バンコク単語

バンコク

3.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バンコク(Bangkok)とは、東南アジアタイランド首都名である。ただし、行政首都府であるため、バンコクではなくバンコク都として扱うのが正しい。

概要

バンコクはタイ首都として東京と同等程度の発展を遂げており、いまや発展途上国とはいえない先進国の先進都市である。日本タイの間には深い交があり、一度だけタイ国王のプミポン王が来日したことがある。

タイのバンコクと日本には多くの航空会社が直行便を就航しており、成田空港からのおよその飛行時間は6~7時間。また、タイは年間を通して航空券の価格が一定であることから、多くの旅行者がタイ航空券を購入している。

また、『インターニュース』の調べによると、タイのバンコクはアジア最大の違法ゲームコピー市場があり、ゲームメーカーは多くの損失を生んでいるという。どんなに最新のゲームソフトでも、300~600円で購入できてしまうからだ。

都内の様子

都内に50の区があり、面積東京都よりもやや小さい。

チャオプラヤーを挟んで東側と西側では大きく様相が異なる。一般的に観光客が訪れるのは東側であり、行政観光等はこちら側に集中する。一方、西側は住宅地が広がり、また路が充実している。元々、このエリアは近年までバンコクとは別の自治体であった事から開発に差が出ており、古き良き時代のバンコクの名残が漂っている。

熱帯地域なので1年を通して暑く、またスコールも多い。しかし、抜が低い事や下が整備されていないのでちょっとしたスコールですぐに没してしまう。

主な観光スポット(抜粋)

都内の交通

都内の交通流はバスであり、バンコク大量交通社と言われる公営バス民間バスが都内をくまなくカバーしている。なお、一部で都バスと表記されているが都が体ではなく、体なので厳密には正しくはない。路線によっては終運転の区間もあり、また最安値の場合は均一料エアコンなしで7バーツ、日本円で約20円前後となっている。路線によってはエアコン付きの路線もあり、その場合は距離制の運賃となる。時に東京の某バス会社の事をトロピカルと言うが、本場の運転は流石であり、立ち席の場合はしっかりとつかまっていないとすっ転んでしまう事があるので注意されたし。

観光客がに使う手段としてはタクシーの方が多く、日本と同じようにメーター付きがほとんどであるが、ごくまれに交渉式のものが存在する。日本のように自動ではなく手で開ける方式である。初乗り35バーツと日本べても非常に廉価である。例によって運転は荒く、またを詳しく知らない者もいたりでサービスの質にばらつきが見られる。またメーターに細工をしている者もおり、日本の感覚では違和感を覚える事もある。三輪タクシートゥクトゥクは既に交通流としては第一線を退いており、観光客相手や家電のようにかさばる物やドリアンなどの匂いのきつい果類などを運ぶ用途が多い。こちらはすべて交渉制であり、うまい事交渉しないと吹っ掛けられる事がある。と言っても、日本円に直せばタクシー初乗りにも満たないケースがほとんどなわけだが。むしろ、おかしな所に連れて行かれる事がしばしばあるので、しっかりと意思表示をする事が大切である。

鉄道に関しては1990年後半までは国鉄のみと言う状況であり、定時性・ネットワークの面では非常に不利であった。そこで1997年に高架式鉄道BTSが開業した。幹線道路に沿って走るこの路線は初乗りが20バーツからと当時のバンコク都民の所得から見れば割高な運賃が災いして、当初は乗率が悪かったが、近年は所得が増えた事や渋滞とは縁かつエアコンが付いていると言う事で時間帯によっては日本のラッシュ並みの乗率を誇る時もある。また2004年には地下鉄が開業した。バンコクは湿地帯の為、地下鉄の建設には並々ならぬ苦労があったが、それを乗り越えて開通した地下鉄も大入り満員の時間帯もあり、活況を見せている。このほか、エアポートレールリンクやダークレッドラインと言った鉄道網が開業し、また地下鉄新交通システムの整備が進んで、都内は鉄道が整備されつつあり、かつての国鉄だけと言われた時代からすれば大きく様変わりしている。

渋滞

バンコクと言えば渋滞首都高や環八の渋滞な状況である。

これにはいくつかの原因があり、計画的でない道路建設や滅な運転、側があまり多くなく、に入ってもドン突きばかりで抜けもあまり出来ない事、不適切な信号管制等があげられる。でも降ろうものならもはや10分程度の距離が1時間かかったでござる、の巻はしばしばである。

名称

バンコクとは通称であり、儀式的な正式名称は『クルンテープマハーナコーン アモーラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤー マハーディロックポップ ノッパラットラーチャターニーブリロムドムラーチャニウェートマハーサターン アモーンピマーンアワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット』で、和訳すると、『インドがヴィシュヌカルマに命じてお作りになった、が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、インド戦争のない平和な、インドの不滅の宝石のような、偉大な天使の都』となる。

タイ語では「กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตนราชธานีบูรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์」と表記するが、言うまでもなく長すぎるのでニュースナンバーなどでは「クルンテープ・マハーナコーン(กรุงเทพมหานคร)」というのが一般的である。もっと短く称する場合は「กทม」とタクシーなどでは表記される。

詳しくは記事「バンコクの正式名称」を参照。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/02(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/02(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP