今注目のニュース
日本ベンチャーの“空飛ぶバイク”、来年出荷 2023年には公道走行を目指す
中川パラダイスさん「僕も不倫中」公言で妻激怒、「女の子大好き」これだけのリスク
台風21号小笠原へ 西日本は低気圧に伴う大雨

ハイパーおはよウナギ単語

ハイパーオハヨウナギ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

説明しよう!ハイパーおはよウナギとは、民間特務機関Armored-Chrysanthemum』が世界に誇る、不撓不屈の『攻強皇國機甲』であるっ!

―  攻 強    皇  機 甲 ―  
    ▁                  ▅     ▂▁     ▴    
  ◥ ▅▃▂▁  ▆      ▅▌         ◢ ▆▆▆ ◣     ◥ ▅    ▆ ◆◆
   ◥ ▆▆▆▆ ◤  ▇ █▌  ◥ ▅▃▂   ▆ ◤   ▆  ▅▆▇▉▊▅  ◥ ▇╿◤
       ╿█╽  ◢ █ █▌    ◥ █╽     ◢ ▆     ▇   ◢ ▇▇ ▇▇ ◤ 
     ◢ ▇█▎  ◥▮◤ █▌   ◀ ██╽    ▆█ ◤    ◢ ▆     ╿█ ◣
   ◢ ▇ ◤╿█▏     ▊◤    ◢ █╽    █▆     ▋ ◤       ◥ █  
        ◥ █╿         ◢ ██ █    ◥ ◤                ◥
 

説明しよう!ハイパーおはよウナギとは、民間特務機関Armored Chrysanthemum』が世界に誇る、不撓不屈の『攻強皇國機甲』であるっ!

概要

AC-H05 ハイパーおはよウナギ

機関ACArmored Chrysanthemum)」に所属する特別編成部隊隊員『あいさつ坊や』。
彼の「あいさつの魔法」によって召喚した『おはよウナギ』が「魔法の言葉」によって変形したの姿。
それが『ハイパーおはよウナギ』なのだッ!!!

アニメ「攻強皇國機甲」における扱いについて

ハイパーおはよウナギ スレ#47

攻強皇國機甲に登場するAC(Armored Chrysanthemum)の一機である。
まず、特記しなければいけないのはハイパーおはよウナギは当初のプロットでは裏切る予定はなかったということである。むしろグレートポポポポ~ンを構成する重要なキャラクターとして位置づけられていた。

彼の運命を変えてしまったのは第13話時点で発生した現実での震災である。

今作品では玩具販売の復古が試みられ、その一環としてさよなライオンでは通常のロボットに加えてロボットしてのアニマルモードなど意欲的な変形が試みられた。その為、最も複雑な変形をするさよなライオンは外注での工場生産となりグレートポポポポ~ンとともに14話以降大々的に宣伝する予定であった。しかし、生産ラインが被災してしまったことにより、可変部が多く難易度の高かったさよなライオンが実質生産不能となってしまいシナリオの大幅変更に加え販売モデルの変更もバソダイは考えなければいけなくなってしまったのである。本来商品であるはずのグレートポポポポ~ンの登場を23話まで遅らせて生産ラインの回復を期待したものの、年内のライン復元が困難と判断された時点でやむなく製作さよなライオン、及びグレートポポポポ~ン玩具販売をあきらめ代替キャラ、及び商品にすることとした。戦虚(ごーごーせんきょ)やシルバーニャンコーは以上の事情によって新たに設計されたのである。

一方、シナリオ上、グレートポポポポ~ンが出しにくくなってしまった為、その理由を考えざるを得なくなった製作は、ACの中では最も人気が低く商品単価の低かったハイパーおはよウナギを裏切らせるという形でプロットの整合性を図った。その理由とは、おはよウナギがかつて挨拶魔法。で救えなかった少女神祭四天王の一人、デマが酷似していたというものだった。(他にもあるとされているが現時点では製作側からは明示されていない)

以上の経緯によりおはよウナギも又、震災の被災者であったといえる。

また、「挨拶だけで本当に友達が出来るのか」という彼の口癖は多くのファンに、現実と理想のギャップを深く考えさせることとなった。皮なことに敵側として立つACとして強キャラ付けのされたおはよウナギは後半のキャラとして際立ち、第41話「生きている」というで退場するまで多くのファンを魅了し続けた。商品単価こそ安かったものの製造しやすく、かつ、ありがとウサギ達とは別な形で人気を集めたおはよウナギ玩具販売個数で一時トップになるという事態も引き起こした。41話「「生きている」という」でのデマの為にACを裏切ったおはよウナギおはよウナギによって祭側から開放されたデマの静かな、そして言葉少ないやり取りは、今でも屈の名シーンとされている。

後日発売された設定資料集では、シリーズ構成・脚本の井上靖子が(大人の事情で)ACを抜けさせなければいけなかった当時のスタッフの苦悩と、アニメ放映の次年に開された映画攻強皇國機甲さよなライオン 魂の出撃~」でありがとウサギを抑えて準役扱いに近い扱いをしてるのは、スタッフ全員からの彼への贖罪の意味もあるといった論旨の内容を寄稿している。

おはよウナギに関してのみ「おはよウナギファンクラブ」というキャラクター専門の非公式ファンクラブが存在するおはよウナギファン層の濃さ熱さを徴する一面である。

諸元

形式番号 AC-H05

頭上高 17,2m

本体重量 35,2t

全備重量 48、0t

 950kW

 40840kg

装甲材質 オハ・ヨウム

武装 フラワービームサーベル 内臓ビームキャノン 胸部ツインバルカン

名言集

その不気味な瞳が宿す光。これは果たして味方か、それとも・・・

関連機甲

関連静画

やってみた動画

その他の動画

関連チャンネルと関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP