ハリガネムシ単語

ハリガネムシ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハリガネムシとは、実在する寄生虫である。

概要

分類は類線形動物ハリガネムシ綱ハリガネムシ2000種以上が確認され、日本には14種いる。

カマキリ、カマドウマコオロギなどに寄生する。人によっては幼い頃に見かけた事があるかもしれない。見たはまさに針のようで、線状の体を持つ。ミミズ等と違って体に伸縮性はく、のたうち回る形で移動する。生物の一種なので水中で過ごす事が多い。現代においても解明されていないが多く、生態の全容は明らかになっていない。ちなみに寄生対昆虫のみで、人間にはい。まれに遊びをしている時に偶然幼が体内に入る事があるという。

ハリガネムシと言えば、寄生した昆虫水の中に落とす行為が有名。本州では頃に見られるという。ちなみに水の中に落ちた昆虫溺死するかの餌になる。ハリガネムシがいる地域とそうでない地域では落ち葉の分解速度が異なったり、藻の発生量が増減したりと少なからず生態系にを与えている。基本的にハリガネムシがいると、を流れる落ち葉の分解まる。

ハリガネムシの一生

ハリガネムシの水中に産みつけられる。おおよそ1、2ヶほどで孵り、水の中を泳ぐ。孵化する時期は4月から6月と言われている。やがて捕食者たる昆虫に襲われ、その身を食べられる。だがハリガネムシにとってこれは計算のうち。体内に入ると休眠状態となり、宿に寄生する。栄養を横取りしながらの中で過ごすが、宿カマキリやカマドウマ捕食されると、今度は捕食した昆虫に寄生する。人間に発見される時は、大体陸生昆虫に寄生している時である。

再び宿の栄養を横取りしながら成長。寄生されたカマキリ等は生殖を失い、パンパンに膨れ上がる。の中に潜んでいるためハリガネムシそのものが外敵に襲われる事はいが、カマキリやカマドウマがより上位の捕食者(カエル鳥類)に捕食されると寄生失敗となり死亡する。自然界の掟である。たまに脱出に成功する事も。

数々の困難を乗り越えて成長しきると、ついにハリガネムシは行動を起こす。寄生している昆虫に特殊なタンパク質を注入し、宿の行動を操ると自身のホームである水中へと飛び込ませる。溺れる宿にハリガネムシは脱出し、長きに渡った寄生生活を終える。ここからは子孫を残すため伴侶探しに腐心する事になる。しかしながら必ずしも成功する訳ではなく、何らの要因で宿死亡すると、陸上でも姿を現す。その場合、水中には辿り着けず大体は干びて死亡。またに飛び込ませる前に宿から脱出するケースも確認されており、をぶち抜かれて瀕死カマキリと一戦交えるというドリームマッチが見られる。気を感じると水中だと勘違いするようで、カマキリをかけると出てくるのは有名な話。

何がともあれ生きて水中に飛び込めたハリガネムシは、お相手を探す。運良く番いになったハリガネムシは交尾を行い、産卵塊として産むため、の数は膨大だという。ハリガネムシの寿命は約1年ほど。その後、どう生活していくのかは不明。少なくとも成が再度寄生生活に入る事はいのだという。

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/16(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/16(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP