ハマーン・カーン 単語

475件

ハマーンカーン

2.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

微笑のハマーン・カーン by ID: OzymBiAPc2 ハマーン・カーンスレ#65

ハマーン・カーン(Haman Karn)とは、アニメ機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』の登場人物である。
CV榊原良子

概要

ネオ・ジオン軍のミネバ・ザビの後見人。ジオン軍の執政マハラジャカーンの次女。ピンク色を扇を逆さまに広げたような髪型をしている。
またシャアクワトロ)との関係に確執が見られる。

気位が高く毅然と振舞う。劇中での呼び方を受けてハマーン様と呼ばれる。優れたニュータイプを持ち、キュベレイに乗って戦場で活躍する。

「第一次ネオ・ジオン抗争」の序盤にジュドー・アーシタと知り合って彼のニュータイプ興味を持ち、幾度となく自らの下へ引き寄せようとするもことごとく拒絶される。
そして抗争末期ジュドーと直接対決するも敗北。彼が差し伸べた手を振り払い、キュべレイをアクシズの壁突させ死亡した。

ちなみに名前の由来は、未来学者及び軍事理論「ハーマンカーン」(Herman Kahn)からである。

人物像

ザビを掲げるハマーンだが、実はザビのことが好きではない。もともとがザビ関係者であったらしく、そのことがハマーンの思想にしており、ザビの名を利用して自分の野望を実現するという行動につながっているのである。
これは裏設定ではなく、アニメガンダムZZ』劇中でもはっきりられている。
しかし、『Zガンダム』で見せるミネバに対する忠心は本心でもある。偏見の塊のように育てたというシャアの言い分はもっともだが、ただ野心のために利用しているわけではない。

こういう背景があるのだが、21世紀以降の後付け描写ではほとんど顧みられておらず、裏設定にあたる「ドズルだった」という部分だけが、半ば公式設定のように積極的に使われるようになってしまっている。

C.D.A~若き彗星の肖像~

1stとΖの間のシャアを描いた漫画『若き彗星の肖像』には14歳のハマーン様が登場する。
この時はシャアに憧れる歳相応に邪気な少女で、感受性が強く傷つきやすかった。髪型女の子らしいツインテール三つ編みだったが、ある決意と共に断髪ショートへアとなる。

幼少時のマシュマーホイホイ萌えハマーン様は俗に「はにゃーん様」とも呼ばれる(実際マシュマーがここまで心酔するのも少女時代のハマーン様の雄姿を見た事に依る)。

グリプス戦役時の性格形成にはハマーンの幼少の頃からの世話役であり、もう一人のとも呼べるナタリー・ビアンキが深く関わってくる。
C.D.A作中で紆余曲折あってナタリーとシャア相思相愛となり、肉体関係を持つに至ったが、ナタリーはハマーンの想いを知る後ろめたさから、シャアとの関係をハマーンに知らせていなかった。知っていればまた違う未来もあったかもしれないが、タイミング悪くハマーンは男に襲われ心に深い傷を負っていたため、言い出せなかったのだろう。

この時アクシズ戦争継続(強硬)と穏健の内乱状態にあった。ハマーンシャア、ナタリー達も戦争に駆り出されていた。全ての決着が着いた後、ナタリーはハマーンシャアとの関係と、シャアの子を身籠っていたことを打ち明けたのだが、ハマーン事実を受け止められずに昂し、彼女を責め立てる。
直後に強硬によってナタリーが暗殺されるが、ハマーン彼女に危険が迫っている事を関知していた。「どうにでもされるがいい」と、大切な者を見捨てた彼女は、既に以前とは似つかない冷酷な雰囲気を漂わせていた(ナタリーが殺されると思わなかったのか、が聞こえた時は流石に動揺を隠せなかったようだ)。

一概にシャアが悪いとも言えないが、責任の一端が彼にあるのも間違いないだろう。なお『機動戦士ガンダム0083』に登場した際には容姿、性格が現在のものとなっていた。

ハマーン・カーン(一年戦争時)

漫画MSV-R 虹霓シン・マツナガ』では、一年戦争時のハマーンが長女マレーネ・カーンと共に登場している。年相応にとじゃれあう姿はらしい微笑ましいが、ぶっちゃけグリプス戦役時との共通点はニュータイプを持っている事くらいの別人っぷりである。ただしこの漫画マレーネとドズルの描写はC.D.Aと全然違っている。

幼少時のハマーン(C.D.A準拠)はゲームGジェネDS』に参戦している。条件を満たすとグリプス戦役時代の彼女が味方になるのだが、その際に髪型をどうするかの選択イベントが発生し、顔グラをC.D.A版に戻す事もできる。が強いのは論、シャアの再参入フラグ緩和にも関わってくるので是非とも味方につけておきたい。あと専用のキュベレイハイパー化させられるのは彼女だけだったりする。

ちなみに上述した『GジェネDS』や『スーパーロボット大戦F完結編』『ギレンの野望(系譜以降)』ではシャア和解し、デレるハマーン様も見られる。

ハマーン様の姉妹

ハマーンで、ドズルの側室である「マレーネ・カーン」という人物が『C.D.A』以降のガンダムエース掲載作品に登場するようになっている。このドズルの側室だったという元ネタは(アニメとある程度パラレルの)小説版にあるが、小説の描写は不全にしか反映されておらず、現状は漫画オリジナルキャラクターに近い。マツナガ漫画ではメインキャラ待遇だが、その結果ひどい末路が…。

またファミリーソフトが92年に発売したPCゲーム機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』にの「セラーナ・カーン」という人物が登場する。この非公式同然だった人物もなぜか『C.D.A』や続編『Define』に登場している。こちらは現状でそれほど立つ役割は与えられていない。

関連動画

関連静画

お絵カキコ

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP