今注目のニュース
シャチが長生きするのは「孫のため」だった
のんが語る、女優への“欲求” 「演技は一番自信のあること」
家の掃除はこまめにしている? 男女では傾向に違いも…

バンデット・キース単語

トムニマケタヒト

  • 5
  • 0
掲示板をみる(132)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バンデット・キースとは、遊戯王の登場人物。元全チャンピオンデュエリスト星条旗のバンダナサングラストレードマークフルネームは「キース・ハワード」。

CV:駒田はじめ

概要

全米チャンピオン時代

かつて全チャンプとしてその名をかせ、不敗伝説を打ち立てたデュエリスト。一流のカードプロフェッサーとして数々の賞を掻っ攫ってきた経歴から、盗賊を意味する「バンデット・キース」という通り名で呼ばれるようになる。

この為、アメリカにおける影・知名度は群を抜いて高く、まさにカリスマと呼ぶに相応しい存在感を放っていた。創造であるペガサス・J・クロフォードと共にアメリカデュエリストレベルにまで影を与えていた事は、ゲーム版(GBA8 ~破滅の大邪神~)におけるレベッカ・ホプキンス言で確認できる。

そんな彼にも暗黒時代が訪れる。全一の実をつけたキースは、ニューヨーク -デュエルスタジアム -を舞台に、永遠敗の王者としても知られるペガサスデュエルを挑む。全チャンピオンVS永遠敗の王者という歴史一騎打ちは全に生中継され、全中の少年たちを集める程の大イベントとなった。しかし、ペガサス初心者デュエリスト少年トムとのデュエルを促され、まさかの敗を喫する。この敗北間をペガサスマジック&ウィザーズコマーシャルとして仕立て上げ、彼の名・地位・そしてデュエリストとしてのプライドを崩落させた。その裏でペガサスの千年眼のが働いていた事など、当のキースは知る由もない。

この事件を契機にキースは長きに渡ってデュエル界から姿を消し、消息を絶つ事となる。の噂によればキース麻薬に溺れ、やがて危険なギャンブルにまで手を染めて、身を破滅させていったという。(ペガサス談)

この"危険なギャンブル"が如何なるものであったかは不明だが、"札束が積まれた机を前に椅子かけ、を持ち、汗とを垂らして瞳孔が開ききっているキースが、リボルバー口をこめかみに突き付けている"過去の描写がある。(前には肩のが抜けた人影がある)この事から、ロシアンルーレットじていたであろう事が推測されるが、明言はされていない。(ただし、行っていたであろう事を匂わす台詞や描写は幾つかある。)

そのあまりにえげつない描写から、アニメ版ではカットされ、"落ちぶれたキース場らしき場所でデュエルじ、を稼いでいる"シーンに差し替えられた。

デュエリスト・キングダム時代

ド素人のガキトム)に敗北させられ、デュエル界から追いやられたキースは、どん底の生活の中でペガサスを倒す事こそ、この地獄から抜け出す一の方法であると考えるに至る。デュエリストキングダムが開催されるや否や密航を開始。自分を慕う三人組を率い、ようやく彼の復讐劇が始まる。

元々密航者であるキースにとって王ルールなど眼中になく、様々な不法手段によって決勝選出にまで上り詰める。しかしまたしてもド素人のガキ城之内)に敗。こればかりは実差なので言い訳が通用せず、ペガサス理やりにでも復讐を遂げようとするも、逆に千年眼のによって処刑されてしまう。

ペガサスく、「デュエリストマインドを失ったから」との事だが、チート常習犯のペガサスに言えた事ではない。

アニメ版では落とし穴に引っかかり、に放り出されてしまう。あんなのどん中に放り出されるぐらいなら、処刑された方がマシに違いない。しかし、彼の悪運はここに尽きず、周辺をしていたグールズの船に拾われる事となる。

切り札は「リボルバー・ドラゴン」。ロシアンルーレットじていたであろうキース暗黒時代徴する、悪極まりないモンスターである。しかしアニメ版では上記のエピソード規制された為、キースとの関連性が解かり辛くなった。

バトルシティ時代(アニメ)

グールズに助けられたキースだったが、武藤遊戯のもう一つの人格を引き出す為の駒としてマリク洗脳され、利用されてしまう。十八番の機械戦術で遊戯を苦しめるも、感情的になったマリクのせいでレアカードばかりに頼る醜態をす破に。この事件でマリク洗脳に抗いながら、行方不明となる。この一件がなければ、後々KCグランプリ編あたりで、現全チャンプのレベッカへの挑戦者として登場できたかも知れない。

ちなみにレベッカとは面識があるらしいが、彼女に「武藤双六アーサー・ホプキンスから青眼の白龍を奪い取った」などとよからぬを吹き込み、一騒動を起こす原因となった。キースが何故そのようなをついたのかはである。

遊戯王R

デュエリストキングダム編で命を落としたキースであったが、ペガサスの養子の一人、天馬夜行によるペガサス生の為の計画、R・A計画(Rebirth of Avatar)の実験体に選ばれ、復活を遂げる。彼から邪神カードを託され、カードプロフェッサーとして全から同業者を招集し、彼の計画を影ながら支え暗躍する。だが、彼の的は城之内への復讐にあり、それを実行に移す為に天馬を利用していたに過ぎない。ペガサスの死の原因が遊戯にあるとを吹き込み、一連の事件を引き起こすきっかけともなった。

本来はペガサスへの復讐論んでいたが、既に死亡していた為に断念。彼との決着は遂にう事はなかった。

ゲーム版

原作要な敵キャラクターであった為、DM舞台としたゲーム作品にはほぼ全て登場している。

GB1、2(闇界決闘記)、PSソフト封印されし記憶」では一般デュエリストとして登場。

GB4(最強決闘者戦記)、GBA6(エキスパート2)では隠しキャラ扱いとなっており、特定の手順を踏まないと戦えない。

GBA7(決闘都市伝説)ではグールズとして登場。マリク洗脳されており、彼を「ペガサス以上に恐ろしい人物」と崇拝している。イベントでは、インセクター羽蛾デュエルを行い勝利。「元全日チャンプなど、赤子の手をひねるようなもの」と言い捨てる。

GBA8(破滅の大邪神)では、バトルティ終結後のグールズを乗っ取りネオグールズとして旗揚げし、世界を股にかける組織の首領となる。このゲームでは特にグールズとしての一面が強調されているが、これはおそらく、全盛期に盗賊とあだ名されたキースが、実際に盗賊行為を行っているグールズとなった事が妙にマッチしていたからだろう。千年ロッドを利用しなければろくに部下も集まらず、利用する事もできないマリクとは違って、かつてのグールメンバーが集っている点は、彼のカリスマ性を感じさせる。

DSソフトナイトメア トラドール」ではペガサスの部下として登場。ペガサスに畏怖し、敬語で接するなど情けない姿を見せてくれる。しかも、このゲームではデュエリスト大会(ビギナーズカップ)の商品を盗んでいくという形で初登場する。かつての賞王が商品泥棒をしでかすとは皮な話である。(一連の不可解な描写にはきちんとした理由はあるのだが、それは後々明らかとなる。)終盤では闇のデュエリストとしてマップ。遭遇すると闇のゲーム(負けるとゲームオーバ)を仕掛けてくる。

PS2「継承されし記憶」では白薔の一員として登場。外国人キャラクターであった為か、名前の変は行われていない。白薔だけに衣装を身にまとっている。

GB3(三神降臨)、GBA5(エキスパート1)には未登場。PSPソフトタッグフォース スペシャル」ではイベント限定の登場となり、デュエルする事はできない。(実質未登場。なお細やかなグラフィックだけはなぜか用意されていた。)

余談

遊戯王初の機械デッキの使い手。そして機械族というジャンルを誕生・定着させた功労者でもある。それまでは神話・伝承を基にしたモンスター流であったが、「振り子拷問機械」や「TM-1ランチャースパイダー」の登場によって流れは一変。以降、長きに渡って機械族は登場し、多くのデュエリストの間で用される事となる。OCG界においては彼の使用するカードリボルバー・ドラゴン」や「スフィアボム 球体時限爆弾」は特に人気・評価が高く、用するデュエリストも少なくない。最近ではリボルバー・ドラゴンモンスター三種(ツインバレル、ブローバックガトリングドラゴン)が登場しており、いかに高い評価を受けているかが分かる。なお、DUEL TERMINALではキースがこれらを使用(ガトリングドラゴンを除く)。更には専用ボイスつきと異例の好待遇となっている。

ニコニコ動画では「トムに負けた人」、YouTube等では「IN AMERICA」と呼ばれ、ネタキャラとして定着している。前者においては全チャンプの実がありながら、あまりにもあっけなくトムに負けた事、そのトムニコニコ動画においてネタキャラ・ある種のカテゴリーとして確立している事が考えられる。後者LittleKuriboh製作遊戯王要約シリーズにおける彼の口癖(IN AMERICA)から、この作品における彼は、やたらとアメリカ人である事をアピールする似非アメリカ人として描かれている。

使用カード

使用する機械モンスターは耐魔法装甲を備えたフルメタ仕様となっており、魔法攻撃を一切受け付けない。

火力モンスターによって場を制圧する、典的な「ビートダウン」を用いる。また、戦況に応じて「メタル化・魔法反射装甲」や「時の機械 -タイムマシーン」「スフィアボム -球体時限爆弾」等のトリッキーカードを用いるなど、攻守に優れた戦術を見せる。その反面、高火力モンスター依存した突猛進な傾向も見られ、城之内とのデュエルでは「落とし穴」や「鎖付きブーメラン」によって形成逆転を許してしまっている。

劇中のセリフによれば機械族の他、族・騎士族なども用いるようだ。アンデット族にも造詣が深く、下っ端のゴースト塚のゴーストデッキ良、アドバイスによって「リビングデッドの呼び声コンボ完成させ、城之内を苦戦させている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP