今注目のニュース
「笑いすぎて死にそう」「人生最高の面白ネタ」 いびき・寝言録音アプリに録音された謎の音
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
Google Mapsで迷子が続出。イタリアのとある街で事件が多発中

バ美肉単語

バビニク

掲示板をみる(198)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バ美肉とは、「バーチャル美少女受肉」あるいは「バーチャル美少女セルフ受」の略である。バーチャル美少女として受することをす。

概要

基本的に、「美少女3DCGモデルイラストアバター(依り代)として、VRChatなどのバーチャル間に顕現したり、Live2DFacerigなどの技術を用いてバーチャルYouTuberとして活動する」という意味で使われていることが多い。発生してさほど時間が経っていない造のためあまり確固たる定義はない。「美少女」ではなく「美少年」などでも成り立つであろう。

「受」とは元々は宗教で、キリスト教においてイエスの誕生を意味する。なぜこの言葉がこの界で使われるようになったかは不明。

バーチャルYouTuberVRChat人気を集めた2018年に、「バーチャルYouTuberになるため」「VRChatに参加するため」といった理由でバーチャル美少女として顕現する人々が増えたため、この言葉が生まれた。さらに具体的な初出情報は下記「初出」の節を参照されたい。

セルフ」と付いたときはイラストレーター3DCGデラーが自ら描いたイラストや自らが制作した3Dモデルアバターとしていることが多い。ただし当然、「セルフ(自作)でなければバ美肉ではない」というわけではない。バ美肉界の重要人物の一人と考えられる「みゅみゅ」氏も、自作キャラクターではなく「ニコニ立体ちゃん」の既存モデルを使用していることが多い。

「美」という言葉は「良質な食」という意味で使用されることがある(→北大路魯山人 フランス料理について - 青空文庫exit)。あるいは性的な意味合いをもって使用されることもある(→「官能小説」「美肉」で検索した結果へのリンクexit)(→吉川英治「私本太平記 婆娑羅帖」- 青空文庫exit)。しかし「バ美肉」の「美」は「少女」の略でしかなく、カニバリズム的な意味やセクシャルな意味は持たないので誤解なきよう。

バ美肉する人々の受前の姿はそれなりの年齢の男性、つまり「おじさん」であることが典的であるとされる。「バーチャル美少女受肉おじさん」「バ美肉おじさん」などと「おじさん」に繋げて使用されることも多い。これは有名なバ美肉おじさんたち、例えば「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」などからのイメージられている一面もあるだろう。だが「受に必要なソフトウェアや機材をえるためには、自分の収入がある社会人の方が有利である」という現実的な理由もある。ただしバーチャルYouTuberになるための無料ソフトウェアなども増えてきているため、今後は低年齢化も進むかもしれない。

バ美肉を成し遂げた者たちの中には、より美少女らしい立ち振る舞い(界では「kawaiiムーブ」と呼ばれる)の修行を始めたり、美少女を実現するために両声類ボイストレーニングあるいはボイスチェンジャーソフトの使用を試みたりなど、さらなるブラッシュアップす人々も居るようだ。

生用として「バ美活」(バビカツ!)なる言葉も生まれている。これは多くの場合は「バーチャル美少女活動」の略であり、バ美肉を成し遂げたのちにバーチャル美少女として活動していくことや、上記のように美少女としてのクオリティを高めるために努することなどをすようだ。また時には「バ美肉を達成するための努、試行錯誤」をして使われることもあるようで、これは「就職活動」の略である「就活」に類似した用法である。

初出

Twitterで「バ美肉」を検索すると、検索ヒットする「ツイート」内で最もく登場するのは2018年6月7日であり、「バ美肉おワ人狼」という形式で言及されている。これはU.M.E.Projectというニコニコミュニティオーナーukyo_rst、バ美肉先の名前は「魔王マグロナ」)が開催した「バーチャル美少女セルフ受おじさん女子会ワンナイト人狼」という催しの略称であり、2018年6月6日に開催され、ニコニコ生放送でも配信されたものである。

なお、省略しない「バーチャル美少女受肉」や「バーチャル美少女セルフ受」では上記の配信当日の2018年6月6日には言及されている。

さらに「美少女」をいた「バーチャル」という言葉は2018年2月2日には既に言及がある。

よって時系列的には「バーチャル」→「バーチャル美少女受肉」→「バ美肉」と発展したことになる。そして呂のよさから「バ美肉」が広まったということのようだ。

ちなみに、まだ「バ美肉」という略称が生まれる前の2018年5月に、漫画家の「リムコロ」氏とイラストレーターの「巻」氏によるバ美肉コンビ「りむとまき」により「バーチャル受肉布教」と銘打ったハウツー解説動画シリーズexitYouTube投稿開始されていた(その後、「バ美肉」という呼称が普及したことを受けてシリーズ/動画タイトルが「バ美肉布教」に変更されている)。この解説動画を受けてバ美肉を試みるユーザーが増え、そして上記の「バ美肉おワ人狼」の催しへと繋がったようである。そのため、この動画シリーズも「バ美肉」の言葉の成り立ちを考えるうえでは重要である。

バ美肉のホームグラウンドの一つである「VRChat」ではTwitterよりさらに古くから言及されていたという可性も皆無ではないが、これはログ開されているわけではないため、確認することは困難であろう。

海外関連

海外ではあまりこの概念は知られていない。本記事が作成された2018年7月の時点では、ピクシブ株式会社による創作関連メディアサイトpixivision」のとある記事の英語版が、英語で「バ美肉」について解説した一の文書だったようだ。

ただし同記事でも、「babiniku (バ美肉; a term that refers to someone who uses a beautiful girl as their digital avatar)」と英語での解説が入ってはいるものの、その記述は短い。

2018年12月には、英国公共放送BBC運営するニュースサイトBBC News」に掲載されたバーチャルYouTuberの特集記事において、「"Virtual-Bishoujyo-Juniku", or "virtual beautiful girl incarnation"」という表現でバ美肉について言及された。

これは日本初のVR専門ウェブメディアPANORA」の代表取締役社長である広田稔氏にインタビューした際に、広田氏が話題に出したためであるようだ。氏は歌舞伎の「女形」とバ美肉を較しつつったという。

海外ではVBImanと呼ばれているらしい」という情報が流れたことがある。これは「Virtual Bishojo Incarnating man」の略とのことで、incarnateは「受する」の意である。ただしこれは元情報を探ると「海外バーチャルYouTuberオタクの一人が「自分はそう呼んでいる」と発言した」という事例があっただけのようだ。Googleで「VBIman」や「Virtual Bishojo Incarnating man」を検索してもほとんど日本語ページでしか言及されていないため、「海外で広くこう呼ばれている」というわけではない。

関連動画

関連コミュニティ

「バ美肉」という略称系の初出と思われる「バ美肉おワ人狼バーチャル美少女セルフ受おじさん女子会ワンナイト人狼)」を開催したコミュニティ

YouTubeに「バ美肉布教シリーズ投稿した「りむとまき」の片方、「まき」である「巻」氏のコミュニティ

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP