パラド単語

パラド

  • 11
  • 0
掲示板をみる(735)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

パラドとは、特撮ドラマ仮面ライダーエグゼイド』の登場人物。
仮面ライダーパラドクスに変身するバグスターである。

演:甲斐

概要ってのは…パズルゲームみたいだね

バグスターの参謀格。幻コーポレーションの(元)社長である檀黎斗と結託し、彼の究極のゲームを作る計画を共に進めている。普段は笑みを浮かべながらゲーム機邪気そうに遊んでいるが本質は冷静な頭であり、物事をパズルに例えることが多い。仮面ライダーとの戦いをゲーム感覚で楽しんでおり、感情が昂るとしばしば「心が躍るな」と口にする。

斗が宝生永夢達に追い込まれた際は彼の変わりにゲンムに成りすまし、斗がゲンムであることを突き止めていた九条貴利矢の信用を地に落としたり、バグスターに使用して実験データを採取するように斗から渡されたガシャットを永にゲンムを倒すよう焚き付けて手渡すなど、両営をかき乱す行動立つ。その意は、バグスターであること、自身がゲームから生まれた存在であることに誇りを持ち、ゲームに則った行動をとっていたようである。
しかしながら、野望実現に動き出した斗はレベルXのを手にして徐々にバグスターへの態度が横暴になっていき、パラドとは意見が合わなくなることが増えていく。ついには小星作が作成したガシャットバグスター・バガモンバグスターゲームと関係なしに破壊する」という蛮行に出る。バグスターは倒されてもデータを回収して復活でき、故にパラドも「リボルバグスターを倒してゲームクリアした」こともあったのだが、斗はデータを回収せずバガモンを破壊。それ以降もバグスター蔑視発言、囮に呼び出したバグスターに対するぞんざいな扱いが続き、積もりに積もった態度に遂に激怒斗に怒りの拳をぶつけ、後述の通り一方的な戦いで勝利した。

その後斗と別行動をとると思われたが、お互いの的のために再度協関係を築く(積極的に助け合いはしない程度)。
そんな折ブレイブやスナイプもレベル50に変身できるようになったため、各々に腕試しのつもりか戦闘を仕掛ける。ブレイブ全にレベル50を使いこなせていないため持久戦で勝利するも、レベル50を使いこなすスナイプには互の戦いをする。
初めて自分を変身解除に追い込んだライダーであるスナイプに「ゲンムはレベル概念視しようとしている」と警告を与える。

警告通りレベルXとして覚醒したゲンムはいよいよ幻コーポレーション握。そんな斗を「ラスボス」と称しつつも戦闘には参加しなかったが、レベル99に覚醒した永/エグゼイドがゲンムを倒し、変身を奪うことで斗の野望を砕くことに成功。
しかし、ゲーム真剣に楽しみたいパラドは「けることをするな」と言いながらその場に現れ、敗者にふさわしい末路を与えるために、斗に大量のバグスターウイルスを感染させてゲームオーバーさせる。
一人レーザーに続き、二人の犠牲者を出すのであった。
そして斗の的だった「仮面ライダークロニクル」を自分で完成させる事を決意する。

俺の正体を記述するなんて白けることすんなよ…

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その正体は、幼い頃斗の手により永バグスターウイルスが植え付けられたことをきっかけとして永の中で誕生した、永が感染しているバグスター。永はパラドというバグスターウイルスに感染されているため変身が可であり、逆に言えばパラドの消失は永変身の喪失に繋がる。
幼い永の「遊び相手が欲しい」という願望を利用して生まれた存在であり、“天才ゲーマーM”のベース。手術により永から分離したことで現実世界に「パラド」として現れ、それを機に永は本来の人格が表に出るようになっている。ただ精の一部は今もに繋がったままであり、劇中でも強い感情が両者の間で共有されるという現が何度か起こっている。具体例として先述のバガモンの件での怒りも、実は永の怒りの影を受けた部分が大きい。永を助ける行動を取ったり、永に危を加える相手を許さないのも、「遊び相手が欲しい」という永の願望を(んだ形で)成就させるためのものだった。使用するガシャットギアデュアルが双方ともに対戦ゲームだったのも、これによるものなのかもしれない。人間の姿をしているのも、恐らく「人間である永の遊び相手=人間」と言う認識から、人間態ではなくバグスターとしてこう言う姿をしていると思われる。
また、“天才ゲーマーM”のベースであり、そのゲーム量は永ぐ。
西馬ニコ言やニコとパラドのやり取りから、“天才ゲーマーM”がニコをこっぴどく敗北させた時はパラド体であったようである。

この出自によりパラドは自在に永の身体を乗っ取ることができ、その時の人格は「パラド体」のものである。永を乗っ取った状態で仮面ライダーパラドクスに変身も可
パラドは永の身体を乗っ取った状態でマイティブラザーズXXを使用し、永を挑発する。この状態で永にリプログラミングされ分離したことで、「永の遺伝子を持った」状態となり、人間として認識される要素を手に入れた」ために、本来バグスターでは使用できないのゲーマドライバーの使用が可となった。一方で永の身体を乗っ取ることができる状態に変わりはないが、「プロトマティアクションXオリジン」の作用でバグスターとしてった斗が近くに存在している間はバグスターウイルス抑制効果により永乗っ取りができない。

…しかし、檀正宗が出所から幻コーポレーション社長職に返り咲き、バグスター一方的削除できる「仮面ライダークロノス」に変身してからは話が大きく変わる。
手始めにラヴリカバグスター再生不可能にされ、バグスターの「死」の概念を自覚したパラドは、その上自身を上回る悪な敵に恐怖を抱き始める。この頃からレベル99なのに周囲のインフレに取り残され始めてきた。
それでも攻略の糸口が見えたことで再起するが、CRに乗り込んでの交渉の末に導き出した攻略も対処される。
以降はパラドクス以上の強さを持つ相手が続々登場するどころか、攻撃を受け付けない「ハイパームテキガシャット」という新たなを身に着けるために永に乗せられ「天才ゲーマーM」の要素を取り返され、パラドの消滅が「永ゲーム病治療=変身の喪失」に繋がるため、永のムテキのに対するウィークポイントとなってしまう。

正宗の「エナジーアイテム独占」により、パラドクスの最大の長所であるエナジーアイテムの引き寄せが実質化されたことで、グラファイトゲムデウスに浸蝕されたことでポーズが効かなくなったという追いがあったにも関わらず、正攻法で正宗を倒すことすらわなくなってしまったパラド。「死」への恐怖に支配されることを拒むかのように虚勢をるが、結果が伴うことはない。
そして西馬ニコゲーム病を治療するため、正宗に提示された条件もあり、永はパラドとの一騎打ちを宣言する。ムテキゲーマーとなった永エグゼイドにパラドの攻撃は通じず、瞬間移動による撤退すら逆にムテキゲーマー瞬間移動で捕えられ、最終的にムテキゲーマーハイパークリティカルスパーキング」で無慈悲に消滅させられる。一連の戦闘にはパラドの行為に対するブーメランが大量に存在する凄惨なものであった
しかしそれは、パラドに命の意味を教えようとする永の一芝居であり、パラドがしてきたことを自覚させるために行ったこと。マイティブラザーズXXを用いて、永に吸収されていたパラドは再び分離し、永に命の意味を説かれる。そして、ポッピーの言葉で自身が「心に拘る」「人間であろうとする」ことに気づいたパラドは―――自身の行いを懺悔し、遂にの意味で永と共同戦線をプレイ正宗と対峙。パーフェクトノックアウトスパロボ合体ユニット理論による分離戦法で登場したパズルゲーマーレベル50で、独占されたエナジーアイテム解放するなど、正宗の何重にも散りばめられた運営公式チート行為を攻略し、遂にクロニクルガシャットを破壊したのだが……正宗が原初のバグスターウイルス感染者として発動した「リセット」で元の木弥に。

だが、リセットにより二人が助けようとしていたニコの病状までリセットされ、パラドが協体制になった+斗が味方に居ることで、天才ゲーマーMの要素を戻してハイパームテキも復活することが可と、状況としてはさほど変わりなかった。
あくまで敵キャラとして戦うことを誇りに思っていたグラファイトの、を違えながらも生き様の刻まれる生涯を見届けたパラドは、自身の償いのための戦いを誓っていた。

これで少しは、償えたか……。

追い詰めたゲムデウス正宗に取り込まれ、ゲムデウスクロノスからさらにゲムデウスへと進化
そして、ゲムデウスパンデミックを抑制するためにポッピーは己の命を燃やし尽くした。
彼女の覚悟で決心がついたパラドは、レベル1ライダー達が正宗ゲムデウスを分離するべく戦う中に乱入、身を挺して永達を守る。しかし、分離成功からそのままゲムデウスを抑え込んだパラドは、ゲムデウスワクチンである「ドクターマイティXXガシャット」を使用していた。そのガシャットバグスターが使えば消滅必至のものであり……。
ゲムデウス連れにしたパラドも既に維持限界。永と互いに伸ばした手、永はパラドの手を掴むことなく、全に消滅した。

―――と、当人同士が思っていたのだが、永はそれでもエグゼイド変身できた。
手は取れなくても、永はパラドの残滓を手に取ることができ、永はパラドに再び感染した。
だからこそ永は再び変身でき、永の中で意識に復元されていたのを黎斗の言葉で自覚した間、永の中からパラドが現れた。
最後の最後で二人は再会を果たし、同存在の二人は手を取りあって前に進むことができた。

しかし、後にドクター達に立ちはだかるマキナビジョンの陰謀をえた先に、まだ消滅者の復活とバグスターウィルスの今後の影という困難な課題が山積みである。パラド自身も十字架を背負い、贖罪がまだまだある。だがその困難は乗り越えるだろう、彼は仮面ライダーパラドクス人間の心と協力プレイができる友を持つ誇り高きゲーマーなのだから。

赤と青の交差同士の対面、そして自分との対峙

平成ジェネレーションズFINAL』『裏技パラドクス』『アナザー・エンディング』では、パラドのその後の姿が描かれており、「パラド三部作」とも言えるかもしれない試練が彼に襲いかかる。

平成ジェネレーションズFINAL」では、マキナビジョン騒動の後、仮面ライダービルドと名乗る自分と同じ「の交差した怪人」に永が奪われ、パラドは彼を追ってビルドの向かった先に飛び込む。しかしそこはバグスターの存在しない、日本を3つに分けたスカイウォールが存在する世界で…‼︎
そこからビルドの変身者・桐生戦兎と辿り着くまでに2年を要したパラドだが、紆余曲折の果てに2つの世界危機を知ることになる。幸いにも、フルボトルとの共振で世界えて永との交信が可となったパラドは、世界を股にかけた協力プレイで、永を奪った「葛城巧」の意を追うと共に、未曽有の危機に挑むことになる。

裏技パラドクス』では永とともに斗が作った「ナゾトキラビリンス」なる迷宮ゲームに挑む。そこで彼は永協力プレイをする中で、パラドの秘めた思いが明かされる…

そして『アナザー・エンディング パラドクスwithポッピー』では消滅者再生の鍵として彼とポッピーに白羽の矢が立てられ、バグスター育成ゲームバグスターをつくるぜ!」プレイヤーとして選ばれるが、そこでもう一人の自分「アナザーパラド」と遭遇する。パラドの暗黒面が具現化されたと言ってもいい彼は自分のみならず、永にも牙を向く…‼︎

レジェンドライダーとの対面、永との深まる、そしてもう一人の自分との対峙…この3つの出来事はパラドに何をもたらすのか…!パラドの運命を変える冒険が始まろうとしていた…

SEE YOU NEXT GAME! HEISEI GENERATIONS FINAL&URAWAZA」&ANOTHER ENDING

アナザーパラド(ブラックパラド)

お前は育成の仕方をミスった『失敗作』だ」

演:甲斐(二役)

Vシネマ仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング Part.2 仮面ライダーパラドクスwithポッピー』に登場する、パラドと同じ外見をしたキャラクター
資料によって「アナザーパラド」とも「ブラックパラド」とも呼称される。

注意 この項は、Vシネマ『アナザー・エンディングネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本編に登場するパラドとは別個体のパラド。
本編のパラドが心を学び培ったのとは違い、アナザーパラドは「ゲームキャラ」としての非情さを前面に出している。
かつてのパラドをよりらせたような、心い存在。

パラドは「世界で初めてのバグスター患者」である宝生永夢から分離した分身であるが、この「アナザーパラド」はもう一人存在する「世界で初めてのバグスター患者」、即ち檀正宗から分離したバグスターである。
かつてパラドを分離させた財前美智である八乙女衣子は、檀黎斗が復元させた正宗から体内のバグスターウイルス・アナザーパラドを分離。このアナザーパラドを、バグスター患者復元プロジェクトバグスターをつくるぜ!」の開始に併せパラドとすり替えることで、パラドの「育成」を担当することになった宝生永夢の持つゲームの素養を吸収させた。

育成段階で永は、いつものパラドと違うと不審に思っていたが、アナザーパラドは変身前の永先制攻撃、重傷を負わせる。
その後、育成を了させるために、自身の対存在であるパラドと戦い、一度は勝利する。
しかし、「人間の遺伝子」のにより対バグスター拘束具を破ったパラドは、幾多の戦いを経て成長した「心」によりアナザーパラドを撃破することに成功した。が、残ったアナザーパラドはその場にいた斗に吸収され、斗に「天才ゲーマーM」のに相当するモノを与えてしまい……。

仮面ライダーアナザーパラドクス

変身

ガッチャーン! マザルアーップ!!》
《悪の拳強さ! 闇のパズル連鎖! 悪しき闇の王座! パーフェクトノックアウト!!》

身長201.0cm
体重:102.1kg
パンチ90.0t
キック94.4t
ジャンプ:ひと飛び92.6m
100mを1.2

ガシャットギアデュアルのアナザーバージョンガシャットギアデュアルアナザー」とゲーマドライバーによって変身する、アナザーパラドの形態。
基本色が一部を除きモノクロになったパラドクスレベル99……といった存在であり、変身音と色以外にパラドクスとの違いはない。ただし、使用する武器ガシャコンバグヴァイザーIIになっている。

ゲーマドライバー人間の遺伝子を持っていないと使用できないが、アナザーパラドは育成プロジェクトの過程で、宿である檀正宗の遺伝子を獲得、変身できるようになるまで成長を遂げていた。

仮面ライダーパラドクス

デュアルアップ!》

パラドが変身する仮面ライダー。名前の由来はパラドと同じくパラドックス(矛盾)か。
パズルゲーム「パーフェクトパズル」と対戦格闘ゲームノックアウトファイター」のデータを持つ「ガシャットギアデュアル」を装着することで変身するが、通常の変身にはドライバーを必要とせず、ガシャットギアデュアルとホルダーのみで変身できる。レベルは初期の時点で驚異の50。初登場の少し前にレベル10、20が出たばかりだというのにインフレし過ぎではないだろうか。

手足の装備は攻撃を与えた相手の防御プログラムを一時的に停止させ、直接ダメージを与えるを持つ。その価は永達相手ではなく、斗の変身した仮面ライダーゲンムゾンビゲーマーLvXに対して振るわれ、今まで猛威を振るっていたダメージ効化機を強制的に停止させ、斗を変身解除に追い込んだ。

ギアを切り替えることで戦闘スタイルが全く異なる二つの形態に変身する。

ネタバレ注意
先述の通りパラドは永の身体を乗っ取ることが可だが、CRの面々の前で永を初めて乗っ取った時、永の身体を使って「仮面ライダーパラドクス」に変身した。この事実により、CRの関係者内でパラドの正体考察が進むこととなった。

また、実は後述の「パーフェクトノックアウトゲーマーレベル99」から、協体制になった永から譲られた「マイティブラザーズXXガシャット」の使用により2種類のレベル50に分身することが可であり、単純な手数に加え、エナジーアイテム操作に関してはこちらの体制の方が優れる。エナジーアイテムを独占する仮面ライダークロノスに対し、パズルゲーマーレベル50のを使うことで独占していたエナジーアイテムを手元に引き寄せることで解放し、クロノス運営チートを打ち破るという大戦果を挙げた。
ネタバレここまで)

パズルゲーマーレベル50

《What's the next stage?》

ゲームを教えてやろう、こいつらで」

《Get the glory in the chain. PERFECT PUZZLE!》

身長:200.5cm
体重:110.5kg
パンチ59.0t
キック68.5t
ジャンプ:ひと飛び62.0m
100mを1.9

パーフェクトパズルで戦う形態。
ゲームエリアのあらゆる物質をパズルピースのごとく自在に操ってエナジーアイテムに変換し、複数組み合わせて使うことで様々なを駆使して戦う。
パズルという段階を踏むものの、エナジーアイテムを任意に複数入手し効果を得ることができるのは極めて強であり、作中でも隙あらばパズルを組み立て猛威を振う。

ファイターゲーマーレベル50

《The strongest fist! "Round 1" Rock & Fire!》

エグゼイドの心を、滾らせるなよ…」

Explosion Hit! KNOCK OUT FIGHTER!》

身長201.5cm
体重:110.5kg
パンチ64.0t
キック68.5t
ジャンプ:ひと飛び62.0m
100mを1.9

ノックアウトファイターで戦う形態。
ジャンルの通り近接格闘特化の形態であり、パズルゲーマーの時は肩に装着していたアーマーを打撃武器として両手に装着する。

パーフェクトノックアウトゲーマーレベル99

マックス変身

ガッチャーン! ザルアップ!》
い拳強さ! パズル連鎖! !! パーフェクトノックアウト!》

ノックアウトファイターパーフェクトパズル―――レベル50の二つのゲームが混ざって一つになった」
「その名も『パーフェクトノックアウト! 仮面ライダーパラドクス、レベル99」

身長201.0cm
体重:102.1kg
パンチ90.0t
キック94.4t
ジャンプ:ひと飛び92.6m
100mを1.2

檀黎斗の使用していたゲーマドライバーガシャットギアデュアルを使用し変身した形態。変身になった経緯はネタバレの項を参照。
変身する際の台詞は永の「仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマーレベル99」と同じ「マックス変身」であり、彼と合わせになるようなポーズ変身する。この腕クロス変身は作中の経緯を踏まえ、役者当人たちで話し合って決定したものである。
レベル99の基礎性に加え、ノックアウトファイターの格闘、パーフェクトパズルエナジーアイテム取り寄せの双方を引き継いだ形態。その名の通りの交ざり合った姿をしている。
通常攻撃に炎の属性が付与され、パズルタイムラグすらなくエナジーアイテムを2個ずつ取り寄せ組み合わせることが可。そのにより、当時のドクターライダーレベル50とレベル99を次々撃破した。
またこの形態では、の二つのモードを持つ「ガシャコンパラブレイガン」を使用可
武器を手にした事で、取り寄せたエナジーアイテム武器に付与するという変則的な運用が可になっている。

格闘ゲーム」と「パズル」が混ざり合う異質なだが、共に「対戦ゲーム」であり「コンボを繋げる」共通点がある。ガシャコンパラブレイガンの攻撃も、判定の緩い連続攻撃により「コンボ」が加算されている。
また、実際に「格闘ゲーム」と「パズル」の組み合わせとしては、格闘ゲームキャラクターを使ったパズルゲーム」であるカプコン作の『スーパーパズルファイターIIX』が存在する

ダブルファイターゲーマーレベル39

《The strongest fist! "Round 2" Rock & Fire!》

ダブルガシャットォ!
ガッチャーン! ダブル・アァップ!!》

『俺』の拳! oh! 友情!》
キョウリョクプレイ! KNOCK OUT FIGHTER! 2!!》

身長201.5cm
体重:110.5kg
パンチ39.0t
キック63.9t
ジャンプ:ひと飛び53.9m
100mを3.9

『[裏技]仮面ライダーパラドクス』で「ノックアウトファイター2ガシャット」を用いて変身した形態。
ゲーマドライバーを使用する以外、姿はほぼファイターゲーマーと同一。
そのレベル39意は、ぜひ作品にて確かめていただきたい。

とっておきの関連動画を見せてやるぜ!

この俺が楽しむからには、関連商品もハイレベルじゃないと盛り上がらないだろ?

心が躍るな、関連項目みんなで遊ぼうぜ!

この記事を編集する

掲示板

  • 733ななしのよっしん

    2020/10/17(土) 07:31:12 ID: Vkk6Cddy7V

    四年後のプリキュアに彼と同じような悪の幹部が出てくるとはか予想したか

  • 734ななしのよっしん

    2020/10/19(月) 18:59:35 ID: Yg+aQLwVOi

    あれ、パラドの中に人間バグスターの中間である『天才ゲーマーM』を置いたまま分離しちゃったから人間の遺伝子を獲得できたんじゃなかったっけ
    それ以降永の中から『天才ゲーマーM』は消えてパラドが『天才ゲーマーM』とほぼ同等になったんだし

  • 735ななしのよっしん

    2021/05/12(水) 12:24:38 ID: cPeZMsTgCV

    >>733
    結局パラドダルイゼンの決定的な違いって>>723だよな
    自分は最後までが身可さなのに相手の自己犠牲は強要する、
    その結果どうなるかに返答できない=考えてすらいなかったと同義だし
    仮に浄化されても別に患者は助かりこそすれ、変身出来なくなるわけでもない

    感情面での問題が解決したら、そら排除一択だわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/25(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/25(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP