今注目のニュース
“ドラクエの日”の特別番組で「ダイの大冒険」の新作ゲームが発表 スマホゲー、アーケードゲー、家庭用ゲーの3本立て
川口春奈「人生初コントローラー」で“あつ森”生活
ビリー・アイリッシュ、服を脱ぎ下着姿に 訴えたメッセージとは

バイオレンス単語

バイオレンス

  • 2
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バイオレンスとは、

1.暴力暴力的な~を意味する単Violence」
2.暴力的な現代版D&D(RPG)と一部で言われる「Violence(RPG)」

以下は2について記載する 

概要

VIOLENCE  The Roleplaying Game of Egregious and Repulsive Bloodshed

ゲームデザイナーが「おめーらPLがめるのはこれだろ、え!? どうなんだ!? どうせ(以下罵詈雑言)」という気分で作ったというジョーク(…というより本音だよな)と風刺まみれの、現代を舞台にしたハックアンドスラッシュRPGである。

現代を舞台にどうハックアンドスラッシュをするのかというと、PCはいわゆる「人間のクズ」。暴力殺人麻薬レイプ等の要素しかゲームであり、PL達はドラッグ、女のために他人を襲撃、強盗屋に押し入るような人間のクズプレイする。ダンジョンのかわりに他人のに押し入り、モンスターのかわりに一般市民を襲う訳で、ここが現代社会舞台に置き換えたD&Dと一部で言われる所以である。大抵の場合はシナリオ中に返り討ちにあったり、最後で警官に囲まれての巣にされる可性の方が高いが。

戦闘の為のデータは各種設定されているのだが、戦闘に関わらない(社会生活を営むのに必要な)行動の判定は全て「その他」を基準に判定するとルールに定められており、その点はシンプルと言えなくもない。そもそも、その他(に含まれる人として必要な)の数値が高くて社会生活を営む程度の頭があれば、と快楽のためだけに犯罪行為を行うクズ人間にはなってねーよという風刺なんだろう、多分。

ゲームデザイナーは「Designer X」氏で、正体を探ってはならないと紹介されている。ぶっちゃけパラノイア(RPG)」、「Toon」、「Star Wars: The Roleplaying Game」のデザイナー(色々賞も受賞している方)なのだが、こういう作品を出してしまうとか、なんだかこう、向こうの業界も大変なんだなぁと考えさせられる作品である。

日本語版は株式会社鳴より発売。アトリエサードの協で、一般書店での入手(に注文が)も可になったそうな。ただし2004年発売なので、卓上ゲームを取り扱うお店に問い合わせた方が難かもしれない。Amazonでの購入の際は、出品者登録で株式会社鳴のオンラインショップからの注文となっている。お値段はTRPGでは較的割安とも言える1890円 (本体1800円)翻訳田中明氏、渡邊幸紀氏。並び一部挿絵は寺田也氏。

尚、ゲームの設定上、色々問題があるのでプレイする場所、プレイ内容に関する会話については、細心の注意が必要なRPGの一つである。

関連動画

単発モノの他、残念ながら更新が止まっている動画もあるが、「これは酷い」「こんな製糖があってたまるか」と絶賛。

関連商品

株式会社鳴が出品者で登録している。

関連コミュニティ

バイオレンスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/28(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/28(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP