ハーブ単語

ハーブ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハーブ(herb)とは、や香などを意味する言葉。食材として使われるもの、芳香剤として使われるもの、として使われるもの、様々である。

概要

いわば「有用な植物」を意味する言葉で、そのカテゴリに入る植物は果実や木皮、根茎などと含めて結構多い。「どこからがハーブでどこからが野菜」という線引きは主観によるところが大きいもので、たとえば香りの強いネギセロリなどもハーブ(香)と言えばハーブだし、野菜と言えば野菜になってしまうしと、非常に曖昧な概念だったりする。

おそらく食用の「ハーブ」と言われてピンと来るのは、パセリやバジルなどといった緑色鮮やかな生のだろう。これらを燥させたものや、胡椒ナツメグなどの香辛料(スパイス)は、なぜかハーブとは別物として扱われることが多い。しかしそのはやっぱりあやふやである。日本食でハーブらしき香といえば、シソ(特に大葉)やミョウガ、三つ葉なんかが代表格だろう。広く捉えれば、薬味として扱われるものはハーブと呼べるかもしれない。

カモミールやジャスミンなど、食用ではないが香りのいい植物は、煎じてハーブティーとして利用されることがある。緑茶葉も元々として扱われていたものであるし、いうなればこれもハーブの一種といえるだろう。

ハーブにはという意味もある。古くから世界中で様々な植物として利用されてきた歴史があり、方の生として使われているハーブも多く存在する。ドクダミやオトギリソウなど身近なものから、ジギタリスのような一重まで様々ある。煙草麻薬には違いないので、近年問題視されている「脱法ハーブ(現時点で法規制から漏れている麻薬)」なんかも間違った表現ではない。間違ってはいないけど、あってもいない気はするが。

しばしば「ハーブは天然素材=体にいい=たくさん摂って大丈夫」というアレな認識をする人もいるが、誤った使い方で体に悪を及ぼした事例は枚挙にいとまがない。何事もほどほどに。

関連動画

ハーブでタグ検索すると、やけにバイオハザードプレイ動画がひっかかる模様。なんなんだ、あの鉢植え。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2017/12/16(土) 10:19:22 ID: YRAjz7CSSi

    ハーブティーの味ってなんか飲んでて気持ち悪くなるんですよね
    なにが原因なんだろ。シナモンは入ってないほうが良いのは間違いない
    あとカレーと成分が結構被ってるけどそこらはどうなんだろうか

  • 15ななしのよっしん

    2019/01/15(火) 14:18:14 ID: 5P8R/E8IuW

    ハーブ生えますわ

  • 16ななしのよっしん

    2020/04/09(木) 16:38:51 ID: VuBD2vB5sH

    らんま1/2』に同名のキャラクターがいて、
    早乙女乱馬と同じく、に触れると女に変身します。
    しかも、止チースイトン)で女のままです。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/25(日) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/25(日) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP