今注目のニュース
幻のダズル迷彩を車輪モチーフでアレンジした、ナリフリらしい新コレクション登場。
エリート球児だった46歳議員秘書と妻の離婚…選挙を通して見えた職業ゆえの特殊性
日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者

バリアン世界単語

バリアンセカイ

掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バリアン世界とは、アニメ遊戯王ZEXAL」の舞台となっている、架世界

概要

遊馬達の住む人間界よりも高度な技術を持つ世界Dr.フェイカーく「アストラル世界と同じく高次元に存在し、実体を持たない一種のエネルギー世界」とされている。
を基調としたアストラル世界とは逆に、こちらはが基調の世界観となっており、また遊馬たちの住まう世界と同じようにが降っていたり悪意)が存在したりするという共通点もあるようだ。(アストラル世界の描写が少ないだけかもしれないが。)

次元の違うアストラル世界とは数千年以前から争いがあり、過去の戦いではバリアン世界側のドン・サウザンドアストラルに敗れ封印されていたとされる。

人間界の各地にこの世界への特定の周期で開いているが、開門には2つの魂を生贄にしなければならないらしい。かつてDr.フェイカーが、息子ハルトを救うために遊馬九十九一馬と親友・バイロンアークライトを生贄にげ、バリアン世界への門を開いた。その後フェイカーは、ハルトを救う異世界科学技術と引き換えに、アストラル世界を滅ぼすという契約を交わしたことで全てが始まった。
ちなみにこの技術、カイトフォトンチェンジシステムカイトの使用カードにも用いられていたり(バリアン七皇達の変身機構が、この機構のオリジナルと思われる)、オービタル7の動「バリアライト」もこの世界の産物である。
特に後者に関しては、人間に限りなく近い思考を持たせたり時間の経過を著しく遅らせたり、を飛行したり戦闘形態へ変形する機まであったりと万ぶりを示している。

一方、生贄にされたバイロントロンとして子供の姿で生還し息子達の元へ帰り着いたのも、バリアン世界の添えであるらしい。この際、ナンバーズを御するのみならずリアルファイト洗脳など様々なをもたらすチート『紋章』も身につけており、後に3人の息子達もこのを行使している。
しかしバリアン世界が舞台として登場するようになった現在も、バイロンとバリアン世界(七皇?)との間で何があったのか、及びこの紋章にまつわる詳細(に与えられたなのか、など)はられていない。 

この世界の住人は遊馬達とは違い独特な姿を持っており、RUM-バリアンズ・フォースを使う為に必要な形態でもある。しかし、その姿は人間界では維持できず、人間と同じ姿に変化してしまう欠点を抱えていた。その為、人間界への侵攻はDr.フェイカートロンによる協という形で行われていたものの、二人の離反により計画を大幅に修正し、七皇のメンバーの1人であるギラグを送り込む事になった。
ちなみに、バリアン七皇の名前はそれぞれ、北斗七星の名前から由来している。
ドルベ:ドゥーベ(α)、ギラグメラクβ)、ミザエル:ミザール(ζ)、アリトアリオト(ε)、ベクター:フェクダ(γ)、メラグメグレズδ)、ナッシュベネトナシュ(η))

その後、人間世界伝説ナンバーズが眠る各地の遺跡へ舞台が移っていくと、バリアン世界の住人達の正体が「人間時代に非業の死を遂げた」人間がバリアン世界にて精生命体として転生した姿であるという説が浮上してきた。七皇の面々が遺跡へ立ち入るとの記憶がフラッシュバックする描写といい、ナンバーズの番人たちがバリアン七皇とそれぞれ深い関係にある事をめかしたりしているため、おそらくはこの説が濃厚だろう。
ドルベ達の元からメラグナッシュ然と姿を消したことに関しては、109話でドン・サウザンドが「ベクターが2人を殺した」と発言しているのだが、一体3者の間で何があったのかはこちらも判明していない。  

更に118話にてアストラル世界の住人であるエナからバリアン世界の正体が判明する。
バリアン世界とはアストラル世界から排除されたカオス(感情)を持つ住人を追いやって生まれた世界である。これに、人間だった頃のナッシュベクターとの戦争で死んだ人々の魂が加わった事で巨大化し発展した。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP