バカッター 単語

288件

バカッター

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バカッターとは、バカツイッターを組み合わせた蔑称である。

概要

多くの場合、面いからといって迷惑な行為に走るバカな自分の様子を自ら写真し、それを自らツイッターしてインターネット写真を残してしまうバカな人物のことをす。

ただ、被写体と撮者、投稿者は必ずしも同じではなく、別の場合もある(例えば、バスに飛び乗ったおかしな人物を撮した通行人のケースがある)ことから、実際は撮者や投稿者よりも「された写真に写った、迷惑行為に走ってるバカな人物」をバカッターと呼ぶことが多いようだ。

これらの行為はスマートフォンの普及により写真を手軽に撮できるようになったこと。ツイッターの手軽に写真や文章を投稿できる特性。特に特別な技術や知識がなくてもネット上に簡単に写真開し注あつめることが出来るため、このような行為に及ぶと考えられる。更にツイッター開されている場であるという認識が希薄な場合も多く、「ツイッター=グループチャットのようなもの」「自分のつぶやきは自分をフォローしている人にしか見えない」と誤解している人も少なくないと言う。

また若者だけでなく、政令指定都市市長大学教授弁護士研究、著名な漫画家など高い社会的地位にあるものが失言や問題発言投稿することもあり、これらも一種のバカッターである。「バカ若者が発見される」という意味と「頭の良い人物が意外にバカであることがバレる」という2つの意味合いを持つ。

また企業公式アカウントが問題になるような発言をしたりする場合もあり、これも一種のバカッターといえる。

当初はコピペブログのエサに過ぎなかったが、ネットニュースを賑わせたこともあり一般ニュースサイトなどでも取り上げられるようになる。

なお海外でも同じような現は起きており、ハリウッドの有名女優問題発言をし演していたドラマ製作中止になる、大物俳優差別的な発言をし炎上する、とある映画監督過去の問題ツイートが発掘され監督していた作品から解雇させられるなどの事案が起きているようだ。

または、バカ発見器のことをバカッターと呼ぶことも。

ネガティブな言葉であるが2013年流行語大賞にノミネートされた。

バカッターの例

関連動画

関連商品

関連項目/関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/18(木) 07:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/18(木) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP