今注目のニュース
ファミマがファイナルファンタジーとコラボ、モーグリの顔みたいな「モーグリまん」登場
台風19号被災地で詐欺発生 市職員名乗り家屋片付けの手数料要求、福島県相馬市が注意呼びかけ
お湯をかけても、そのままでも 耐熱カップ入りの「じゃが湯りこ」10月21日より順次発売

バンカーバスター単語

バンカーバスター

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バンカーバスターとは、地面に突入して地中で炸裂する地中貫通爆弾の総称である。

第二次世界大戦

この種の爆弾が登場し始めたのは第二次世界大戦のころ。当時のドイツ軍Uボート基地の上に「ブンカー」と呼ばれる厚さ5mものコンクリート製の巨大な屋根を築いて連合軍の爆撃をほぼシャットアウトしていた。そこでイギリス軍の変態紳士達はなんとかこれをぶち抜こうと様々な趣向をこらした装甲貫通爆弾を考えだした。

まず軍が造り出したのは5トン爆弾トールボーイ」と、“地震爆弾”の異名を持つ「グランドラム」10トン爆弾というほぼ同の涙滴爆弾であった。両者はその硬い装甲と音速をえる落下速度で地面やコンクリートを容易にぶち抜く怪物爆弾であった。

…が、ここはさすが紳士。特に10トン爆弾グランドラムにはるべきエピソードが尽きない。まず生産が大変。コイツの全長は7.7m。その巨体に炸を詰めるのが大変で、熱して溶かした炸バケツリレーで流し込み、冷えて固まるまで一ヶを要したため生産性は悪かった。そして作戦には魔改造して機体一杯に弾倉を広げたランカスターを用いたが、生産数が少なかったので投下に失敗した際は基地まで持って帰ることになっていた。

グランドラムの威は絶大で、分厚いブンカーを貫通してその下の地面に突入した、を狙って投下したものがかなりずれて落下してしまったが、炸裂による地震標のも破壊された、などすさまじい戦果が残っている。ただ不発も多かったらしく、炸の炸裂よりも10トンの塊が落下したことによる被害のほうが大きかったらしい。

余談だが、もし日本が降伏しなかった場合はグランドラム海底関門トンネルを破壊したり、米軍グランドラムをさらに大化した20トン爆弾クラウドメイカー」を戦線投入したとも言われている。

もう一つ、イギリス海軍トールボーイグランドラムとは別の地中貫通爆弾を投入していた。両者は命中率が悪かったのでその辺りを善した爆弾を新たに開発したのだ。ディズニー制作の戦意高揚映画を参考に開発されたため「ディズニーボム」と呼ばれるそれは重量こそ2トンと小ぶりだが、細長い弾体とロケットによる加速で装甲標を確実に貫通できるものになっていた。前二者よりも生産性が高い上に不発が少なかったのでこちらのほうがより多くのUボート基地を破壊することができたようだ。

湾岸戦争

1991年湾岸戦争多国籍軍の中心アメリカ軍イラク軍施設の攻略に頭を悩ませていた。これらのほとんどは深い地中に作られ、中には核兵器の影も及ばない地下100mのものまであったからだ。核兵器に頼り気味で地中貫通爆弾の開発を怠っていたアメリカ軍は、使いふるしの203mm榴弾身を流用してわずか一ヶで一般にバンカーバスターとして知られるGBU-28「ディープ・スロート」を開発した。全長5.66m、直径14.5cm、重量5000ポンド(約2.3トン)。厚さ4mのコンクリートを貫けるレーザー誘導爆弾であった。…だが、完成した時にはすでに戦況は多国籍軍の圧倒的優位となってしまったため、使用されたのはF-111によるわずか2発だけだった。GBU-28はその後も生産されたが、F-111が退役したため現在F-15E専用となっている(一応B-2にも搭載できる)。

課題

完成したGBU-28であったが、標であった深さ100mの施設を破壊するには遠く至らなかった。米軍核弾頭搭載のバンカーバスターであるB61を開発したが、核を持ってしても深さ100mはまさに難攻不落であった。そこで米軍は地下深くまで自ら掘削する爆弾を試作してテストを繰り返した。その中には先端に削岩機のような高速振動する楔を取り付けたり高速回転により地中にねじ込まれる文字通りの「ドリルミサイル」もあったが、それでも地下100mには届くことはなかった。さらには開発中に別の問題も生じた。爆弾の貫を上げるには爆弾を細く長くする必要があるのだが、そうすると今度は搭載炸が減ってしまって施設を破壊するには至らなくなってしまうのだ。最終的に米軍は貫よりも破壊優先の方向で妥協し、現在30000ポンド(13.6トン)の地中貫通爆弾MOP(Massive Ordnance Penetrator)を開発中である。

宇宙兵器「神の杖」

その一方で炸を積むのを諦め。落下の運動エネルギーのみで地下100mの施設を直接破壊しようというプランも存在する。「」の通称で知られる「運動エネルギー爆撃」だ。

これは衛星上にあらかじめ全長6m、直径30cm、重量9トンタングステン製のを打ち上げ、標上で減速。マッハ10の猛スピード時に大気圏を突き抜けて地面に突。TNT12トン分の運動エネルギーで地下100mまで達して施設を直接破壊するというものだ。…だが、ICBM以上の命中精度で施設にピンポイントで落下させねばならないなど課題も多い。

関連動画

関連商品

バンカーバスターに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP