バルタン星人単語

バルタンセイジン

  • 11
  • 0
掲示板をみる(239)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バルタン星人 バルたん。

バルタン星人とは、ウルトラ怪獣の一人である。
別名宇宙忍者」。

概要

ウルトラマンの第二話にて初登場。
鋏状の両腕と「フォッフォッフォッフォ」という笑いが特徴で、幻分身の術等等を得意とする。
作品によって異なるが、初代の時点では人間の言葉を話す事ができず、アラシ隊員の髄を借りてハヤタ隊員やイデ隊員と会話をしていた。また、その会話において「生命」の概念を理解できなかった事から、地球人とはまるで異なる生命観を持っていると思われる。(但し、後述の大量虐殺をきっかけにウルトラマンを憎んでいるようではある)

バルタン星人が苦手とする物は、スペシウムであり、火星にはそれが存在する為に移住が不可能とされていた。ウルトラマンスペシウム光線もバルタン星人に使用した時に初めて命名された技である。

当初は地球侵略ではなく、自身のを失った為、地球に移住しようと考えており、ハヤタ隊員も最初は「地球習、風俗染むのであればそれも可だ」と言っていたが、バルタン星人は二十億三千万人居る事が判明、更にバルタン星人が交渉を一方的打ち切り宣戦布告をした為に戦う事になる。

ウルトラマンはバルタン星人を撃破した後、残りのバルタン星人の円盤を見つけ、スペシウム光線で破壊。まだ何の罪もないのバルタン星人の故郷を失った仲間二十億三千万人が一度にウルトラ大量虐殺された事になる。
これが後の復讐のきっかけとなるが全滅したわけではなく、生き残りも居て惑星Rというを見つけ、そこを新しいとした。
このような経緯から、ウルトラマンの行動を責めたり、バルタン星人を被害者とする意見も多いが、前述の通り交渉を蹴ったり、自分達が住めるを見つけてもウルトラマンへの復讐だけでなく地球侵略的とした行動を行っている辺り、決して単純な被害者といえるような存在ではない。

その後もウルトラシリーズにおいて、設定を変えながら幾度と地球に来る事となり、ウルトラマン名物となっている。デザインにもシリーズによって微妙に異なり、例えばパワードのバルタン星人は鋏が細長くった形をしており、80ではブタ鼻になっている。

特撮作品においては、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でウルトラマンべリアルに操られる怪獣軍団の一体として登場したのが最後の出番となっている。TVシリーズでは『ウルトラマンマックス』に登場したのが最新であり、ウルトラ科学全に上回るチートダークバルタン、人間態がまさかの魔法少女(男の娘)であるタイニーバルタンとして登場している。

M78シリーズ前日談となる漫画ウルトラマンSTORY0」においては、非な生体実験を行う種族であり、全員が一つの思考を共有する存在として登場した。つまり、一人のバルタン星人が地球を自分のモノにしようと考えたのならば、残りの二十億すべてのバルタン星人も同じ事を考えるのだ。やや後付的ではあるものの、ウルトラマンの大虐殺も仕方がかったといえるのかもしれない。
そもそも、宇宙中で怪獣が暴れるようになったのも間接的とは言えバルタン星人のせいとされている。ただし、あくまで円谷プロの監修作品であり公式作品ではないことと、世界観はこの作品独自の物であることに注意する必要がある。

関連キャラクター

バルタン星人の着ぐるみは元々ウルトラQに登場したセミ人間の物を流用し、手を加えた物である。セミ人間はバルタン星人から頭部とはさみを取った姿をしており、ロボット怪獣ガラモンを操っていた。
人間の姿に変身していたが、特にこれと言った技は使っておらず、最後は仲間宇宙船に焼かれて死亡した。

因みにセミ人間が操っていたガラモンもバルタン星人と同じく、ピグモン着ぐるみに流用されている。
ウルトラQ dark fantasyでは、セミ女が登場し、人間時は全裸でセクシー女性の姿をしていた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/30(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/30(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP