ハゲタカ単語

ハゲタカ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハゲタカとは、

  1. 鳥類ハゲワシ類またはコンドル類の俗称。実際にハゲタカというは存在しないので注意。食を習性とし、そこからハイエナと並んで「他者から利益を強奪する」「困窮した者を食いものにする」徴としてしばしば使用される。
  2. バイアウトファンド(プライベート・エクイティファンド)の通称。経営不振に陥った企業銀行などに投資して、経営に深く関与し、企業価値を高めたうえで、その企業を売却することで利益を得ることを的とする。「ハゲタカ」の異名は、こうしたファンド英語圏で"Vulture Fund"と呼ばれていたことに由来する。1.の喩表現の一例といえる。
  3. 2.をテーマとした真山仁の経済小説、それを原作とするNHK土曜ドラマ、および続編映画本稿で記述する。なお本稿ではテレビドラマ版を中心に取り扱う。

概要

真山仁の経済小説『ハゲタカ』『バイアウト』(後者は後に『ハゲタカII』に題)を原作とし、NHK土曜ドラマとして2007年に放映された。全6話。
内での受賞歴のほか、海外でも第59イタリアシリーズドラマ部門での受賞歴がある。 

第1話では、バブル崩壊後の「失われた10年」と呼ばれた平成不況に陥った日本舞台
外資系投資ファンドホライズンインベストメントワークスジャパン」の代表・鷲大森)が瀕死日本企業次々に買収し「ハゲタカ」と呼ばれるようになる姿と、大手銀行三葉銀行」のエース・芝野健夫(柴田恭兵)が不良債権の処理に奔走する姿が描かれる。

第2話以降は数年刻みで状況が変化していき、最終的には2000年代中頃まで進行する。
しかし時代の変遷にもかかわらず、鷲と芝野の二人は、形を変えながらも幾度となく相まみえることとなる…。

放送時から好評を得ていた本作だが、その2年後に起きたリーマンショックにより再び脚を浴びた。
リーマンショックは大きく、映画版の脚本が大幅に修正される事態となった。さらに映画開に合わせ、本作と『NHKスペシャル マネー資本主義』が、フランス経済学者ジャックアタリへのロングインタビューを交えて再放送された。 

主な登場人物(ドラマ版)

設定は第1話時点のもの。

鷲津政彦(大森南朋)

外資系ファンドホライズンインベストメントワークスジャパン」の代表。
大学卒業後、三葉銀行に入行。当時の上・芝野健夫とともに法人営業担当していたが、とある出来事をきっかけに、わずか半年で三葉銀行を退社。その後米国へ渡り「ホライズンインベストメントワークス」の社員として数多くの企業買収を手がけてきた。
さらに数年後、"Buy Japan out!(「日本を買いけ!」)"の命を受け、ホライズン社の日本法人代表として日本へ帰平成不況の日本企業の買収に着手する。そこで彼と対峙することになったのは、かつての上・芝野だった…。

芝野健夫(柴田恭兵)

大手銀行三葉銀行」のエリート行員。同銀行エース的存在とされている。
資産流動化対策室室長として、三葉が抱える大量の不良債権の処理を担う。その一環としてホライズンジャパンへの債権売却の矢面に立つこととなり、偶然にもかつての部下・鷲と再会することになる。
半年同行しただけであり記憶の薄い芝野に対し、鷲は当時の記憶を鮮明に憶えているようだが…?

飯島亮介(中尾彬)

三葉銀行の常務取締役。芝野の上
政治家暴力団絡みの資の取り扱いをはじめとする、三葉銀行の「汚れ役」を一身に背負ってきた胆かつ老獪な人物。芝野に対しても「になれ」などと手厳しく諭す。

三島由香(栗山千明)

「東洋テレビ経済部の女性記者
実家は「三島製作所」という部品製造工場で、かつて取引先の銀行から貸し渋りにあい、その父親自殺。それ以来、銀行に対して複雑な感情を抱いている。こうした生い立ちをきっかけに東洋テレビ経済記者となり、務をこなしている。
取材の一環として鷲の動向を追い続けているが…? 

西野治(松田龍平)

老舗館「西屋」の経営者・西野宇崎童)の息子に反発しており、ほぼニートである。
西屋は治の祖・泰三がその地位を不動のものとした。ところが、代替わりした・昭バブル期にゴルフ場経営に手を出したで、本業の館経営が傾いており、取引先の三葉銀行不良債権となっている。息子・治はずさんな経営を続けるを「経営に向いてない」と見抜いている。
そうしたなか、ホライズンジャパンの鷲が宿泊客として西屋を訪れる…。

特徴

日本経済企業経営、ファンドビジネス銀行業を題材としており、演出や俳優の熱演も相まって、社会ドラマの多いNHK土曜ドラマの中でも異を放つ作品の一つである。
ニコニコ的には「NHKの本気タグの一を担うドラマとみなされているようだ。

ドラマ版は原作の設定を一部踏襲しているものの、全体的としては原作と大きく異なっている。これは原作者・真山仁のドラマ小説は別物です。なので、ドラマとして面白い『ハゲタカ』を見せて下さい。」という意向を反映したものである。

ちなみに、ドラマ版のスタッフ(演出の大友啓史や音楽佐藤直紀)とキャストの多くが、2010年NHK大河ドラマ龍馬伝』でも起用されている。

また、各話の展開や登場人物の台詞が実社会での出来事と類似している点も大きな特徴である。

具体例:

関連項目

関連商品

 

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/28(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/28(月) 01:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP