今注目のニュース
鳩山元首相が沢尻エリカの逮捕を「政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である」とツイートし話題に!
困ったニャ~ 残念な猫の「ぐい呑み」が可愛い
おめでたいニュースが続く765プロ勢! 「アイマス」天海春香役などの声優・中村繪里子が結婚発表!【いきなり!声優速報】

ハルトマン・ベルトラム単語

ハルトマンベルトラム

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハルトマン・ベルトラムとは、石黒監督OVA銀河英雄伝説」の外伝叛乱者」に登場するキャラクターで、原作小説には登場しない。担当声優加納章。

概要

237駆逐隊に所属する駆逐艦ハーメルンIIツヴァイ>の副長。士官学校を優秀な成績で卒業し、五年も宇宙に出ていて現場の経験も豊富な士官であり、民出身ながら若くして大尉となっており、「民期待の」と兵士からの人望も厚い。貴族出身の艦長アデナウアー少佐から揮全般を任されているため、事実ハーメルンIIの最高指揮官となっている。

職務も立にこなし部下からも敬されている姿を見た当時中尉ラインハルトは、しくも着任々ベルトラムのことを上官として高く評価していたが……アデナウアー少佐戦闘で負傷し、全面的に軍務を行うようになってからは柔軟性に欠け、規則を絶対視し、独断専行で艦艇の窮地を救ったラインハルトに規則違反で軟禁を命じたり、艦艇の機に障をきたすと帝国軍の軍規に則り降伏を認めず自沈しようとするなど頑迷なところが徐々に浮き彫りになってくる。

さすがに自沈なんてできないと部下達から造反され、自分がラインハルトの代わりに拘束される醜態をす。だが、ラインハルトの現状打開策が大学物理を学んでいた兵士の助言を受けて恒星の定期爆発を利用して艦艇の推進を確保するという、一見謀極まるものであったため、やっぱりベルトラ大尉揮をとってもらおうと一部の軍人達が考え、再度の反逆がおきるが……

平民ゆえの差別意識

ロルフ・ザイデル二等兵を人質に取り、ラインハルト口を突きつけて揮権の返上をベルトラムは迫り、生き残るための策さを摘されても、悪あがきをした上で恒星で蒸し焼きにされるより自沈して潔い最後を迎える方が帝国軍人としての名誉が守られるとり、一兵卒の戯言をに受けて動くなど士官としてどうなんだと責任を追及した。

「軍の階級と知識や才は別のものだ。あなたの視野は軍隊の中だけの視野しか持ってはいない」

「こいつは驚きだ。貴族のおぼっちゃまに世間知らず呼ばわりされるとはな」

民が常に貴族より苦労しているとでも思っているのか?」

に対する皇帝陛下のご寵を良いことに、16歳中尉になったような苦労知らずがいうことか!」

貴様に何がわかる!!?

ラインハルト逆鱗を踏んでしまって予想以上の反応がかえってきたことにベルトラムは黙り込み、その間を縫って敵軍が接近している報告が入る。そこでどう対応するべきか再び両者の間で論が戦わされるが、そこに乱入者が現れる。

人質にされているロルフ・ザイデル二等兵の、アラヌス・ザイデル伍長である。ベルトラムのことを深く信頼していた彼は自暴自棄になっているとしか思えない尊敬する上官の暴挙を阻止しようとしたが、ベルトラムは自分を裏切ったと聞くを持たない。

「裏切ったわけじゃない。たちだって生き残る方法を探して必死なんだよ」

兵士ごときが何を考えるというんだ? お前達は手足だ! 考えるのはエリートの士官がやればいいんだ!」

「それがあなたの本音か」

「そうだとも。だから私は士官になったんだ!」

ここでベルトラムは自身の価値観を披する。それは、ある種のエゴイズムであったが、銀河帝国社会を覆うひとつの現実であり、正しさであった。

民というだけで徴兵されて、一兵卒からやらされるのは御免だ! そんな遇に甘んじているらは何を考える必要もない、資格もない! 黙ってに従えばいいんだ!」

「……あんた民の代表じゃなかったのか?」

がそんなことを。民の代表だって? やめてくれ。お前達のような負け犬とは違う!」

「……負け犬?」

「いいか、軍の階級は身分とは違うんだ! 軍で出世すれば貴族の部下に命もできる! これが『勝つ』ってことなんだ!! だからミューゼル、貴様許さん! 貴様中尉だ! 大尉貴様の命に従っていればいいんだ!!」

銀河帝国は厳格な身分社会であるが、同時に「弱肉強食・適者生存・優勝劣敗」を唱える軍事国家でもある。そのため、民であろうとも理想的な軍の士官であれば、時として貴族に対して物言いできる権威を有しうることもあるのである。

その現実を強く信じているベルトラムにとって、ラインハルトは自分より階級が下のくせに身分をにしてその軍の上下関係という現実を否定しようとしている憎たらしい貴族にしか見えなかった。それだけにベルトラムの怒りはしかったが、ラインハルトは動揺しなかった。

「断る」

「な、にぃ……?」

「私は士官としてこの艦の兵士たちの生命を預かっている。ひとりとして駄に死なせるわけにはいかない。いま方に揮権を返さないことが最善のであると信じている。これが叛乱だというのなら! 私はその汚名をあえて被ろう」

このやりとりで趨勢は決まった。キルヒアイスの機転でこのやりとりはすべて艦内に流されており、兵士を重んじるラインハルトより軍の秩序のみを信奉するベルトラムの自沈に付き合おうとする者は、だれひとりいなくなっていたのである。

貴様さえ……、貴様さえいなければ!!!」

孤立を悟り、一度はを下ろして現実受け入れようとしたベルトラムであったが、あまりの屈辱と怒りでを忘れ、情から後先考えずにラインハルトを射殺しようとしたが、人質になっていたロルフ・ザイデル二等兵が間に割って入って身代わりとなって死亡してしまう。

自分の感情的行為で兵士を殺してしまったことにベルトラムは茫然自失したが、こんなことで死人をだしてしまったことに昂したラインハルトを向けられて、動揺気味にを向けなおした。他の軍人もラインハルト側とベルトラム側に別れて銃撃戦かというところで、アデナウアー少佐医者の静止を視して仲裁にやってきた。

アデナウアーは、もとはといえば自分が揮権を曖昧にしてしまったことが今回の対立の原因であると謝罪し、正式にラインハルトを艦長代理に任命した。これに対し、ベルトラムは「貴族同士で」と不の態度をみせたが、この艦を救おうとする意思と冷静な判断を評価してのことであり、どうか大尉も協してやってほしいと説得され、受け入れた。

その後のベルトラムの行動は序盤の有能な軍人という評価を肯定していくものであり、ロルフを殺してしまったことで兵士たちに恨まれていることを承知の上で兵士たちに混じっての艦艇修理に志願し、針のむしろ状態の中でそれを遂し、船外作業中にロルフのであるアラヌス・ザイデル伍長って恒星の熱で焼死した。

ハーメルンII事にイゼルローン要塞へと帰投したが、アデナウアーが個人的な配慮から艦内のゴタゴタを全部なかったことにして報告したため、叛乱軍との戦闘中に名誉の戦死を遂げたと処理され、二階級特進している。

関連人物

  • アデナウアー - 男爵で上官。他の貴族将校みたいに無茶振りしてこないことから好感を抱いていた
  • ロルフ・ザイデル - 親しくしていた部下。結果的に情から殺してしまった相手
  • アラヌス・ザイデル - ロルフのを殺した後は険悪な関係になったが、ベルトラムの死後に3人一緒の写真をみて号泣していた

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2019/03/03(日) 12:28:33 ID: umJ68VKwcU

    >>3
    階級絶対義、特に「自分のすぐ上の階級の人」へのそれって、多分善してないと思う。帝国軍としても変える必要性を認めないだろうから。
    その帝国軍の体質の負の側面が二重三重に出たのが、ロイエンタール元帥叛逆事件時の新領土治安維持軍だったんだろうな。あれも兵士や下級士官の心理では「自分のすぐ上の階級の人」が「ロイエンタール元帥に従い君側の奸を討つ」「ロイエンタール元帥に従うフリをして背後から撃つ」って言うから従う、だったろうし。

  • 5ななしのよっしん

    2019/03/06(水) 00:59:15 ID: Rjpy3nJI7e

    ユリアンのイゼルローン日記で、ユリアンが出会った兵士
    息子民が出世するには軍隊しかないって言ってたしなあ」と心配していたが、その息子が実はベルトラムだった…とかあるかもしれない

    親父がしがない一兵士として捕虜になっちまったからはもっと出世して立になるんだみたいな

  • 6ななしのよっしん

    2019/03/17(日) 06:09:00 ID: Tfh7mLR0AC

    >>3>>4
    「門閥貴族様」を最下層に叩き落すことによって、その辺の実制選民思想は逆に加速してそうだし、軍としてもむしろそれを利用してそう。
    穿った見方をすれば、大将級以下の体たらくもその産物ともいえる。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP