ハーモニカ 単語

781件

ハーモニカ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ハーモニカとは、楽器の一種である。和名は口琴(くちふうきん)。
プラスチックまたは木製の筐体に、金属製のリードプレートリードカバーがつけられており、息を吹くまたは吸うことでリードを震わせて音を出す。
内のなメーカとしてトンボ楽器スズキ楽器があり、海外なメーカとしてホーナー、ヘリングがある。

概要

ハーモニカはオルガンの調用に作られた具が起であるとされる(Wikipedia参照)。
楽曲には調(キー)というものがあるが、それはハーモニカにもあり、1本のハーモニカだけであらゆる曲を演奏しようとするのは(クロマチックハーモニカを除き)困難であるとされる。
ハーモニカのな種類には次のものがある。

  • 単音10ハーモニカ(ブルースハープ、10ホールズ)
    最もポピュラータイプのハーモニカである。ハーモニカと言えば、これをすことが多い。
    その名のとおり、が10個あり、低音域から高音域まで3オクターブの音が出せる。ただし、全に出せるのは中音域の1オクターブのみである。出せない音はベンドやオーバーローといった奏法で補間をする。
  • 複音ハーモニカ(トレモロハーモニカ)
    1音につき、ピッチが異なる2枚のリードがあてられており、独特なきのある演奏ができる。低音域から高音域まで3オクターブの音が出せるが、21の場合は高音域の「シ」が出せない。また21のほかに22や24などもある。
    複音ハーモニカの音色は、(どちらかと言えば)若い人よりも高齢者に好かれる傾向がある。
  • クロマチックハーモニカ
    ピアノの音だけではなく、の音も出せるようにしたハーモニカである。
    形式としては上下式とスライド式がある。上下式は口をあてる部分の上下にがあるもので、下が、上がにあたる音を出す。一方、スライド式は本体横にボタンがついており、そのボタンを押すことで、出している音を半音高くした音を出す。これにより、数オクターブの音を全に出せるため、どの調の曲でも演奏できるが、ハーモニカ自体の扱いは難しいとされる。
  • アンサブルハモニカ
    アンサブル用に開発されたハーモニカである。ハーモニカアンサブルをするような団体でない限り、使用することはもちろん、にかかることも滅多にない。
    • コードハーモニカ
      コード演奏専用のハーモニカであり、一つのに4枚のリードがあてられている。形状としては一般に40cm前後と、上記のハーモニカとべると非常に長い。
    • バスハーモニカ
      音部専用のハーモニカである。ホーナーのSuper64など一部のハーモニカでも低音部演奏ができるが、バスハーモニカはそれらよりも、さらに低音部演奏できる。

関連動画

キーワード検索ハーモニカexit_nicovideo

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP