今注目のニュース
AIにポケモンを生成させてみた結果…
「ルパン三世」実写で演じてほしい俳優といえば? 3位妻夫木聡、2位菅田将暉、1位は…?
「しゃべくり007」に声優の宮野真守が出演決定 「神回確定」「画面がうるさくなる」

パワプロクンポケット12単語

パワプロクンポケットジュウニ

掲示板をみる(192)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

パワプロクンポケット12とは2009年12月3日KONAMIから発売されたニンテンドーDS野球ゲームである。

概要

11よりもグラフィックや演出が強化、さらに『フルダケ』システムが導入されて初心者でも遊びやすくなった。
野球自体はミート打ちが強化され、強振が弱体化した。

プレイに支障が出るレベルバグが多数見つかっており、KONAMIソフト交換を受け付けている。
特にサブポジバグの酷さは群を抜いており、もし初期バージョンを掴んでしまったのなら交換してもらう事。(投手プレイ時は気にせずとも問題はいが、野手プレイ時は攻略情報を確認しつつプレイした方が難)。他にも裏サクセスにて一定条件で全てのクエストを開放するバグがあるが、こちらは特殊な動作をしない限り発生しないことと、様々な点で利用価値のあるものであるためそこまで問題視されていない。

ちなみに2010年7月15日に発売された廉価版では幾つかのバグが修正されているが、修正されていないものもある。

なお今回は質問コーナーい。

公式サイトの配信選手が収録漏れした実在選手になった。

ストーリー

表サクセス(電脳野球編)

就職先に決まっていた会社が倒産してしまい、途方に暮れる主人公。そんな中、主人公を励まそうとした先輩中山オンライン野球ゲームハッピースタジアム」を紹介されるが、中山主人公を離した隙に突然姿を消してしまう。その後、友人でありルームメイトでもある開田とともにそのゲームを調べて実際にプレイしてみるも、なんと開田が主人公の前でパソコンに吸い込まれてしまう。さらには主人公は身の回りの人間二人が突如行方不明になったとして、警察から疑いをかけられることに。
自分の実を明するため、そして二人を救い出すため、主人公は呪いのゲームの解明に乗り出す。

今作では様々な情報を集めるために、現実世界ネット世界を行き来することになる。ネットで出会ったアバター現実では思わぬ姿をしていることも・・・?
また、今作での野球練習や試合は全てパソコン内での出来事であるため、主人公遂に現実世界野球をしない。

ベースはかつて「パワポケ9公式ガイブックで明かした「ニート編」のアイデアではないかと言われている。

例によって人が死にまくったりするけどCERO-Aです。

裏サクセス(秘密結社編)

ベルデンの飛ぶが現れた。を拠点にする魔族と人間との戦いを描くダークファンタジー
制限日数付きの一章、制限日数制限だが、ペナルティが厳しい二章と続く。なかなか完成度は高い。

秘密結社『』の一員となり、クエストクリアしていくサクセス。二章以降は、ストーリーを進めつつ野球人形を作成することも的のひとつとなる。システム的には7裏と11裏を合わせたものになっている。
従来にはい特徴として、グラフィックBGMの他にSEも専用のものが使われていることがあげられる。

何人ませたってやっぱりCERO-Aです。

登場人物(表サクセス)

 主人公

大卒のフリーター野球経験はあるが、他作品の主人公ほど野球が得意ではない。高校時代には一応準々決勝で敗れてベスト8入りはしていた。
チーム「デンノーズ」のキャプテンとなり、ハッピースタジアム優勝をす。
パソコンはあまり得意ではなく、 ハンドルネームを本名で登録したり、開田くんが設定した「最強勇者になる」といったイタいプロフィールに気がつかなかったりする。

賃を支払うためバイトに明け暮れたり、実を明するための拠集めに奔走したりなど、歴代主人公の中でもなかなかの苦労人。選択肢によっては、実家に強制送還されたり逮捕されたり殺されたりする。
だが頭の回転は速く、いざというときの行動もある。

大学卒業野球とは縁の生活を送るはずだったが、野球に対しては未練がタラタラなのか私ではなく歴代主人公同様常時ユニフォームを着ている。

開田具智(かいだ ぐち)

今作のメガネ一族・・・と思いきやゲーム開始々に退場する。彼の姿は裏サクセスで存分に見ることができる。

渦木淳二(うずき じゅんじ)

開田に代わる今作のメガネ32歳の警部。経歴はエリートだが庭は崩壊している悲惨な人。ふふふーーん。
主人公投手の場合は捕手を、野手の場合は投手を務める。特に投手時にパワーアップするとシリーズになる。
はじめは執拗に主人公逮捕しようとする迷惑な人物だったが、誤解が解けると非常に頼もしいキャラへと変貌を遂げる。
また、右腕は射撃管制機が搭載されている義手となっており、見かけに反して戦闘は高い。
ネット上のアバターの名前は「ウズキ」。

武内ミーナ(たけうち みーな)

10から続いての登場。呪いのゲームの解明に協してくれる。
世の巨悪を暴こうとするジャーナリストであり、普段から下手をすれば命を落としかねない仕事をしている。
主人公く「うなじが綺麗」だとか。
攻略できないバグが存在する。
ネット上のアバターの名前は「ミーナ」。

田西幹夫(たにし みきお)

以前のシリーズでは「うひょひょひょーん」など気味の悪い言葉を発するはた迷惑なオタクだったが、今作で遂に仲間の一員に。
ネット世界では常識ある好青年として、主人公に協する。ただし現実世界での言動は変わっていない模様。 
ネット上のアバターの名前は「サイデン」。

浅利順一郎(あさり じゅんいちろう)

田西と同様のオタクで、ネット世界主人公に協する。36歳。ネットでは猫耳女のアバターを使い、女言葉で話す。
8のヒヨリエピソードなどに登場していた。今作では無職となっているが、イベントを進めるとフィギュア職人として復活する。
ネット上のアバターの名前は「BARU」。

デンノーズの仲間

仮面の騎士

仮面をつけた男のアバターを使う名の通ったプレイヤー。「仮面騎士」はネット上での通称である。
その正体は後述する彼女補のレン

アッシュ

強面で大柄な男のアバタープレイヤー。見かけに反して口調などは丁寧だが・・・?
その正体は主人公が一度だけで出会った、気弱な大学生青年

シズマ

バトルエリアでよく見かける、迷彩アバタープレイヤー戦争マニアであり、戦争に関する持論を熱く展開する。
その正体は小学5年生の少年。塾の都合で最終戦には参加しない。

EL

のようなアバタープレイヤー。最初はネットに不慣れな主人公に助言をくれる親切な青年だが、徐々に本性を現してくる。キィィィィボォォォォドォォォォォ!!!
その正体はお察しの通り9に登場した「電視炎」その人。時には親交のあったピエロが操作をしていることも。

ユウジロー

の若者アバタープレイヤー大口をたたく割に野球はあまり上手ではない。
その正体は素直じゃない性格の野球好きおじいさん本作でシリーズおなじみの野球人伝をくれるまさかの人物。
イベントがかなり長く、最後まで見るのはなかなか難しい。

ゼット

ヒーローアバタープレイヤーゼェーーット!!基本的に話があまり通じない。
その正体は後述する彼女補の小池雅美

彼女候補

小池雅美(こいけ まさみ)

ジャジメントスーパーで働く二児の母親。今作最高齢の彼女補。バツイチ
イベントを進めていくにつれ、彼女のの姿(というか問題)が見えてくる。

ピンク

7に登場したポケレンジャーの一員。まさかの彼女補としての再登場。7の時よりかなり弱気な性格になっている。
9の裏サクセスと同じ人間の姿で「井」という偽名を使って生活しているが、ヒーロースーツの方が本体である。
情報処理に長け、それを利用した未来予測などを駆使し戦う。
ピンク」というアバターゲームに協する傍ら、現実では「正義の味方」としてボランティア等に勤しむ。
彼女のイベントではシリーズを通しての面々が多数登場し、下手なラノベより多くのユニーク超能力者たちが戦いを繰り広げる。これ何ゲー?
また、イベントを進めていくと主人公と(本当の意味で)合体する。
用意されているアルバムはグッドとビターの2通り。ブラックがくれるヒントグッドエンドへの鍵。
なお、ピンクと12主人公は後のシリーズにも登場する。

浅井漣(あさい れん)

黒髪ロング就活大学生AI技術に興味を持ち、その周辺分野の開発者になることを夢見る。
行く先々で出会った主人公のことを運命の相手と呼ぶなど、世間知らずで夢見がちな一面も覗かせる。恐らく本作一の主人公LOVE勢。
彼女の攻略には特殊な条件が多数必要なため、他の補と難易度が少し高い。
バッドのアルバムでは主人公お前らする。

パカーディ・ハイネン

王子コスプレに身を包み、王族のような口調で話す痛い少女。通称パカ。
道路に乗って移動するなど突飛な言動が立つが、合法ロリで隠れナイスバディという、けしからん属性も持つ。
実はヨーロッパの大財閥カエサリオンの血を引く最後の生き残りである。
彼女のイベントでは過去作のキャラが多数登場し、シリーズを通しての伏線が明かされる。
グッドエンド分岐に必須なのはフナムシ退治のミニゲームをしておくこと。
それを逃していると強制的に途中でバッド突入になり、アカネやさらを上回るシリーズの凄惨な鬱エンドを迎えてしまう。メロンパン

ちなみに、攻略しなくとも固定イベント仲間にできる。この場合は最後まで何も起きないため安心。
ネット上のアバターの名前は「パカ王子」。
を大量に投入することでゲームバランスを崩壊させ、いくつものネットゲームを"終わらせた"過去を持つ。その皮を込めてネット上では「バカ王子」と呼ばれるが、当人は気づいていない様子。

矢橋美保(やはし みほ)

公園で出会うことができる、自称CEOの女の子
本編の呪いのゲームには一切関与しない割と影の薄い彼女補。
彼女のイベントにはランダム要素が非常に多いため、攻略には運が必要。
シナリオライター緑髪の人に見えるが実は違う(攻略本参照)。

田村典子(たむら のりこ)

主人公と同じアパートに住んでいる中学2年生の女の子
ヒマワリを育てており、よく料理もする。矢ミホ同様ネットとは一切縁がい彼女補。
彼女のイベントは彼女の父親関連のエピソードメインになるが、どこか9のとある彼女補を匂わすようなイベントである。
ただ中学生に餌付けされるなんて、どこぞのヒモもびっくりだよ!!
なおグッドのアルバムでは時を経て結婚する。マジかよ。

彼女じゃない候補

RIN

緑髪女の子アバターを使っている、離れが出来ないらしい女性仲間にはならない。

謎のおねえさん

ファッション通りにいる女性。洋デザイナーと某企業秘書をしているらしい。
再度バグ攻略できない。チョココロネじゃなくなった。
エピローグで判明するが電子やピエロツナミネットの調8月まで行わせていた。その傍らストーカー紛いの被に遭い続けている模様。

カオル

主人公ツナミネットで最初に出会う女の子アバター
選手として仲間にはならないが、野球ゲームに明け暮れる主人公たちを応援し続ける。
その正体は後述する今回の事件の黒幕である、デウエスの半身。
そして、パワポケ3に登場した寺岡の思念体が電化したものであり、今作ストーリーの根幹に関わる存在である。

その他の登場人物

上守甲斐(かみもり かい)

11より引き続き登場。前社長である「」を崇拝し続けている。
追加イベントでは自身のオリジナルサイボーグである白瀬と対峙することになるも、敗れ死亡する。

ダークスピア

10、11から引き続き登場。おなじみのカズ
今作では変身スーツを身にまとうことで、戦闘が格段に上昇している。
11のときとべると戦闘狂ぶりは落ち着いており、不殺の誓いを立てている。
ピンクルートを進めていくと、主人公たちの前に敵として立ちはだかる。
エピローグでは10主人公らしい人物と再会するが・・・。

ジオット・セヴェルス

ツナヨーロッパ社長。独特の雰囲気を持つ男性
プロフィールの見出しは「悪」。
ストーリーではミーナの紹介によって出会う。主人公には飄々とした態度を見せるが・・・?
その本性の一端は、パカルートで垣間見ることが出来る。
ボクは行列がきらいでね。殺される順番をおとなしく並んで待っているを思い出すからね。
 ・・・キミや彼女がそういう列に並ばないことを祈るよ。」

デウエス

今回の事件の発端であり、ラスボスハッピースタジアムの催者である、通称「顔のい女」。
オカルトテクノロジー」を用いることでネット世界から現実に干渉、現実世界の人物を「食べる」ことが出来る。
の正体は寺岡の死後、その深層心理が電体となって暴走した姿。

関連動画 

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 190ななしのよっしん

    2016/11/26(土) 21:12:35 ID: Ei88i0IQ+T

    >>186
    亀レスに触れるのもアレだが思考停止1bitじゃそりゃ理解できんだろう 100歩譲ってジオット立ち位置々は置いとくとして

    メアリースーの定義の間違いがわからんってちょっとどうなん

  • 191ななしのよっしん

    2016/12/03(土) 00:49:30 ID: 12nobYD4NO

    昔どっかの攻略情報で、「うろつき三手で千脇情報を手に入れる」ってのがあって、そのとき実際にやってみて本当だった記憶があるんだが、どのパターンだったか思い出せない
    か知らないか?

  • 192ななしのよっしん

    2018/03/08(木) 16:10:21 ID: xg3+Frs3fb

    ミルキー初回→セントラル初回→ミルキーでBだったか

急上昇ワード

最終更新:2019/05/19(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/19(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP