今注目のニュース
京アニ放火事件で日本アニメーション協会が「慎重かつ冷静な報道」求める Twitterではハッシュタグ「prayforkyoani」が誕生
【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった
悪を執行する『ワンパンマン』ガロウがねんどろいどで登場

バットマン:アーカム・ビギンズ単語

バットマンアーカムビギンズ

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「バットマン:アーカム・ビギンズ」(原題:“Batman: Arkham Origins”)とは、DCコミックスの「バットマン」を原作とし、2013年に発売されたヒーローゲームである。
対応プラットフォームはPlayStation3Xbox360Windows

バットマン:アーカム・アサイラム』『バットマン:アーカム・シティ』に続く、いわゆるアーカムシリーズの第3作だが、シリーズ過去に立ち返る内容となっており、続編というより番外編に近い。
開発も、これまでの2作を担当したRocksteadyではなくWB Games Montrealが担当している。

概要

バットマン:イヤーワン』の影を色濃く受けたいわば「エピソード0」モノで、『アーカム・アサイラム』の数年前、ヒーローとしての経験も浅い頃のバットマンブラックマスクの戦いが描かれる。

ブラックマスクに雇われバットマンを狙う暗殺者としてデスストローク、ベイン、デッドショットファイヤーフライカッパヘッド、シヴァ、キラークロックエレクトロキューショナーなどのヴィランが登場する。
前2作で登場した著名なヴィラン達は、過去の姿で登場する。

前作に引き続き、ゴッサムシティの一自由に行動し物語を進めていくオープンワールドゲームである。
後に「アーカム・シティ」と化す、前作の舞台でもあったエリアと、その南方伸びるパイオニアの先にある“ダイヤモンド地区”・“コヴェントリ”・“バーンリー”といった新たなエリア舞台となる。
今作のマップは、前作にしておよそ1.5倍の広さを誇る。

前2作にべてボス戦の内容がバリエーション豊かになっており、1対1でしい肉弾戦を繰り広げたり、ガジェットを駆使して戦ったりと、様々な戦闘を楽しめる。

しかし、非常にバグフリーズなどの不具合が多いという欠点もある。もともとアーカムシリーズはこれらの不具合が較的多いことで知られるが、今作はその中でもダントツで多い。
現在パッチ配信のおかげでマシになったものの、やはりクリアまでに何度かは遭遇せざるを得ない状態にある。

関連作品

直接の続編として『バットマン:アーカム・ビギンズ ブラックゲート』がある。今作の3か後を描く内容だが、『バットマン アーカム・シティ』の続編でもある。

また、今作と『アーカム・アサイラム』の間を埋める、アーカムシリーズの流れを映像作品として、『バットマン:アサルトオンアーカム』が制作されている。
……が、ぶっちゃけ今作をはじめとするゲーム作品とはほとんど関係のない内容であり、タイトルロゴが同じでなければ、アーカムシリーズの1作であること自体わからないかもしれない。
ヴィランだけの特殊部隊Task Force X」をかなりコミックに忠実に映像化した内容であるため、2016年開の映画スーサイド・スクワッド』と併せて観た方がより楽しめる。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP