パット・マルティーノ単語

パットマルティーノ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

パット・マルティーノPat Martino)とは、
1944年8月25日アメリカ合衆国ペンシルヴァニアフィラルフィア生まれのジャズギタリスト

本名はパット・アザーラ、ニックネームは”ザ・キッド

ウェス・モンゴメリーやジョニースミスジョン・コルトレーンからの言しており、8分音符16分音符からなるロングフレーズ強いピッキングで連続させる、いわゆる”マシンガン奏法”を武器とし、また、そのにおいてカリスマとまで称されるギタリストである。
その”マシンガン奏法”はスリリングかつポップグルーブな演奏を演出するだけでなく、「I Remeber Clifford」の名演に代表されるような泣かせる演出も万にこなすところがマルティーノの特徴といえる。泣きの王道テクであるチョーキングビブラートの使用は消極的ながら、ギター版”シーオブサウンド”といわれるほど音符が連なるフレーズを駆使して、リズムの変化とタメだけでジャズらしく泣かせる技術は、多くのマルティーノ信者を生み出すものの、他の追従をまったく許さなかったと言われ、純マルティーノのフォロワーというのは皆無に等しいと言われている。

概要

経歴

1944年8月25日アラブ系のイタリア系のの元に生まれる。
12歳の頃からギターを手にし、15歳で当時通っていた学校中退ニューヨークへと進出する。

1963年18歳でウィリスジャクソンアルバムに参加し、初録音を体験。
1967年23歳で初リーダー作『El Hombre』を発表。
1967年Strings』、68年『East!』、同じく68年『Baiyina』、70年『Desperado』を発表し、
プレスティッジ・レーベルに計5枚のリーダー作を残す。

1972年ブルストーン・レーベルから『The Visit』(のちにミューズレーベルから『Footprints』として再発)を発表。
その後、ミューズレーベル契約し、同年72年名盤『Live』を発表。これに収録されている”Sunny”は名演として名高い。
続けて1974年Consciousness』、76年『Exit』、同じく76年『We'll Be Together Again』を発表し
再発を含む計5枚のリーダー作をミューズレーベルに残す。

少し戻るが、1975年にはワーナー・ブラザーズとも契約しており、75年『Starbright』、76年『Joyous Lake』と
2作のフュージョン作品を発表している。

しかし、1976年ツアー中に意識を失うなど体に異常をきたし、療養のため活動を休止する。
1980年再び意識を失い、搬送先の病院脳腫瘍が発覚。この脳腫瘍の手術により記憶を失ってしまう。

1987年過酷なリハビリ生活を乗り越えライブ盤『The Return』をリリース奇跡復活を果たすも
89年90年と相次いで両を失ってしまい、本格的な復帰には至らなかった。

1994年The Maker』を発表、本格的な復帰を果たし、現在に至るまで精的に活動を進めている。

プレスティッジ・レーベル

ミューズ・レーベル

ワーナー・ブラザーズ

復帰後

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2009/11/22(日) 15:40:06 ID: QhdPZ/dLv0

    記事有ったのか作った人!!

    この人の経歴見てるとまさに不死鳥って言葉がしっくりくる。

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/04(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/04(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP