伸びて一着。続くスプリングステークスも切れはいがじりじりと脚を伸ばして勝つ。正直、怪物とは縁遠いレース振りだったが、皐月賞では当然の一番人気。そしてハイセイコーはこのレースを直線入り口で先頭に立つという強い勝ち方で勝った。地方移籍が中央クラシックを制したのはこれが初めてだった。

この勝利でハイセイコー人気は沸騰。「東京ハイセイコー様」で郵便が届いたという笑い話があったほど(つまり郵便局員にあまねくハイセイコーの名が知れ渡っていたという事)である。彼はそれまで火場と言われていた競馬場競馬は知らないがハイセイコーは知っているお客さんを呼び込むことに成功し、競馬社会的地位をギャンブルから見ることも楽しめるスポーツへと押し上げたのだった。

しかし、ハイセイコーの不敗神話もこれまでだった。次走NHK杯では何とか勝ったものの、単勝支持率が前の66.6%に達した東京優駿では、ハイペースを追いかけ過ぎたか前走の疲れが残ったのか、タケホープイチフジイサミに遅れをとる3着に敗れてしまったのである。

これ以降のハイセイコーの戦績はごく普通の一流半の戦績と言うべきであろう。この後勝ったレース中山記念、宝塚記念高松宮杯であり、いわゆる古クラシックレースは勝てていない。菊花賞有馬記念の二着があるのみである。適正距離坦なコースでは素らしく強かったが、当時流だったクラシックディスタンスでは今一歩勝ちきれなかった。ただしそれでも2着に来るのだから自体はかなり高かったと言えるだろう。

しかし負けても人気は衰えなかった。3歳時有馬記念人気投票ではなんと90もの人々がハイセイコーに投票した。年間の券売上高は一気に30%も増加。それだけではなく一ハイセイコーが見たいという親子連れが競馬場へ足を運び、券も買わずに援を送った。それまで「競馬やってます」などと言えばで見られたものだったのだが、ハイセイコーのおかげで競馬新聞を人前で読んでも恥ずかしくなくなったというのだから、ハイセイコーは正に社会そのものを変えてしまっただったと言えるであろう。

地方競馬の野武士中央競馬に殴りこむ、という分かり易いスタイルで注を集めたのが人気のきっかけであった事は確かであろう。しかしながら、その後敗戦を重ねても人気が衰えなかったのは何故なのだろうか。ハイセイコーが活躍した1970年代オイルショックの直撃を受けて、高度経済成長が止まり、日本経済が最初の挫折を味わっていたころと重なる。人々は日本経済と同じように挫折を味わいながらもひたむきに走り続けるハイセイコーに励まされたのではなかろうか。

実際、ハイセイコーは大で走るフォームは泥臭く、それでいて足元は丈夫で予定したレースに順調に使われ続けたであった。。如何にも日本人好みのだったのである。

ハイセイコーは種入りしてからかなり成功し、ダービーカツラノハイセイコや「これはびっくり」で知られるサンドピアリスなどを出している。産駒には豊かなスピードを伝えており、ライバルだったタケホープに種としては圧勝した。

もっとも、この戦果も楽に手に入れられた訳ではく、初年度の産駒がカツラノハイセイコを含めハイセイコーと似ても似つかぬ貧相な体のが多く、カツラノハイセイコダービーを勝てなかったら種馬場の客寄せパンダと化していた可性もあった。まぁ、今になって考えてみるとハイセイコー産駒はハイセイコーに似ていない方が大戦果を挙げる傾向が高く、カツラノハイセイコサンドピアリスは大柄なハイセイコーとは正反対の小で、格はそれなりにあったハクタイセイは鹿毛のハイセイコーとは違いであった。

何しろとてつもない人気であったので、種入り後も明和牧場に繋養されていたハイセイコーに会おうとファンもと押し寄せた。種に会いに行くという観光スタイルが成立したのもハイセイコーの功績である。多くの人が時代を徴する存在としてハイセイコーの事をり、色々な本にもなっている。是非読んで欲しい。

2000年死亡。墓には「人々に感銘を与えた名、ここに眠る」と記されている。

評価

ハイセイコーを一言で評価するとしたら、『記録より記憶を残した』である。

事実、ハイセイコーの大レースの戦果は皐月賞宝塚記念だけと殿堂入りの条件である「G-1競走3勝以上」には届かず、種実績もG-1産駒3頭とこちらも「G-1産駒5頭以上(の場合)」をクリアしていない。それでも、トウショウボーイは選ばれたのにテンポイントが落選した第1回顕彰馬選定で選ばれたのは、「競馬大衆化に貢献した」から…つまり、ハイセイコーは「アイドルだから」と言う理由で殿堂入りを果たした競馬史史上一のと言えなくもない。

エピソード

  • ハイセイコーのあまりの人気をつけたレコード会社が曲を作り増沢騎手に歌わせて、引退に合わせて発売したのが「さらばハイセイコー」である。なんと50万枚売れてオリコン4位になったそうである。ただし、曲も良いし増沢騎手の歌もかなり上手いので、売れたのはハイセイコー人気のせいだけだった訳ではないかもしれないが。

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

ハイセイコーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP