パンサラッサ単語

パンサラッサ

7.2千文字の記事
掲示板をみる(537)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避
  1. 過去地球上に存在した、大陸パンゲアを取り囲んでいた大洋
  2. 1を名前の由来とする日本競走馬本項で記述。

パンサラッサ(Panthalassa) とは、2017年まれの日本競走馬である。

概要

パンサラッサ PanthalassaJPN
生年 2017年3月1日 性・毛色 鹿毛
ロードカナロアJPN サラブレッド
*ミスペンバリーJPN 馬主 広尾レース(株)exit
MontjeuFRA 調教師 矢作芳人 (JPN東)
名意味 かつての地球に存在した
一の(名より連想)
生産者 木村秀則
(JPN新ひだか町)
な勝 2021年: 福島記念[GIII]
2022年: ドバイターフ[UAEG1] ,中山記念[GII]
競走馬テンプレート

2017年3月1日、新ひだか町の木村秀則牧場で誕生。オーナー一口馬主クラブ広尾サラブレッド楽部こと広尾レース株式会社。募集価格は1口1.6万円×2000口 (=3200万円)であった。
木村秀則牧場広尾レースおなじみの牧場で、パンサラッサを含め2021年までの広尾レース所有の重賞勝ち6頭のうち3頭がこの牧場の生産である。

ロードカナロアは言わずとしれた世界の短距離王で、種牡馬としても大活躍中。彼譲りのスピードを持ちつつも系の血統のも引き継いだ産駒が多く、アーモンドアイを筆頭に距離の融通が利く産駒も少なくない。なお、「パンサラッサ」という名前ハワイ海神カナロアを名の由来とする彼の名から連想したものである。

*ミスペンバリーはアイルランドまれの外国産馬で、競走馬としては7戦未勝利に終わったが、としては重賞2着を複数送り出しまずまずの成績を残している。系は本から数えて4代Itchingの半にはGI2勝の*クロコルージュがいるが、そこまで遡らないと一流は出てこない感じの血統である。

Montjeu(*モンジュー)は20世紀最後の欧州最強日本では1999年凱旋門賞エルコンドルパサーを破り、同年のジャパンカップにも参戦してスペシャルウィークに敗れたことであまりにも有名。彼の血統は非常にスタミナに優れており、1歳下のタイトルホルダーの血統に*モンジューが入っている()。

2歳~4歳10月: その名をまだ語る者はなく

海外遠征に強みを持つ矢作厩舎に入厩し、2歳9月阪神競馬場デビュー。初戦はロータスランド(2021年関屋記念サマーマイルシリーズチャンピオン2022年京都牝馬ステークス)、2戦アカイイト(2021年エリザベス女王杯)という後の重賞の後を拝するも、3戦で初勝利レース展開としては1戦は中団からの競馬となったが、2戦からは逃げ・先行戦術で2着→1着と結果を出したため、スタートで出遅れない限り逃げ脚質の競馬を定着させていく。なお、基本的に逃げだが、必ずしもハナを奪うわけではなく、他の逃げとかち合った場合など展開次第では2~4番手あたりに控える先行策を取ることも少なくない。

しかしその後は自己条件、ホープフルS若駒Sと3連敗。弥生賞ディープインパクト記念も9着に敗れ、さらに体調も崩してしまいクラシックには出られず。しかし一休みした6月の自己条件戦では2身半差で逃げ切り勝ちを決める。次走に格上挑戦となるGⅢラジオNIKKEI賞を選択すると7番人気を覆して2着に好走し、賞を加算する。しかしその後再び頭打ちになり、神戸新聞杯では12着。リステッド競走では2着、4着と善戦したが勝てず、年末の初ダートで11着と惨敗して3歳を終える。

4歳初戦は2着。しかし中山記念ではゲートでつまずいて出遅れ中団から伸びられず7着。福島リステッド競走を除外されたため方向転換したマイラーズC左前脚の跛行で登録除外と運も味方せず。復帰に時間もかかり、結局半年休養して競馬で復帰。初戦のリステッド競走オクトーバーSで逃げ切り勝ちを収めOP初勝利を挙げる。

2021年福島記念: 「令和のツインターボ」爆誕!

次走はGⅢ福島記念 。前年ラジオNIKKEI賞以来の福島となった。本は単勝9.0倍の5番人気という単ポジションに落ち着く。
48番からスタートを決めたパンサラッサ、2度コンビとなった上の菱田裕二は押して逃げの手を打ち、後続との差を広げ2~3身のリードを確保する。前は4頭がバラバラで先行、その後は10身以上離れる縦長の展開。そして1000mの通過タイムは驚きの573 !撃沈覚悟の爆逃げ……かと思いきや、菱田の手綱はそれほど動いていない。3コーナーでも後続との差は15身以上あり、ハイペースについてきていた先行はもうアップアップ……。

まさか……

そのまさかであった。残り300mあまりで仕掛けられたパンサラッサは後続との差を一気に開く。直線に入った時点で2番手集団との差は6~7身あまりもあった。ここで後方待機していた各がようやく加速してきたがここは直線の短い福島、既に時遅し。結局4身差をつけて圧勝、1分592の好タイムで大逃亡劇を完成させてしまった。

2着につけた4身差は、福島競馬場の芝2000m重賞ではグレード制以降最大タイ。同じ記録立したのが遡ること28年前、1993年七夕賞を制した「暴走逃亡者」ツインターボであった。奇しくも同じ逃げ切り勝ち……どころか、同競走でツインターボ記録した1000mラップ574で本とコンマ1差、勝ちタイムは1分595でコンマ3差、上がり3ハロンも37.7でコンマ1差と、当時のツインターボと同様のを見せ、ほとんど同じようなめちゃくちゃな勝ち方。令和ツインターボとして一躍注を集めることになった。

2021年有馬記念: やっぱり令和のツインターボ?

こうして一躍次代の大逃げとして注になったパンサラッサ、次走は有馬記念標にすると表明。クロノジェネシス引退レース話題ちきりのレースであったが、かつて同が2着になった未勝利戦で1着を獲り、福島記念直後のエリザベス女王杯で大金星を得たアカイイトも出走を表明。2頭って出走がえば一波乱を起こしうになるだけあり、人気投票の結果に期待が集まった。

人気投票の結果は33位。第1回特別登録を行なったの中では12番。優先出走権は取れなかったものの、第1回特別登録を行った17頭のうち優先順位15位となり、(フルゲートは16頭なので)出走が確定。本番3日前の開抽選では12番の内を引き当て、堂々の逃げ宣言で中山2500mに挑む。

迎えた本番ではスタートを決めると内を活かして宣言通り逃げを打ち、最初の1000mを595で入る。このタイムあのツインターボオールカマーと全く同じである。奇しくも舞台も同じく中山、鮮やかに逃げ切り…とはいかず、残り400mまでりを見せたものの最後は尽きて13着。2年ぶりのGIはほろ苦い結果に終わった。
なお、13着という着順も1994年有馬記念ツインターボと全く同じであったが、ツインターボは13頭立てで大差のシンガリ負けであったのに対し、パンサラッサは16頭立てで後ろにまだ3頭抜かせなかったが居たという違いがある。

2022年中山記念: 否、我が名はパンサラッサ!

5歳初戦は4月大阪杯標に始動。ステップにはGⅡ中山記念 を選択する。スーパーGⅡの一を占める重賞ではあるが、この年はヒシイグアス以外が抜けたメンバーが居なかった前年同様較的小粒で、本は出走メンバー一のGIホースであるダノンザキッドに次ぐ2番人気の支持を集める。

5番から素晴らしいスタートを切ったパンサラッサ。前年のオクトーバーS以来の騎乗となった上の吉田豊が積極的にハナし、先行争いも制して単騎の逃げを打つ。中も後続から2身ほど前で逃げ続け、1000m通過タイム576 福島記念に匹敵するハイペースである。さらに3で垂れ始めた先行を置き去りにして差を広げ、6~7身のリードを取ってただ一頭直線に突入する。この時点で群は縦長になり、人気ダノンザキッドめの押し上げでようやく中団という段階だった。

まさか……また……!?

直線も上のゲキに応えてるパンサラッサ。ついていった先行仕掛けのダノンザキッド全に撃沈し、入れ替わって中団から人気ラテやアドマイヤハダルが押し上げてきたが、全てか後方のこと。残り100mを過ぎてカラテが2番手争いを制して差を詰め始めたが既に時遅く、もうパンサラッサはゴール前にいた。そのまま2着カラテに2身半差をつける勝で逃げ切り、重賞2勝を挙げた。吉田豊は2年ぶりの重賞制覇。GII勝利したことで、師匠えは果たしたと言えよう。

ちなみに中山記念の約17時間前にサウジアラビアで開催されたGⅢレッドシーターフハンデでは同厩のステイフーリッシュ逃げ切り勝ちを収めており、矢作厩舎はほぼ半日の間に2カ重賞逃げ切るを送り出したことになる。

2022年ドバイターフ: 「世界のパンサラッサ」へ!

次走はGⅠ大阪杯かと言われていたが、3月26日にドバイメイダン競馬場で開催されるドバイターフ (G1・芝1800m)の招待を受諾したとオーナー広尾サラブレッド楽部から発表された。エフフォーリア内強との対決は一旦お預けになってしまったが、コース1800mという直近で実績のある距離高額賞、遠征を苦にしない彼の気質(詳細後述)、とこちらを選ぶ理由は十分すぎるほどにある。世界を相手に大逃げを見せつけることができるか、ファンの期待は高まった。

バスラットレオンステイフーリッシュクラウンプライドと、日本がドバイを席巻する中発走したドバイターフ。いつも通り好スタートから先手を取るが、矢作く「ナイターを気にしたのか」、前2走ほどは後続を突き放せない逃げになる。と言っても、1000m通過は58というハイペース逃げであり、直線ではそれについてきた先行を突き放していく。そこに入れ替わるように外から飛んできたのが前年の同レース覇者である英国Lord North。さらに群の中にいたはずの日本ヴァンドギャルドが残り150mで急加速、一気に抜け出し大外から追い込む。パンサラッサとの差はみるみる縮まり、3頭が全に重なったところがゴール

写真でも度によって見え方が変わるほどの僅差となったが、長い写真判定の結果、パンサラッサとLord Northの同着優勝 で決着。初GⅠ制覇をしい形で成し遂げたパンサラッサは、世界にその名をかせた。
矢作芳人厩舎はこの日ドバイで3勝上の吉田豊2008年マイルCSブルーメンブラット)以来14年ぶりのGⅠ勝利、28年にして初の海外重賞勝利を成し遂げた。

2022年宝塚記念: 現役逃げ馬最強決戦!?

次走はそのまま欧州へ転戦してロイヤルアスコットプランもあったが、世界情勢などを考慮して帰宝塚記念での凱旋レースということになった。
春天を圧勝したタイトルホルダーとの逃げ対決をはじめ、大阪杯で苦杯をなめたエフフォーリアら現役最強距離勢との対決はもちろん、距離延長になる阪神2200mで大逃げが決まるかに注が集まった。
ファン投票では15位に入り、有馬記念から大幅にランクアップ。当日のオッズは距離延長を不安視されたか、単勝10.2倍の6番人気にとどまる。

レース本番。序盤は大方の予想通り、タイトルホルダーとのハナ争いになる。タイトルホルダーが抜群のスタートを切ったためややもたつくが、1コーナーに差し掛かるあたりで「スタコラサッサとパンサラッサ」というカンテレ安アナの迷実況をよそになんとか先頭に立った。だがそのハナ争いの結果、できあがったペース2000m台の中距離レースでは異常と断言出来るスタート1000m576 。あのサイレンススズカでさえ586だったので、飛ばしすぎもいいところである。1600mの通過タイム1分334 で、前年のドウデュース朝日杯FS勝ちタイムより速いというまさに狂気ハイペースとなった。
さすがにこのペースでは逃げ切れず、4コーナーを過ぎ、直線に差し掛かる頃にはタイトルホルダーに抜かされ、後続にも抜かれる一方。しかしそもそも普通ならそのまま最後方まで撃沈するはずのペースでありながら、9着のステイフーリッシュに2身差の8着までったのはさすが海外GI……いやいやおかしいって。なんで8着にれるんだ。実際、走破タイムや上がり3Fの数字だけを見ると、先の福島記念中山記念べても遜色のないタイムで駆け抜けている。GI[1]以外ので先着を許した相手はマイネファンロンだけであり、もしGII級以下のが相手のレースなら十分勝負になっていたと思われる。

GI級の相手がズラリとった中距離レースではさすがに逃げ切れなかったが、そもそもパンサラッサのこのハイペース逃げ普通なら中10身は離した独走大逃げになるはずのもの。しかしそこに2番人気タイトルホルダーが着いてついていったことで全体がそのペースに付き合わざるを得なくなり、一番後ろにいたアリーヴォ1000m通過タイムが、去年の宝塚記念の先頭の1000m通過タイムと変わらないという異常レース展開となったのである。このハイペースによりタイトルホルダーはこれまでのコースレコードを04更新する2分97 タイム叩き出したが、パンサラッサがこのレコード立とレースの盛り上げに一役買ったのは間違いない。

次走は、海外転戦も含め慎重に考えられていたが札幌記念(GII)に向かうとクラブ内で発表があった模様。
パンサラッサの他にもソダシグローリーヴェイズ等、GI5頭が出走予定というかなりな面々がった。また、パンサラッサは同じく逃げとして注を浴びているジャックドールとも初対戦となる予定で、GIIながらGI並みのハイレベルレースになるのではないかと注が集まっている。

ともあれ、稀代のハイペース逃げとして確固たる地位を確立したパンサラッサ。もはやツインターボという先達の名を借りる必要はない。偉大ながかつて言われていたのと同じ称号を獲得し、世界のパンサラッサとなった彼の逃げ街道は、これからどこへ続いていくのだろうか。

余談

四代血統表

ロードカナロア
2008 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Miesque
1984 鹿毛
*マンファ
Manfath
1991 黒鹿毛
*ラストタイクー
1983 黒鹿毛
Pilot Bird
1983 鹿毛
レディブラッサム
1996 鹿毛
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird
1978 鹿毛
Terlingua
1976 栗毛
*サラトガデュー
Saratoga Dew
1989 鹿毛
Cormorant
1974 鹿毛
Super Luna
1982 鹿毛
*ミスペンバリー
2002 鹿毛
FNo.9-f
*モンジュー
Montjeu

1996 鹿毛
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Floripedes
1985 鹿毛
Top Ville
1976 鹿毛
Toute Cy
1979 鹿毛
Stitching
1992 鹿毛
*ハイエステイト
High Estate
1986 黒鹿毛
Shirley Heights
1975 鹿毛
Regal Beauty
1981 黒鹿毛
Itching
1989 黒鹿毛
Thatching
1975 鹿毛
Alligatrix
1980 鹿毛

クロス:Northern Dancer 4×5(9.38%)、Special=Thatch 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ここではGIで連対経験のある定義
  2. *netkeibaのニュース記事「【中山記念】パンサラッサ陣営「馬運車乗る時も楽しそうで遠征好き」/ねぇさんのトレセン密着exit
  3. *2022年6月14日の大阪スポーツの取材exitより。
  4. *JRA弥生賞「雨」ならパンサラッサに一発! 矢作調教師「道悪はいい」前回2.5秒の大差勝ちexit
この記事を編集する

掲示板

  • 535ななしのよっしん

    2022/08/04(木) 12:12:20 ID: 4EbM/5z/B+

    もう好調を迎え出してから1年になろうとしてるが、この衰えも気にかかってくる時期に内のGⅡレースでやたらハイレベル競走馬を相手取って体を消耗しそうなのは多少惜しい気もする
    まあ公営競技の面からいえば「スーパーGⅡ」の立役者になってくれるほうが日本競馬のためなのかもしれないけど

  • 536ななしのよっしん

    2022/08/05(金) 23:18:45 ID: QHkZB3OsGr

    楽しそうに走るって本当にいるんだ、と教えてくれた
    楽しい嬉しい走る走るー!ってのが何故か伝わって来る

  • 537ななしのよっしん

    2022/08/10(水) 02:48:43 ID: UYvcJQKJtU

    2000mはギリギリだけど札幌坦な2000mで1800m走れればベストパフォーマンス発揮できるらしいので今回の最有補かなあ・・・対抗ジャックドールかな?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP