ハットトリック 単語

146件

ハットトリック

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ハットトリックとは

  1. クリケットにおいて、1つの回の中で3球で3人の打者をアウトにすること。記録を達成した投手に記念として帽子が送られたことから「ハット」トリックと呼ばれるようになった。下記のハットトリックのにもなっている。
  2. サッカーにおいて、1人の選手が1試合に3得点を挙げること。 本項にて解説
  3. ダーツにおいて、1ラウンドにつき3本投げる矢が3本とも的のん中であるブルに刺さること。
  4. 日本の元競走馬現在アメリカ合衆国を中心に種牡馬として供用されている。→ハットトリック(競走馬)

概要

サッカーで1人の選手が1試合に3得点を挙げるというのはその選手の得点明するものであり、FWとしては一度はやってみたい名誉である。

しかし守備のレベルが上がり戦術も多様化した現代サッカーにおいてハットトリックの達成は非常に難しくなっており、当人の得点に加えてチームとして相手チーム全体を崩すことが必須であるといえる。

ちなみに6得点を挙げることをダブルハットトリックと呼ぶ。しかしハットトリックならまだしもダブルハットトリックは20年に1度見られるかどうかというレベル難易度であり、守備戦術の発達した現代のサッカーではほぼ不可能に近いとされている。

なおイタリア語では1人の選手が1試合に3得点を挙げることを「トリプレッタ」と呼び、ハットトリックと同じ意味で使われる。

記録

ハットトリックに関わる様々な記録があるが、日本では中山雅史によるプロリーグ公式戦における4試合連続ハットトリック」と、同じく中山雅史による「試合開始から最短ハットトリック」の2つの記録が有名。

公式戦4試合連続ハットトリックは1998年4月15日から4月29日にかけ達成され、この時の中山は5点、4点、4点、3点と得点を重ね、4試合で計16点というとてつもない得点量産をみせた。

最短ハットトリックは2000年2月16日アジアカップ予選対ブルネイ戦で達成され、試合開始3分15という記録を残している。またこれら2つの記録は両方ともギネスブック記録されている。

その他

なお上記になぞらえて「1人が1つのことを3回やり遂げる」行為をハットトリックと呼ぶことがある。

ゲームモンスターハンターシリーズにおいては、パーティ内の全員で3回モンスターにやられるとクエスト失敗になるが、それを1人でやらかしてしまった時にも使われる(3落ち)。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 00:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP