今注目のニュース
シマウマ、何頭? 富士サファリパークのクイズに目が回る人が続出
「ジョジョ」第34話、声優たちの入れ替わり演技に称賛の声「演技力の見せ所シーン」
自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)

バードン単語

バードン

掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「火山怪鳥 バードン」とは、特撮ドラマウルトラマンタロウ」及び、以降のウルトラシリーズに登場した怪獣である。

※尚、作中ではバードンと呼ばれずに、「火山怪鳥」、単に「」と呼ばれている他、OPクレジットでは”バートン”とクレジットされ、
18話~19話では別名が「火山怪獣」と表記されている。

概要

火山怪鳥 バードン
登場作品 ウルトラマンタロウ
登場エピソード 17話「2大怪獣タロウに迫る!」
第18話「ゾフィが死んだ! タロウも死んだ!」
第19話「ウルトラの母奇跡
身長 62メートル
体重 33,000トン

別名は「火山怪鳥」。獰猛な性格で、が好物である怪獣

武器は高熱火炎と鋭いクチバシによる攻撃。

大昔、「食葉怪獣ケムジラ」を絶滅させたと言われている。大熊山で長い間眠りについていたが、大熊山の火山活動に伴い、眠りから覚め、活動を再開。同時期に復活したケムジラの幼を喰いまくった。

ケムジラの幼の中で巨大化した個体とウルトラマンタロウの闘いの場に乱入し、タロウを鋭いクチバシで突き刺し、尽きさせた後はケムジラを惨殺し、捕食した後、飛び去っていった。(グロ注意

その後、毎度奇抜な作戦でお染みのZATモチ作戦にひっかかり捕捉されるが、何とか脱出。

倒されたタロウに次いで地球に来たゾフィーが立ち向かうが、Z線を物ともしないバードンは

逆に高熱火炎で「汚物は消毒だー!!」と言わんばかりに燃やし、大ダメージを与え、

余りの高温にゾフィーの頭部に火がされてしまう・・・・。フゥンッ!ヘッ!ミスターファイヤーヘッド

鋭いクチバシで何度も突き刺し、カラータイマーが点滅する間も与える事く絶命させ、バードンは飛び去っていく。

タロウはケムジラに苦戦しカラータイマーが点滅していた最中で倒されていたが、ゾフィーカラータイマーが点滅する間も殺されるという惨状である。

ひきこもりぃぃぃぃっ!!野ざらしゾフィー隊長

余りの惨劇にZAT隊員は「ひきこもりぃぃぃっ!ゾフィー!!」と絶叫。二週に渡り遺体が野しにされるという事態に。

バードンの最期

ZAT作戦によって好物のを隠されて、挙句に団地を襲って人を食べ始めるが、復活したタロウキングレスレットで強な攻撃手段の一つである鋭いクチバシを封じられ、分身攻撃で撹乱させられた後、大熊山の火口に突・落下し、火山の噴火に巻き込まれて死亡した。 

以降のウルトラシリーズに登場したバードン

ウルトラマンメビウス

第3話「ひとつきりの命」に登場。ドキュメントZATに記録が残っており、

宇宙恐竜ゼットン殺し屋超獣バラバと共に「ウルトラマンを殺した怪獣」という記録が強調されている。

ガールに呼び寄せられて、大熊山から出現したこの個体は、身長体重等の身体スペック、高熱火炎を吐く、鋭いクチバシで突き刺すといった攻撃方法は先代と同じであるが、

  • クチバシの横の袋に猛を蓄えている”という特性が新たに(後付で)設定された。
    • バードンの周囲の木を枯れさせる程の強い性を誇る。

クチバシで刺し、を注入する事により、メビウスを苦しめた。に侵されたメビウスは苦しみながらも奮闘。新たな脅威となったもGUYSの援護によって袋を撃たれ、効化される。最後はメビウスのメビュームシュートを受け、爆発四散した。

※バードンが爆発する際にキャプチャーキューブに閉じ込める事によりクチバシのが飛散して被害を与える事を防ぎ、爆発から守っている。

メビウスに登場したバードンは以降のエピソードにも度々登場しており、

ウルトラゾーン

第10、11話内の特撮ドラマ「スフランの秘」に登場した。

フランに棲息する怪獣の1体。ケムジラの代わりに食べようとでも思ったのかバンピーラと戦闘を開始、途中でレッドキング乱入して来たため三つの戦いとなった。

3体でもつれあったまま対怪獣高性地雷の上に倒れ込んで爆発に巻き込まれるもその程度で死ぬバードンではなく、爆炎の中から元気な姿を見せた。

ウルトラマンエックス

第2話「可性のかたまり」に登場。

体内にを抱えており、産卵のために地上に出現。周辺の鉄塔や建造物を集めて巣をつくり、大量の生きた人間を(おそらく自分かヒナのための餌として)巣の中に閉じ込めていた。

新たな特性として、フクロウのように首が180度回るというトラウマ必至の描写が追加されている。

な攻撃でエックスを追い詰めるも、グルマン博士の機転でサイバーゴモラエックス合体させることで誕生した「ゴモラアーマー」ので一気に逆転され、最後はゴモラ振動を浴びて爆散、を抱えたままスパークドールズ化する。いつか人間との共存が実現し本来の姿に戻せる時が来るまで、バードンのスパークドールズは厳重に管理されることとなる。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP