今注目のニュース
“推し”を焼いたパンケーキ! 『鬼滅の刃』『シンカリオン』『BANANA FISH』など異なる絵柄を描き分けた作品に「うっまー!」の声
物語に没頭し、登場人物に感情移入するという経験
今後、社会問題になりそうな「ディープフェイク」Twitterが対策へ動く

ハープスター単語

ハープスター

  • 0
  • 0
掲示板をみる(51)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハープスターとは、日本中央競馬会に属していた元競走馬である。

な勝ち
2013年札幌2歳ステークス(GIII)
2014年桜花賞(GI)、札幌記念(GII)、チューリップ賞(GIII)

概要

2011年4月24日としてこの世に生を受ける。

言わずと知れた敗の三冠馬ディープインパクト
としても確固たる一時代を築き上げようとしているサラブレッドである。

ヒストリックスターは、かつての名ベガファルブラヴとの間に遺した一のであり、ハープスターはその3番にあたる。
ヒストリックスターは幼少時の怪により未出走に終わったものの、その由緒正しき血統(ベガは繁殖としても大変優秀で、ヒストリックスター以前にダービーアドマイヤベガフェブラリーステークスの勝ちアドマイヤドンなどを輩出している)を期待され、系を繋ぐべく繁殖入りした。

2歳になったハープスターは、後にアドマイヤムーンブエナビスタを手がけた松田博資厩舎に入厩し、上に川田将雅を迎え、くも中京競馬場デビューすることになった。

新馬戦~新潟2歳ステークスまで

2013年7月14日、中1400メートル戦でデビューを果たした。
このレースには前年に続き短距離界を制圧していたロードカナロアの判ロードストームが同じく出走していたが、本は1.8倍の圧倒的1番人気に押されていた。
最後の直線でロードストームに寄られた際、怯んで内側に切れ込む素振りを見せてしまったものの、最終的に2着に2身近いリードをつけてデビュー戦を勝利で飾った。

次走はそこから約一ヵ後の新潟2歳ステークス。
ハープスターはこの重賞レースで、詰め掛けた観衆の度肝を抜くレースを見せつけた。
中最後方からレースを進め、最後の直線で大外に持ち出すものの、先頭集団とはまだかなりの差があった。
長い新潟の直線とはいえ、見る者は実にハラハラさせられる。
だが、ハープスターはそんな心配をあざ笑うかのように、上がり3F32.5という脚を繰り出してあっさり前を捕らえると、逆に2着に3身の差をつけて々とゴール版を駆け抜けた。

この圧勝劇でハープスターの名は各所に知れ渡るようになり、くも来年のクラシック最有補として、人々にその存在を知らしめるのであった。

さらに2着のイスラボニータは後に東京スポーツ杯2歳ステークスを製し、5着のマーブルカドラルはアルテミスステークスを優勝したことから、この新潟2歳ステークスはハイレベルな一戦として認知されるように、ハープスターに集まる注、期待は日に日に大きくなっていく。

阪神ジュベナイルフィリーズ

戦を挟まず、数ヶの時を経て、ハープスターはその年の2歳女王を決めるGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズに出走した。
この年のメンバーは、デイリー杯2歳ステークスを優勝したホウライアキコ、小柄な体ながら不良馬場をものともせず快勝したレッドリヴェール函館2歳ステークスを先行押し切りで鮮やかに勝利したクリスマス、 重賞勝ちこそないものの、同レース敗で制したレーヴディソールに持つレーヴデトワールなど、男たちを蹴散らしてきた強が集う、ハイレベルな一戦だった。
それにも関わらず、前走の勝ち方が評価され、ハープスターは単勝1倍台の圧倒的1番人気に押された。

ところが、いつも通り後方でレースを進め、の間を縫うように直線追い上げたものの、レッドリヴェールにわずか数cmの差で及ばず2着に敗れてしまった。
レッドリヴェール敗の2歳女王として歓喜に沸く中、ハープスターは初めて土がついてしまい、辛をなめさせられる結果となってしまった。
川田はこの敗戦が非常にショックだったようで、後のチューリップ賞勝利ジョッキーインタビューでは「取り返しがつかないし、申し訳ないことをした」とっている。

チューリップ賞

明け3歳、復帰緒戦として選ばれたのは桜花賞トライアルチューリップ賞であった。

前走では思わぬ敗戦を喫したものの、阪神ジュベナイルフィリーズの上位が軒並み不在であり、相手関係が手薄であったことから、当日はレーヴディソール以来となる単勝1.1倍の圧倒的支持を受けた。
一方で一週間前追い切りなどの動きが悪く、いかにも仕上げ途中であったことから一部では不安説も囁かれた。

レースの結果はというと、圧巻の勝利であった。
後方2番手から脚を溜めるように中を進み、前走の反を生かしてか、込みには突っ込まず大外に出すと、見る見るうちに先頭集団を飲み込んでいく。
この間、上の川田は一度もムチを振るっておらず、少し手綱をしごくだけで、軽く促すという程度であった。
最終的に、2着に2身半差をつける圧勝。
変わらぬ強さをアピールし、一ヵ後の本番に向けて、まずはこれ以上ないスタートを切った。

桜花賞

迎えた本番、リベンジを果たすべく、ハープスターは大外818番からの発走となった。

スタート直後、川田はすぐに位置を後ろに下げ、定席の最後方からレースを進める。
レッドリヴェールも同様に後方から、ハープスターの5身ほど前の位置につける。
レースフクドリームが大逃げを打ち、魔の桜花賞ペースを彷彿とさせるハイペースとなった。

コーナーを回り、最後の直線に入ろうとするところでも、ハープスターはまだ一番後ろの位置取りであり、逃げ切りを図ろうとするフクドリームとは十数身もの差がついていた。
それでも川田は慌てることなく、いつもの通り大外へ持ち出し、ハープスターを勝利に導くべく、前にはもいない人の野を突き進んでいく。

なかなか前を捕らえることができない。それでも、一歩ずつ、着実に差を縮めていく。
気迫る川田ムチの連打に応えるように、ハープスターはさらに加速し、一足先に集団を抜け出したレッドリヴェールを捕らえた。
持ち前の勝負根性を発揮される前に一でこれを交わすと、クビほど前に出たところがゴールだった。
ついに初戴冠。ベガの血を再び世に知らしめた。
勝ちタイム1.33.3はタイレコードディープインパクト産駒はこれで桜花賞4連覇となった。

ちなみに、このとき繰り出した上がり3Fは32.9という驚愕のもの。
論、桜花賞史上最速のタイムで、厩舎の先輩ブエナビスタの記録を更新するものだった。
直線だけで17頭をごぼう抜きにするというド手な勝ち方は、永遠に人々の記憶に刻まれることだろう。

その後

え?その後の話?HAHAHAそんなの蛇足じゃないかHAHAHA

に書くと、桜花賞で見た未来が幻に感じるような程であった。
まずオークス、いつもどおり大外をぶん回すが加速段階で外に膨れたを捌き損ねて落した事もあったが、ヌーヴォレコルト璧なレース運びとべると拙劣極まるレースを演じてしまう。
それでも2着に突っ込んだ辺り実はあった、ということだろうか。
その後は凱旋門賞遠征を発表。同じく遠征予定だったゴールドシップ共々「凱旋門行きたいけど現地のプレップ使うと検疫が面倒だし芝が似てるし、ボロ負けしたら日本王道路線に戻せるしここでいいか(妥協)」と日和った営が使うレースこと札幌記念に出走。
ここではゴールドシップを打ち破り重賞勝ちを重ね、凱旋門賞へ向かう。
しかしダンシングブレーヴでもなきゃ出来ない芸当を実行に移し、トレヴ麗なる復活を眺めるだけの6着に終わる。
後、ジャパンカップに出走するが後ろで構えていたら故障して予後不良となったTrading Leatherにぶつかり5着に終わる。
まあ、なくてもあの時のエピファネイアをどうにか出来たとはちょっと思えないが。

2015年はドバイに向けて始動。まずは京都記念でキズナとの対決を迎えるがキズナに敗れたのみならずまっっっっったく伸びがなく5着に終わる。
まあ、勝ちはこの後2000前後無敵の中距離ランナーに覚醒するラブリーデイだったのであまり悲観することもないような気がするが、当時はGⅢを勝ったばかりのだったので評価は地に落ち、一介の扱いをされることすらあった。
明けという理由がなきにしもあらずなキズナべると言い訳が少なかったのも痛かった。

こうなればドバイで名誉挽回と行きたいところであったが、桜花賞オークス凱旋門賞の走りを見るにマイル2000近辺が適距離なのでは?と思われ、ドバイデューテフリーめドバイターフに行くとばかり思われていたのだが、
何故かシーマクラシックを選択。エピファネイアといいなんでこうしたっていうチョイスが続発した2015年バイ遠征組であったが、予想通り敗退した上8着と惨敗してしまう。
ちなみにドバイターフの勝ち2015年敗で駆け抜けた欧州最強マイラーのSolow。…どっちにしろ勝ち切るのは難しかった。

後、ヴィクトリアマイルに向かおうとするが疲れが抜けず全休を発表。その直後に靭帯を傷めたことが発覚しそのまま引退
種付けシーズンに間に合ったことや、相手の筆頭補のキングカメハメハが体調不良で来季以降の活動が不透明であったことなどから引退後すぐ体づくりに費やす期間を設けないまま即種付けを行った。
このことには批判もかなり噴出したが、牧場の判断だし仕方ないよね
次世代をすぐに見られるのはファンにとってはいいことっちゃあいいことだし。

ともかく、桜花賞で皆が夢見た未来現実の前に打ち砕かれてしまった。

特徴

小柄な産駒が多いディープインパクトにしては格があり、筋々の体をしている。
走り方もピッチ気味の走法であり、これまた跳びの大きいディープインパクトとは対照的である。

一方でその末脚の威父親譲りであり、後方待機からのごぼう抜きはに似通うレーススタイルである。
戦から桜花賞までの上がり3Fは、いずれも出走の中で最速の数値を記録している。

ただ三歳以降は精を欠き、遠征疲れや怪があったとはいえあまり成長が見られなかったため熟と見なす向きもある。
枯れは同期レッドリヴェールにこそ相応しい気がするが。

関連動画

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/13(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/13(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP