バタフライ効果 単語

30件

バタフライコウカ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バタフライ効果(-こうか)とは、非常に細な小さなことが様々な要因を引き起こしだんだんと大きな現へと変化することをす言葉である。

曖昧さ回避
  1. 上記を題材にした映画。『バタフライ・エフェクト』のこと。
  2. ニコニコ動画オリジナル曲『バタフライ・エフェクト』 →動画記事

概要

バタフライ効果は英語では『バタフライエフェクト:butterfly effect』と呼び、全て日本語に直すと『蝶々効果』になる。
 名前の由来については、この概念を最初に発表した気学者エドワードローレンツの講演の題名ブラジルでの羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか』から来ている。

ほんの細な事が、徐々にとんでもない大きな現引き金に繋がるかという考え。
ある場所における羽ばたきはるか遠くの場所の天気を左右する可性が考えられるという内容はや波などの気には数多くの不確定要素が干渉してくるため、どのような状態になるかを予測するのはかなり難しい。実際にブラジルでの羽ばたきがテキサスにトルネードを起こす原因に繋がらないとは否定出来ない。(ちなみに、これの元ネタの方の題は趣旨が異なる。羽ばたきトルネードを起こすかもしれないが、一年間に起こるトルネードの数にはしないというのがミソ。局所的には大きな変化を起こすかもしれないが、大域的にはあまりがなく、その大域的な領域をどのように捉えるのかが...以下略)

そしてそれら以上に、「どんなに初期の誤差が小さくとも時間経過や組み合わせによって大きなが現れ、どんな未来が訪れるかはにも判らない」と言う事を意味する言葉でもある。これは人生観・世界観をる上でも有効であり、未来を正確に予測する事はにも不可能である事を示す場合に用いられたしている。一匹のを起こすように、一匹のが時に歴史を動かす事もあるかもしれない、という事である。

よく似た事例の日本ことわざに『風が吹けば桶屋が儲かる』というものがある。
こういった要素から、創作作品でも特に過去改変作品を中心として度々題材に用いられている。

通常、自然状態における近似したいくつかの初期状態は上記のような微妙誤差程度では現を変化させるまでに至らず通常と同じような過程、結末に至るという考えが普通である。力学系に直すと、決定論的・範囲有限のランダムでない運動系において、初期値が微妙に異なる程度ではアトラクタ(簡単に言えば、力学系の時間標)の微妙な位置差に留まる。
しかし、アトラクタが複雑で誤差が認識できない場合は初期の誤差がどんどん拡大していくカオス系となる。この場合は「ストレンジアトラクタ」と呼ばれる。

バタフライ・エフェクト(映画)

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年アメリカ開された映画である。
その新な設定から好評を呼び、続編が2つ作られた。

本作にはエンディングがいくつか存在する。劇場開版とDVDディレクターカット版はかなり異なるのでべてみる事をお勧めする。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP