パネルクイズ アタック25単語

パネルクイズアタックニジュウゴ

6.1千文字の記事
掲示板をみる(110)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

パネルクイズ アタック25とは、毎週日曜日13:25~13:55にテレビ朝日系列の放送局にて放送されている大阪朝日放送テレビABCテレビ制作視聴者参加クイズ番組である。 

概要

1975年4月6日より放送開始以来、45年、週1回放送の番組ながら2000回以上続いている長寿番組である。一般には『アタック25』と呼ばれることが多く、更に略して『アタック』と呼ばれることもある。

1970年代には全盛だった視聴者参加で賞などが獲得できるクイズ番組はレギュラー放送するものが1980年代後半から急速に淘汰されたことで、全ネット視聴者参加クイズ番組は当番組しかないという時期が生じたことが何度もある。

現在会は2015年4月から務める俳優谷原章介、出題は加藤明子(ABCアナウンサー)。番組初期はパネルの表示を手動で操作するため、担当のアシスタント女性顔出しで起用していたが、1985年止されている。

初代会者として番組開始時から死去する2011年4月まで俳優児玉清が務めていた。
児玉清の36年間という在任期間は日本クイズ番組史上最も長い会在任記録であり、まさに「番組の顔」としてしまれていた。
2011年4月児玉清が体調不良のため番組を期限休養(実質的な降)をし、その代理として浦川泰幸(ABCアナウンサー)が会に就任。同年5月16日児玉清が逝去したため、浦川が正式な2代目会となり2015年3月までの4年間担当した。 

パソコンWindows 95/Macintosh)、プレイステーションおよびプレイステーション2でそれぞれゲーム化されており、ニコニコ動画ではこのゲームプレイ動画が多く見られる(出題は全作ともフルボイスで、PS2版以外は相馬美が担当)。ゲーム内のBGM効果音は基本的にテレビ番組のそれらを踏襲しているが、PS2版のみ海外旅行挑戦権クイズBGMが実際の番組と異なる。

ニコニコ動画では5×5の25マス分割された動画に対し、「アタック25」とコメントタグが付けられることがある。

ちなみに、テレビ朝日系列での前番組「東リクイズイエスノー」は当時近畿地区の系列局であった毎日放送製作であった。視聴率低迷に加え、ネットチェンジにより毎日放送テレビ朝日系列を離脱したために打ち切りとなったが、一社提供していた東洋リノリユーム(現・東リ)の要請により新たにテレビ朝日系列局となる朝日放送によって本番組が前番組と同じ制作された。なお、このJNN朝日放送が放映していた裏番組「家族そろって歌合戦」は、ネットチェンジにより同じ毎日放送が放映を継続することになった(ネットチェンジにより前朝日放送製作の「新婚さんいらっしゃい!」をテレビ朝日系列に奪われたことと本番組が裏となったことで視聴率が低下し、程なくして打ち切られた)。

2012年6月末日までの放送をもって、これまで「天才クイズ」(中部日本放送)が所持していた『日本最長寿クイズ番組』の称号がアタック25に移動した。
そして2015年4月に番組放送開始から40周年を迎え、日本クイズ番組史上未踏となる40年えという大台に乗った。 

ルール

簡潔に言うとクイズのある4色オセロである。赤・緑の4人の回答者が25枚のパネルに果敢にアタックする。

  1. 押しクイズを出題。
  2. 正解ならパネル(3.へ)、誤答なら二問の間『お立ち(問題に答えることが出来ない)』(1.へ)。なお、第1問のみ誤答のペナルティはなく、正解なら必ず中央の13番のパネルを獲得する。
  3. ネル定した場所から縦・横・斜めの直線上に自分の色のパネルがあれば、間にあるほかのパネルが自分の色に変わる。
    ※ 既に埋まっているパネルに隣接している場所しか定することが出来ず、且つ挟める場所があれば必ず挟まなければならない。挟めない場合でも、この次パネル定するときに挟むことが出来る場所でないと定できない。
  4. 残りパネルが5枚になるまで1~3を繰り返す
  5. 残りパネルが5枚になるとアタックチャンス。正解するとパネル定に加え、埋まっているパネルのうちどれか一つを空白にすることが出来る。空白になったパネル黄色で表示され、再び埋めることが出来るようになる。
  6. 25枚全てが埋まるまで再び1~3を繰り返す。ただし、用意した問題が全て消化された場合は全て埋まらなくても終了となる
  7. 最終的に埋まったパネルが一番多い選手が最終問題への挑戦権を獲得、同点の場合は1対1のプレーオフとなる
  8. 最終問題は人物当て、地名当てといった映像クイズ。ただし獲得したパネルの部分しか映像が見えない。見事正解すれば海外旅行獲得

基本は読み上げの押しクイズであるが、人物当てや映像を見て答える問題、音楽問題などの特殊問題も数問ある。

全パネル25枚を取るとパーフェクトとなる。パーフェクト達成には4隅(1番、5番、21番、25番)を全て獲得する事、最後のパネルを必ず獲得しないといけない事などから非常に難易度が高い。2009年に12人の達成者が現れたが、その前にパーフェクトが出たのは1998年の出来事で、それ以来11年間パーフェクトが出ていなかった。そして2015年10月4日の放送で13組(ペア大会)の達成者が出て、約6年ぶりのパーフェクトとなった。しかしその後もしばらくパーフェクトが出なかったが、2021年5月30日の放送で14人の達成者が出て、約5年半ぶりでまたパーフェクト賞が100万円に引き上げてから初のパーフェクトとなった。

クイズ荒し対策のため、1度出演するとチャンピオン大会を除き、以後5年間出場権がくなる。

パネル

スタジオには5×5に区切られたに1~25まで番号が付いた巨大なボードが設置されており、これを使って番組が進行される。この25のを「パネル」と呼び、電赤・緑黄色が表示できる。放送開始当初はまだ庭に白黒テレビが現役で残っているところもあり(白黒では色の違いがわからない)、カラー表示のパネル製作費も高額であったことから、1970年代半ばにおいてこの企画は冒険であったという。このパネルは本戦のオセロだけでなく、旅行獲得を賭けた最終問題ではクロマキー技術で優勝者の獲得パネルだけヒント映像を合成してそれが何かを問うという新な手法が取られた。
放送上では1995年途中からCGで作成されたパネルを表示することが基本となり、会が浦川泰幸アナに交代したのちに行われた2012年スタジオフルリニューアルを機に番組では登場しなくなったが、現在も放送には映らない回答者席の向い側にこのパネルが設置されており、回答者はそのパネルを見ながら獲得パネル定している。

賞金・賞品

優勝できなくてもパネル獲得枚数により賞が出る。最初期は1枚2000円であったが、4000円、6000円、8000円と段階的に引き上げとなり、1988年より1万円となる。なお、2019年11月以降、番組公式サイト上ではパネル獲得数に応じた賞が出ることだけが記載され単価が発表されなくなったため、減額されたとの説がある。

パーフェクトを達成すると番組スタート時から変わらず賞に50万円にアップしていたが、2019年11月からは100万円に増額された。このほかギャラとして5000円大阪にある朝日放送までの交通費と宿泊費が支給される。

海外旅行は放送開始当初から20年以上エールフランスが協タイアップ)していたため、「エールフランスで行くパリ旅行」というイメージが強かったが、アメリカ旅行地中海クルーズ旅行ハワイ・オアフペア6日間のを経て、現在沖縄宮古島 ペア2泊3日のとなっている。

優勝者には賞とは別にトップ賞として総額20万円相当の副賞がプレゼントされる。優勝を逃した参加者にも参加賞がプレゼントされる。

公正取引委員会100万ルールが撤される以前は、パーフェクト賞50万円+旅行100万円に到達しかねなかったため、旅行はペアではなく単独(年末のチャンピオン大会のみ最終問題正解の場合ペア旅行となった)。トップ賞も現在よりも質素な賞品となっていた。2009年より旅行は単独からペアとなっている。

ベトナム版「アタック25」

2019年7月からベトナムホーチミン市テレビで、朝日放送グループの「ABCインターナショナル」を通じて正式に番組フォーマットを購入したベトナム版が放送された。「アタック25」が他に輸出されたのは初と思われ、エンディングスタッフロールには見慣れた「ABC」のロゴも表示される。タイトルは「Đại Chiến Tứ Sắc Attack25」(直訳すると「4色の大決戦 アタック25」)で解答席や観客席の配置は現在日本版に準じたものが使われた。一方でパネルや枚数のCG表示は日本版よりも簡素なものになっていた。出場者は芸人、一般人子など回によって異なっていた。

最初の正解者は13番を取り、パネルを挟めば自分の色に変わり、パネルが20枚埋まったところで「アタックチャンス」(これはそのままで会者もスタイルポーズを取っていた)、パネル最多獲得者が優勝し、自分の獲得部分だけ映る映像問題に挑戦するという基本中の基本の部分はフォーマット通りであったが、大きく異なる部分も多く、

  • 2問以降のパネル「他の回答者が取ったところに接したところを取る」だけに大幅に簡素化されており、挟めるパネルがあっても挟まず別の接したパネルを取ったり、極端な場合挟まずを取るなど、日本版のルールが頭に入っているとありえないようなパネルの取り方が多々見られた。
  • 誤答の休みは1問だけ。
  • SEはシンキングタイムの音だけ日本版を使っていたが、問題を読み切った後だけでなく、解答権を得て答えるまで延々と流し続けていた。どの席も解答権を取った時は「ジリリリリ…」とベルが鳴り、正解するとなぜか「スーパーマリオブラザーズ3」の面クリア音が鳴った。パネルを取るときのSEはどの色でも同じで、挟んだパネル全ての色が一気に変わった。

クイズ問題こそ日本版に近い雰囲気だったようだが、若い解答者の出演が中心だったからか、日本では見ないような強バラエティー色が強いテロップ演出やCG演出が全般に施されており、日本版のイメージで見ると愕然とするような出来栄えであった。週1回8時半からの放送で、全30回放送(最終回総集編)されて終了した模様。

なお、現地タイトルYouTube検索すると制作会社の公式アカウント(MCVMedia)が全編を配信しているので怖いもの見たさで見てみたい方はどうぞ。

番組終了へ

 番組の精的支柱であった児玉清逝去後も会は浦川泰幸アナ、谷原章介へと受け継がれ、原への会交代の際にはタイトルロゴや一部のSE、BGMなど外面的な大規模なリニューアルは施されたり、従来よりペア大会が増えたりはしたものの、ルールなど根幹は変更されることなく番組は2000回、45周年と節をを次々と迎えた。番組の世帯視聴率も往年の2桁に乗ることはないまでも、同時間帯としては及第点である5~6を安定して記録するなど一見安定しているかに見えた(ただし、近年テレビ業界がコアターゲットとしている若年層の個人視聴率がよくないという話がでていた)。
 2019年頃から(それまでの旅行先だったヨーロッパ治安情勢も考慮されたかと考えられなくもないが)旅行先がハワイに変更されたり、通常のパネル獲得賞が非表になるなど徐々に縮小の兆しのようなものが見え隠れしはじめる。それに追い打ちをかけるかのように2020年から新型コロナウイルスの流行により、「全から予選で一般視聴者を募り、スタジオに呼んで観客の前でクイズをする」という形式自体が非常に難しくなる。「アタック25」と並ぶ長寿視聴者参加番組である「NHKのど自慢」も一時大会形式を休止するなどテレビ界全体で制作に大きな影が出る中、「アタック25」も一時は過去の芸人大会や、権利関係が難しく避けられる傾向にある昭和期の一般参加者の出場回のダイジェスト版までも製作して放送するなどして一時期をしのぐなど大きな影がでた。その後もコロナウイルス社会情勢に翻弄される中、移動リスク回避のためか一般参加者の出場回は稀になり、代わって芸界関係者の大会が放送の大半を占める状態が続き、2021年優勝旅行リゾートとしてのレベルは高い宮古島とはいえ旅行に変更されたインパクトは大きなものがあった。

 2021年6月24日、一部スポーツの番組編期をもって本番組が終了するとの報道が流れ、その間からネット上では賛否両論や憶測が渦巻いたが、7月2日朝日放送テレビ記者会見で「放送開始から46年を迎え、ファミリーで楽しんでいただく一定の役割を終えたかなと思います」として、と9月一杯での番組終了を正式発表。46年半に及ぶ番組の歴史に幕を閉じることが確定した(後日、後番組は関西ローカル深夜に放送されていたバラエティ番組を全ネット格上げの形で移動することが発表されている)。
 最終回チャンピオン決定戦的な企画を行い終了することとしていることが発表されたほか、記者会見においては、表できる段階ではないものの、長年しまれた「アタック25」の仕組みを地上波放送以外で生かすことができないか現場で模索しているとし、今後何らかの形で「アタック25」のフォーマット活用することに含みを残している。

なぜ角を獲らない

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25

児玉清「さてさん何番?」
「5番」
「16番」

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25

児玉清「なぜを獲らない!」

元に戻す

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25

児玉清「5番のが飛び込む!」

元に戻す

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

 

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 108ななしのよっしん

    2021/06/28(月) 01:03:02 ID: nYoKTZJ9I1

    >>107
    ああそれだ。
    最後に獲得した品取り合いとかするのも。
    こういうクイズはあくまでどこのかもわからない一般人が参加するから面いんだけどネットが普及した今顔と実名出ちゃうてのも厳しいからかな。
    クイズ99人の壁視聴者参加と言えばそうだけど、
    名人もちゃっかり参加するからなぁ。
    まだ芸人ならいいけどチューバーはいらん。

  • 109ななしのよっしん

    2021/07/20(火) 22:16:35 ID: CKqq8jp+am

    独自ルールを採用してるから特定の場面で必ず言う決まり文句が多い番組だったね
    今後はそうしたセリフの数々が丸のモノマネでしか聞けなくなるのか

  • 110ななしのよっしん

    2021/07/24(土) 06:01:39 ID: uot4KHhLZd

    バラエティの皮をかぶったクイズ番組が増える中、
    最後まで純クイズ番組だった。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/24(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/24(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP