今注目のニュース
求人内容が不透明?やりがい搾取? 「活動自体は素晴らしいのに……」ウミガメを保護するNPO法人に批判あいつぐ
今年も冬がやってくる。Redditユーザーが車のボンネットの下で子猫発見。その姿にReddit民大喜び
人生を劇的に変えてしまう「アファメーション」の本当の意味とその効果とは

ハンス・ディートリヒ・フォン・ゼークト単語

ハンスディートリヒフォンゼークト

  • 0
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハンス・ディートリヒ・フォン・ゼークト(Hans Dietrich von Seeckt)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。
CV.飯塚昭三石黒監督OVA)、北沢洋(Die Neue These)。

概要

ゴールデンバウム朝銀河帝国軍人・大将イゼルローン要塞駐留艦隊官。帝国487年5月時、50歳。
たくましい長身と要塞シュトックハウゼン大将より一回り大きい胴囲を持つ。OVAでは長いもみあげのある白髪と鷲鼻が特徴で、バンダイナムコゲーム銀河英雄伝説」での旗艦は標準型戦艦グルヴェイグ>。

見敵必戦を信条とする猛将とされるが、第七次イゼルローン要塞攻防戦においてヤン・ウェンリー率いる自由惑星同盟軍にイゼルローン要塞を奪われ、旗艦に"雷神の槌"の直撃を受けて戦死した。

経歴

帝国486年8月、第四次ティアマト会戦を控えた帝国軍遠征部隊がイゼルローン要塞に入港した際、宇宙艦隊長官グレゴール・フォン・ミュッケンベルガー元帥を出迎えたのが時系列的な初登場。この部分はアニメ化されていないが、時系列では前になるOVA外伝「千億の、千億の」第12話、帝国485年末の第六次イゼルローン要塞攻防戦において大将の階級で要塞部に姿を見せている。

帝国487年の第七次イゼルローン要塞攻防戦では、同盟軍の接近を察知しているさなか、重要な連絡事項をたずさえたオーディンからの連絡艦艇がイゼルローン回廊内で同盟軍の攻撃を受けているという救援要請を受け駐留艦隊を率いて出撃する。しかしこれは要塞を駐留艦隊のないまま孤立させる結果となり、駐留艦隊が離れているうちにヤン・ウェンリーの智略によってイゼルローン要塞は陥落。「要塞内で叛乱発生」という虚偽の通信を受けて取って返した駐留艦隊は要塞雷神の槌”の攻撃を受けることとなってしまった。

だが、二度の発射ののち、ヤンより「降伏せよ。それがいやなら逃げよ」という内容の通信を受けたゼークトは昂する。すでに要塞と艦隊の半数を喪っており、くわえて敗軍の将として帝国に逃げ戻るなど、典的な軍人気質の彼には到底受け入れることができなかったのだ。そして、

は武人の心を弁えず、、死して名誉を全うするのを知る、生きて汚辱に塗れるのを知らず
このうえは全艦突撃して玉砕し、もって皇帝陛下の恩顧にむくいるあるのみ

という返信とともに要塞への突入を命する。ゼークトが自身の名誉を守ることができる最後のは、もはや玉砕戦死のほかなかったのである。この返信は、逆に兵士連れに死なせることへのヤンの怒りを呼び、その命によって発射された狙いすまされた”雷神の槌”の第三撃が、旗艦とともにゼークトを葬ったのだった。

残された駐留艦隊各艦は、ヴァルハラまで官に追随することをせず帝国領へと逃げもどった。帝国軍において死後のゼークトがいかに遇されたか定かではないが、「壮な玉砕」と評されることはあった[1]。また、不覚をとってイゼルローン要塞を失った罪については、その死によってすでにつぐなわれたものとみなされたようである。

対人関係

イゼルローン要塞トーマ・フォン・シュトックハウゼン大将とは、要塞の組織構造――要塞と駐留艦隊で同格の官が二人ならぶ――がもたらす伝統的な両職の対立のために不仲であった。両名は会合のたびに皮を応酬するなど互いにり合っている状況であり、先述のミュッケンベルガー元帥を迎えた際には、ふたりして敬礼どころかあいさつまでも同時に行うという醜態を見せてしまっている。第七次イゼルローン要塞攻防戦の際も、要塞を出るべきではないという駐留艦隊幕僚オーベルシュタイン大佐の意見にシュトックハウゼンが同調したことがむしろ慎重論へのゼークトの反感を買い、出撃の決定をむしろ駄押しさせる結果となった。

そのパウル・フォン・オーベルシュタイン大佐は第七次要塞攻防戦の直前に新任の幕僚として赴任してきた人物であるが、ゼークトは彼を「陰気を絵に描いたような男」と感じて全に嫌っていた。オーベルシュタインには先述した駐留艦隊出撃の際と要塞に取って返す際の二度にわたっての危険性を説かれているが、いずれも感情的にはねのけている。このためオーベルシュタインは内心ゼークトを「怒気あって勇気なき小人」と蔑み、危険をさけて脱出用シャトルで戦場を逃れている。

余談

ファンサイトなどで「ハンスディートリッヒ・フォン・ゼークト」と表記されることがあるが、(本来的には表記ゆれの範疇ではあるものの)「ハンスディートリヒ・フォン・ゼークト」が正統な本伝一巻明篇での表記[2]である。このミスは各所でしばしば見受けられ、石黒監督OVA公式ロマンアルバム(『銀河英雄伝説コンプリートガイド』)にすら「ディートリッヒ」と表記されているほどである。

ちなみに、さらにややこしいことにディートリッヒ・ザウケンヨハン・ディートリッヒ・フォン・アイゼンフートは「ディートリッヒ」で正しかったりする。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ただし、後述するオーベルシュタインの脱走に対してラインハルト較のためにゼークトの死を「壮な玉砕」と表現したものであり、的な評価かは不明。
  2. *創元版明篇登場人物項および第五章-で確認済

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2018/03/01(木) 19:30:31 ID: tkOXdYkyMo

    >>6-7
    原作1巻~2巻位までは戦術面の進言でも割と実績上げてるのを見ても
    序盤は得意分野としての戦略と戦術を分けてない節がある
    5巻辺りでは政略・戦略としてのキャラが固まってきたのでああなったんだろうね

  • 10ななしのよっしん

    2018/05/15(火) 09:49:02 ID: D7H3xzX8aB

    オベはオベで「部下の忠心を刺する方ではない」とか言ってるから、ちょっと考えればわかるような事まで一々懇切丁寧に説く必要性を感じてなかったというのもありそうだな

    まあ、どこかの非常勤参謀のように、給料分の義理は果たしたから後はお好きにどうぞ、とか愚痴ったりもしないキャラなんで多分に想像の域だけど

  • 11ななしのよっしん

    2019/10/18(金) 20:37:18 ID: 7yhaeWG78Y

    DNTのゼークトって、なんかとっちゃん坊やに見える。
    最前線に常駐する艦隊だし血筋頼みのコネ昇進ってわけでもないとは思うけど、極限状態で視野狭を起こして玉砕を叫んだあの間に限っては、精年齢が幼児化してそう。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP