今注目のニュース
松本人志、中居正広の独立に「アドバイスない」“真新しい地図”発言も
人類のDNAには未知種族の「ゴースト」DNAが含まれていた
有線・無線が切り替えられるゲーマー向けイヤフォンがクラウドファンディングで人気 声優・小岩井ことりさんが開発に参加

バグみらい単語

バグミライ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バグみらいとは、アニメおよびゲームキラッとプリ☆チャン』の登場人物ではなく、偶然が生んだ産物である。

概要

読んで字のごとく、表示がバグっている桃山みらいのこと。

その初出はNintendo Switchソフトプリパラ オールアイドル パーフェクトステージ!』であり、アニメ筐体ではない。話は、このゲームが発売されてから1かほどした2018年4月26日午前8時44分に、とあるユーザーバグによってモデリングが崩れた桃山みらいの2枚の画像をツイートしたことから始まる(このバグに関してはその後別のユーザーが数回にわたる検証おこなったうえで、ようやく再現できた、というレベルなので、起きるのはかなりレアケースと思われる)。

その原をとどめつつも絶妙に怖さを感じさせる独特の雰囲気が魅的に映ったために、特に1枚の方の画像に、バグみらい、という固有の名前を与えられ、定義づけがされる。さらに、アニメ筐体が開始して間もない時期だったため、まだみらいの人物像が不明瞭だったこともあり、バグみらいを用いた二次創作が流行。バグであることを強調したシリアス路線から、キラッとプリ☆チャンに沿ったギャグ路線まで、幅広く活躍したのである。

とはいえ、今となってはキラッとプリ☆チャンも話が進み、それぞれのキャラクター性に沿った考察創作が行われるようになり、すでにバグみらいは過去の存在と化しつつある。しかし、この独自の魅に魅せられたファンもおり、今でもMMD動画などが投稿されていたりするのであった。

なお、全にまごうことなき二次創作ネタかつ、バグというややグロテスク地雷に感じる人も多い属性を付加された存在のため、TPOをわきまえての使用を推奨する。

本編にて

上述の通り全に偶然が生んだ産物でしかない二次創作設定だが、後に本編にも大体似たような存在が登場した。

92話にて紫藤めるの発明にてバーチャル世界にたどり着いた虹ノ咲だいあたち一行。だいあとの遊びの中でだいあによってバーチャルみらいたちが生み出されることとなった。ところが、キラッCHUとハクCHOを助けに行っているうちに、バーチャルみらいたちはバグバグバグらされた存在となってしまったのであった。

こうして二次創作におけるバグみらい概念とは全く違う文脈で登場したバグってしまった桃山みらい。ところが、ちょうどこの92話の放送中に、桃山みらい中の人こと林鼓子が、Run Girls, Run!公式アカウントを使ってなぜか唐突に実況ツイートを行っていた。そこで出たのが以下のツイートである。

かくして、バグみらいを中の人が認知していることと、ふんわりこのバグってしまったバーチャルみらいもバグみらいの括りに入ったことを、最後に付け加えておこう。

余談

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP