今注目のニュース
「機動戦士ガンダムUC MSV」より、ジェガンD型の先行配備機がMGにて立体化! 特徴的な機体カラーを成形色にて徹底再現!!
チームメイトは過去の自分。ループする時間を繰り返し勝利を目指すタイムループ系対戦FPS『Quantum League』のオープンベータテストが2月後半に開始
コスプレイヤー本田夕歩が『アイマスシンデレラガールズ』島村卯月に変身

ハルク・ホーガン単語

イチバーン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イチバァーン!!

ハルク・ホーガン(本名:テリーボレア)とは、プロレス史上最も有名なプロレスラーの1人である。

1953年生まれ、フロリダ州出身。193cm

概要

ニックネームハリウッドリアルアメリカ。また、プロレスアナ時代の古アナは、彼のことを『現代にったネプチューンと評した。

アメリカ、ひいては世界プロレス界における伝説的な存在であり、彼の影を受けた・憧憬を抱いているプロレスラーの数は計り知れない。ベビーフェイスヒールの両方において頂点を極めた、プロレス史上最も成功した男。

現在は、い口を蓄えた色の顔にサングラスの、いかにも陽気そうな顔が特徴。

略歴

1977年テリー・ブルドー』リングネームデビュー
1979年、当時テレビ大人気だった「ハルクインレティブル・ハルク)」に肖った現在リングネームに変更し、マディソン・スクエア・ガーデンに進出。
デビュー戦から23連勝という前代未聞の記録をぶち上げた。

この時はまだくなかった。胸や背中に生えたい剛毛が特徴だった。

1980年、来日。新日本プロレスに参戦するや否やく間に大ブレイクし、後のアメリカでのブレイクを匂わせるかのように、日本人気レスラーとなった。

1983年、「世界中の王者の中からさらに最強を決める」、新日本プロレスIWGP決勝リーグ戦に参加。
アントニオ猪木と並ぶ同率1位となり、決勝戦で直接対決を行う。当時の日本プロレス界のまさに頂点に立っていた二者が突したこの試合は、ホーガンのアックスボンバーにより猪木が失KOされるという壮絶な結末を迎え、プロレスファン達の心に今なお『伝説』として刻まれることとなった。

また、1981年にはアメリカでの活動拠点をAWAに移しており、北部でブレイクを果たした。が、当時の社長には彼の商品価値が評価されず、王者の座はもらえないままだった。
ちなみに1982年には、映画ロッキー3』に出演し、シルヴェスター・スタローン演じるロッキーと戦う悪役レスラーサンダーリップス」を演じており、さらに知名度は上昇した。

猪木との対決が行われた年の12月WWF(後のWWE)によって突如引き抜かれ、翌1984年1月には当時の王者だったアイアンシークを下し王者に君臨。MTVの出演開始も重なって、プロレスファン以外からも爆発的な人気を博す。
1985年WWEの『レッスルマニア』が開始されてからは、社会とさえ呼ばれるほどの人気を博し、最ファンのみならずアメリカ民全体からの熱狂的な人気を得た。特に、1987年に行われた『レッスルマニア3』におけるアンドレ・ザ・ジャイアントとの対決は、9万3千人以上の伝説的な動員数を記録している。

1993年、体的な問題と、その頃低予算映画への出演によって成功していた俳優業への本格的な転向を志し、WWFを離脱。絶頂期を過ぎた自分の起用に関して、社長であるビンス・マクマホンと衝突したとも言われている。

結局キャラが濃すぎるために俳優業は次第に立ち行かなくなり、1994年にはWCWと契約した。
しかし、既に40歳をえたホーガンは、体的にも以前のようなイメージを続けるのが難しくなっていた。

1996年ヒールに転向nWoを結成し、ハリウッドリングネーム名乗りWCWのヒールサイドを代表する存在として再び人気を博す。40代でありながら、ここに至って彼の人気は再び爆発し、WCWの人気WWFぐまでになった。
nWo解散後は、新しいユニットを組んだりもしたが、結局「家族との時間がほしい」として離脱。この後、2001年には、WCWは崩壊することとなった。

2003年WWEに復帰。ビンスの刺客、nWo軍の総帥ホーガンを名乗りWWEでもヒールとして参加。
当時の役であったザ・ロックぐほどの熱人気を得るなど、その人気はますます健在であり、特に『レッスルマニアX8』でのザ・ロックとの対決は、かつてのアンドレとの試合と同じくプロレス史に残る名勝負となった。

この後、ミスターアメリカなるリングネームを新たに掲げ、マスクマンになるが、ストーリーが気に入らずWWEを離脱。

現在は同じアメリカプロレス団体、TNAに活動の場を移し、リックフレアーやRVDらとともにさまざまな業務に励んでいる。

なお、2005年にはWWE殿堂入りを果たした。

パフォーマンス・技

人差しを高く掲げ、イチバァーン!!』と叫ぶポーズはあまりにも有名。
日本で活躍する際に、『No.1』を意味する日本語を調べて使ったのだが、結果的にはこれがアメリカ逆輸入され、『イチバン』は「頂点」を意味する日本語として、アメリカでも有名になった。

日本での代表的な技はアックスボンバー
腕をLに立て、肘を相手の顔面に叩き込む
という技で、アントニオ猪木のほか、長州力藤波辰巳グレート・ムタ蝶野正洋などの名だたるレスラー達をリングに沈めた。
元は、スタン・ハンセンのウエスタン・ラリアットだという。

アメリカでは、ギロチンドロップを好んで使っていた。
日本名はランニングレッグドロップであり、ビッグブーツで沈めた相手の喉に、ロープで反動をつけてレッグドロップを見舞う技である。「ハルクスターレッグドロップ」とも呼ばれる。

またハルクアップと呼ばれるムーブも有名である。

1.ピンチになる

2.体を震わせながら相手の攻撃を耐え、相手のパンチを受けとめる

3.相手を差し「You!」と叫ぶ

4.焦った相手の攻撃を交わしパンチ、そしてロープに振る

5.ビッグブーツからレッグドロップ

までの一連の流れでほとんどの相手を倒している。

出演作品

下記の作品はなもの。他にも出ている。

関連動画

 

↑ 2003年ザ・ロックとの試合。ヒールであるはずのホーガンの方が援が強いのが印的。

↑ 1983年猪木との試合。日本プロレス史に伝説の試合である。

関連項目

脚注

  1. *なお、主人公たちのアクションポーズの中には、に手を当てるポーズエンジェルマニア」がある。元ネタハルク狂を意味する「ハルカマニア」で、ポーズもハルク・ホーガン自身がやっていたことで知られているもの。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/18(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/18(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP