ハクビシン単語

ハクビシン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハクビシンとは、食ジャコウネコ科の哺乳類である。

分布域

中国南部から東南アジアにかけて分布している。日本に生息するものは外来種の可性が高い。

形態

頭胴長約63cm。尾長約40cm。体重約3kg。

タヌキやアナグマ、アライグマとよく見間違われるが、白鼻芯という名の通り鼻から頭にかけてい芯の通った模様の顔が特徴。または鋭く尻尾は太くて長い。
また生殖器と肛門の間にある分泌腺が非常に発達しておりくさい。すごくくさい。

生態

夜行性。冬眠はせずは食べて皮下脂肪を蓄える。一産約3子。
雑食性で何でも食べる悪食であるが、特に甘いものが大好き。中国では果子といわれるほど。
在来のタヌキイノシシなどとべてが鋭く登攀が高い為、農作物被害が多く報告されている。
また都市部では屋根裏など屋の侵入も問題視されている。

外来種?

日本に生息しているものは外来種と考えられている。なぜなら適応が高く、乱獲された歴史く、南方の種であるにもかかわらず、九州での記録が少ないことからも推察できる。日本での初記録は1940年代の静岡であり、その後1950年代には福島で記録され、分布域を拡げていき1980年には東京で始めて記録された。今では東北南部から東海地方四国全域には多く生息しているが、それ以外の地域では分布がまだら状なことからも、様々な場所から進入・定着したと考えられる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/24(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/24(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP