ハル・ノート単語

ハルノート

  • 8
  • 0
掲示板をみる(625)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハル・ノート(Hull Note)とは、1941年11月26日アメリカから日本に手渡された外交試案である。

概要

ハル・ノートという名称は、正式なものではなく、当時の務長官であり、対日交渉を行っていたコーデル・ハル務長官の名をつけて便宜的に呼んでいるものである。

書面のタイトルとしては、"Outline of Proposed Basis for Agreement Between the United States and Japan"、つまり、「日間の同意のために提案された叩き台の概要」という建前になっている。

ハル・ノートの冒頭には、"Strictly confidential(極秘), tentative(試案であり) and without commitment(拘束はない)"と記載してあり、アメリカからの最大限の要を明示したものという色合いが強い。
内容的にも、アメリカがそれまで度々してきた中国太平洋地域での権益の解放や、貿易の自由化を再度めた形になっているが、当時は野党としてルーズベルトの日開戦に反対だった共和党の党首ハミルトンフィッシュは自身のメモに、「々はハル・ノートについて何も知らなかった。外交委員である自分にさえ彼(フランクリン・ルーズベルト)は知らせていなかった。私はフランクリン・ルーズベルトがこのような要日本にしたことを知らなかった。このような要をしたら、日本戦争に訴えるのは当然だ。」と記している。

”we did not know such Hull note at all” ”He did not tell me who was a diplomatic committee either” ”I dod not know FDR demanded such things to Japan. It is natural for Japan to become war if it require such a thing

そして「私は40年にわたり日戦争を勉強してきた。そして私は驚くべきことを発見した。がハル・ノートを書いたか? アメリカ人でさえ驚くだろう。それはコミンテルンのスパイハリーデクスターホワイトだった。」とも発言している。

”I studied Japan-U.S. war for 40 years.And I discovered a surprising thing. it is who wrote Hull note?. Even the American will be surprised. this was Harry_Dexter_White who was a spy of Comintern”

ハリーデクスターホワイトは財務次官補としてハル・ノート案(モーゲンソー案)作成に携わり、ソ連軍情報部の協者であり、ソ連情報部と接触し、ホワイトの名にちなんだ「スノウ(snow作戦」という工作に関係した事が1995年のベノナ文書開示により確認されている。

アメリカでは、まず南部印からの撤退と引き換えに、非軍事的に限って石油の輸出を解禁するという、三ヶ限定の暫定協定を結び、その後めてハル・ノートにあるような恒久的な条約を締結する案もあったが、最終的にはこのハル・ノートのみが手渡される事となった。

この時点で、日本12月1日までに外交的解決が行えなかった場合、対攻撃を行うことを決定しており、珠湾を攻撃する機動部隊は既に出発していた。
この段階から4日で対案をまとめて合意まで進めるのは不可能であり、アメリカ日本中国戦略を承認することを前提として進められていた、アメリカとの外交協定締結をもってを抑える構想は頓挫することとなる。

一方で、建前上は外交試案で叩き台であるハル・ノートを渡した翌日27日ハル務長官はスチムソン陸軍長官に"broken the whole matter off."と伝え、大統領はスチムソンに"talks had been called off."と発言している。

内容

タイトルの通り、これはアウトライン、つまり概要であるので、細かい条文などの記載は存在しない。全体としては、大きく第一項と第二項に分かれている。

まず、第一項では、日が共同で太平洋平和立と維持についての明を行うことに触れ、内容として、、

  • 国家領土・権の不可侵
  • 内問題への不関与
  • 通商上の機会の等化
  • 紛争防止・調停のための際協

政治的原則とし、次に、

  • 通商関係における差別のない待遇
  • 過度の通商制限の撤
  • 原料物資獲得の自由
  • 国家間協定における消費国家および民衆の保護
  • 貿易手続のための組みの作成

経済的原則とする旨を提案している。

第二項では、日本中国アジア戦略において具体的に行う措置について述べられており、

の10項が定められている。

関連動画

ハル・ノートに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ハル・ノートに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ハル・ノートに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/24(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/24(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP