ハルピュイア単語

ハルピュイア

  • 3
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハルピュイア(Ἅρπυια, Harpuia)とは、ギリシア神話に登場する精霊もしくは怪物である。複数形はハルピュイアイ(Ἅρπυιαι, Harpuiai)。英語ハーピー(Harpy)でもよく知られる。名前は「める女(かすめる女)」の意味。

なお、ニコニコ動画には「ハーピー」の記事もあるのだが、そちらは「魔導物語」「ぷよぷよ」に登場するキャラクターについてのページとなっている。そのため、それ以外の「ハーピー」についてはこちらの記事で扱う。

ギリシア神話におけるハーピー

人間の上半身にの下半身を持ち両腕はになっている、あるいはの体に人間の頭を持つ姿で描かれた乙女で、ハーデースもしくはゼウスの手下。本来は精霊だが、死者の霊が信仰されたものでもあるらしい。子供をさらったり、食べ物をで汚す猛禽として、老婆の姿でも描かれた。

ガイア(大地)とポントス()の息子タウマース、はオケアーノス(大洋)の(オケアーニスたち)のひとりエーレクトラーで、女神イーリスとは姉妹となる。アエロー(別名ニーコトエー)、オーキュペテーの二姉妹、あるいはケライノーを含めた三姉妹。西ゼピュロスとの間にサントスバリオスハルパゴスプロゲオスを産んだポダルゲーを加え四姉妹とされることもある。

神話中ではアルゴナウタイのピーネウスが食事を取ろうとすると先に食べ尽くしてしまい、残ったものも尿で汚し食べられないようにして苦しめるエピソードが特に有名。

ダンテの「神曲」では地獄において自殺者が変化したをついばむとして描かれている。

創作作品において

上記のように、原典におけるギリシア神話では醜怪で有・不潔な紛れもない怪物であったが、中世ヨーロッパになるとセイレーンとも混同され、絵画のモチーフなどで乙女として描かれることも多くなる。

そのを受け、創作作品などにおいては「ハーピー」や「ハルピュイア」は美しい姿で登場することが多い。

なお、上記のギリシア神話怪物ハルピュイア(ハーピー)が有名であるためその名前を使用してはいるが、特にギリシア神話の設定は継承していない単なる女性鳥人であることが多い。まあ常識的に考えてさすが尿をまき散らす女性キャラクターは登場させにくいだろう。

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/24(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/24(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP