今注目のニュース
ローランド、ノンアルで接客する理由が「カッコよすぎる」と話題
「男は何歳でも結婚できる」…20代女性を狙う40代男性のアプローチは「公害」
マイクラの「草ブロック」を再現した猛者現る リアルすぎる仕上がりに絶賛「並べたくなる」

バブルガムフェロー単語

バブルガムフェロー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

96年、天皇賞(秋)

挫折が教えてくれるがある。

全治6ヶの悔しさは、エネルギーへと化けた。

世代のを破壊した。バブルガムフェロー。

わずか3歳で天皇賞を勝つなんて。

爆発が世代をえる。

2013年天皇賞(秋)CMより

バブルガムフェローとは、1993年まれの競走馬。3歳にして天皇賞(秋)を勝った名である。
名前は「風船ガム噛む」の意。
なんか、いつも引き立て役だったような気がするであった。

概要

サンデーサイレンス バブルカンパニー リファールという血統。まぁ、良血である。サンデーリファールも、気性のしさで知られたである。のだが、本大人しいであった。

藤沢和雄厩舎に入厩したバブルガムフェローは、その動きの良さで大きな期待を集めた。どれくらい大きな期待かといえば「末はブリーダーズカップ凱旋門賞か」みたいなことを藤沢師や岡部幸雄騎手が考えていたレベルであったらしい。

こそ負けたが、く間に2連勝。迎えた朝日杯3歳ステークスでは直線で確かな脚を伸ばして勝利岡部騎手らしい、けれん味のレースっぷりは大物感に溢れており「いやいや、これは来年のクラシックでもこの中心にサンデーサイレンスが吹き荒れ続けるんでないの?」とファンは思ったのだった。

この、実に柔らかそうなしなやかな体で、薄い鹿毛も綺麗。流星も美しく、シャドーロールに社台の勝負も良く似合う、一見して「良い」なんであった。ただ、この頃から、なんとなく線が薄い感じはした。前年のフジキセキべると迫いような?強いとは思ったが、フジキセキの時のように「三冠馬か?」というは上がらなかっただ。藤沢厩舎だからというわけではあるまいが

プリングステークスも先行抜け出しで勝利。文句皐月賞の最有補となったのであるが、好事魔多し。なんと折してシーズンは全休になってしまう。また軸が消えた!しかもダンスインザダークまで回避しやがった!これには「サンデーって毎回こうなんじゃないだろうな!」とファン涙目で叫んだのだった。ちなみに、皐月賞に勝ったのはサンデー産駒のイシノサンデー役がいなくなっても代役をきっちり立てるとはサンデーおそるべし。

折を順調に治したバブルガムフェローは、菊花賞を回避して天皇賞す事となった。前年、ジェニュインが僅差の2着になっており、この挑戦はさして驚かれなかったが、やっぱりサンデーって距離がもたないんだ、と思い込んだファンも多かった。この時点でダンスインザダークを消した馬鹿もいた。毎日王冠は3着。勝ったのはアヌスミラビリス

そして迎えた天皇賞(秋)だったが、このレース面子が凄かった。同年の天皇賞(春)ナリタブライアンを負かしたサクラローレル。既にG1を3勝もしていたマヤノトップガン。6連勝中で「遅れてきた大物」と言われていたマーベラスサンデー。バブルガムフェローは底を見せていないところが評価されてマヤノトップガンを上回る3番人気に支持された。トップガンてほんと、馬券的信用がないだったなぁ。

そしてレースサクラローレルは出遅れ。横山典弘騎手理せず後方待機を選択。その間、サクラローレルを管理する太郎調教師は「馬鹿野郎!」と叫んだそうな。対して、バブルガムフェローは先頭二頭を然とスルーしてマイペースの3番手。

ペース均。群は固まり、明らかに先行有利な状況。

「外だ!外に出せノリ!」「駄だ!内は開かないから!駄だって!」とファンの叫びもむなしく内へ突っ込むサクラローレル。この時点でサクラローレル絡みの馬券を投げ捨てたファンも多かった。バブルガムフェローは直線、軽い手ごたえで、マヤノトップガンが仕掛けるのを見てからスパート

トップガンも脚を伸ばし、更にマーベラスサンデー追い込みサクラローレルもいまさら凄まじい脚を使ったのだが、直線入り口の位置取りの差が物を言ってバブルガムフェローがりこんでゴール。最後はむしろ一番伸びており、着差以上の強さを感じさせるレースだった。

3歳で天皇賞(秋)優勝は戦後初で史上2頭距離短縮後初の快挙となった。戦の岡部騎手ブリーダーズカップ遠征の為、代役として乗り替わった上の蛯名正義騎手は、95天皇賞(春)ステージチャンプでの幻のガッツポーズの屈辱を払拭するG1勝利。色々メモリアルな優勝だった。

・・・のだが。どうにもこのレースられるのはサクラローレル横山騎手騎乗ばかりなんである。そしてその後の辱の有馬記念に繋がるストーリーの一部としてられるばかりなんである。う~ん。おかしいなぁ。

しかし、バブルガムフェローの強さは本物。こいつは前述の三強に匹敵する存在だ!ということで、三強が仲良く回避したジャパンカップ(この当時、ローテがきついからとJCは強スルーされる事が多かったのだ)では日本1番人気に支持される。

ところが、どうした事かこのレース。まるっきり走る気がない感じで13着。直線。シングスピールファビラスラフィンが壮絶な叩き合いを演じる中、故障したかのように下がって行くバブルを見て「????」とファンは疑問で一杯になったのだった。

藤沢師も岡部騎手も甚大なショックを受けたらしく「バブルは故障ですか?」と聞かれた岡部騎手は「壊れたのはの頭だよ!」と吐き捨てた。藤沢師が膨らませていた海外遠征の夢もバチンと弾けたのだった。

立て直しを図るべく休養したバブルガムフェローだったが壊れた頭だか歯車だかは戻らない。復帰戦の鳴尾記念では格下相手に勝ったが、宝塚記念ではマーベラスサンデー悲願のG1制覇の二着。典的な引き立て役に終わる。

を迎えて毎日王冠勝利。ようやく復調か?と期待させた。

天皇賞(秋)。去年勝ったこのレースならと1番人気に推される。このレースには17年ぶり制覇を狙うエアグルーヴが出走してきていた。最近がくそ強いので信じられないかもしれないが「には埋められない実差がある」なんて言われていて、エアグルーヴの勝ちは薄いと見られていた。

しかしレースではサイレンススズカ完成前)の大逃げを、ほんの少しめに捕まえに行ったのが裏全にバブルマークだったエアグルーヴとは思えないど迫な末脚に屈して2着。17年ぶりの大快挙に沸く東京競馬場の中で、史上初の天皇賞(秋)連覇の夢を僅かに逃した事をってくれる人はもいなかった。ちなみに、1番人気連敗阻止も後少しだったのに。

ジャパンカップでは今度はエアグルーヴマークして、狙い済まして追い込んだのだが、エアグルーヴに届かず勝ったピルサドスキーにも差され3着。ここでは引き立て役にもならなかった。

この後、脚に炎症が見られるという事で、バブルガムフェローはそのまま引退した。3歳には限とも思われたバブルの夢はすっかり弾けてしまい。実の底が見えてしまった感がどうしても漂う、寂しい引退であった。

3歳で天皇賞(秋)を勝つということは、その当時は考えられない事だと思われており、その後もシンボリクリスエスしか達成していない事を考えると、バブルガムフェローが勝利した間に当時のファンが新時代の王者誕生を幻視したとしても理はいだろう。次のJCであっという間に消えちゃったけど。本当に驚くべき勝利だったのだ。

ただ、そのではサクラローレルの、宝塚記念ではマーベラスサンデーの、4歳時ではエアグルーヴの、それぞれ手な物語まれてしまった。おかげで1995~7年の間、間違いなく競馬界の中心にいたの一頭でありながら、どうも役をれなかった感が否めない。

このが古になってからあまり伸びなかったせいで「サンデーサイレンス産駒って3歳でお終いなんじゃね?」とサンデーの弱点をどうしても見つけたい連中に言われちゃう事になる。まぁ、そんなススズとかステゴとかスペシャルとかゼンノロとかが出てきて膚なきまでに消え去る事になるんだけども。

引退後は種となったのだが、ダート戦線で活躍するを出したに留まる。この親父に勝てなかったくちだなぁ。

2010年死亡。残念だが系は消えてしまうようだ。としてあの品の良い体を伝えて欲しいものである。
ただ、彼が1歳上のジェニュインに続いて取った3歳での挑戦ローテは、菊花賞では長いけれど…という中距離でのスピードが信条であるの将来を大きく切り拓くものであった。 
藤澤厩舎の後輩シンボリクリスエスフェノーメノカレンブラックヒル、やはり後輩のコディーノがこのを行く。ジェニュインと彼が拓いた邪は、今となっては一つの王道となって残っている。 

鳴尾記念の時、からをきっちり差し切って勝った姿が、笑えたせいかなんか一番印に残っている。

関連動画


関連商品

バブルガムフェローに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

バブルガムフェローに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/08/15(月) 23:53:28 ID: XHx846LIX3

    >種
    シャ、シャトル先のオセアニアではG1出してるし

  • 8ななしのよっしん

    2018/06/11(月) 22:32:18 ID: 025IlEfT52

    最近はですら地方でしか見ないねえ

  • 9ななしのよっしん

    2019/06/27(木) 04:03:40 ID: jSc2/+e8xR

    実は中央での産駒勝利数はサッカーボーイメジロライアンより多かったりする
    しかし活躍した感があまりないのは重賞産駒数が極端に少なかったからか

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP