今注目のニュース
名古屋走りのバイク事故が不起訴から起訴に!ネット民「道交法違反だから当たり前やろ」と炎上
年収1000万円プレーヤーは漫画を読まない? 平均年収層の"8分の1"という結果に
めっちゃSF!アンダーアーマーが作ったヴァージンギャラクティック用の宇宙服

ヒシアマゾン単語

ヒシアマゾン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヒシアマゾンとは、アメリカ生まれ、日本調教の元競走馬・繁殖である。
エアグルーヴホクトベガと並ぶ90年代の女傑の代名詞である。 

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘については
ヒシアマゾン(ウマ娘)」を参照して下さい。

漆黒の弾丸

アメリカ芝路線の王者だったTheatrical、1000ギニーやコロネーションステークスを制したマイラKaties、日本に輸入されたノノアルコという血統。
ヒシの二代である阿部一郎氏のヒシ再建計画の一環で、海外セールで購入したアメリカの牧場に預託し生産するというプランの元生まれたのが彼女なのである。 
ちなみに、ヒシアマゾネスで登録するつもりだったのだがJRAに却下され、苦し紛れにアマゾンで登録しなおしたらOKになったためヒシアマゾンとなった。なんでだろう…NO!アマゾネス

戦(ダート)は快勝したが、500万下(ダート)と重賞(芝)を連続2着するなど詰めの甘さを見せた。しかし阪神3歳牝馬ステークスでは驚くような勢いで突き抜け5身差圧勝。評価を高めた。
しかし次走で圧倒的人気を背負いながらビコーペガサスに敗れ2着、クイーンカップでは格下と見られた相手に辛勝するなどして評価を下げてしまった。

当時○外はクラシックに出られず、NHKマイルカップもなかったため標がイマイチ設定できないまま、距離適性からスプリントも行けるだろうと、
当時中山1200mで開催されていた4歳(旧齢表記、現在で言うと3歳)限定重賞クリスタルカップに出走。ペースイマイチ乗り切れず後方のまま4を回るが
っ気野郎タイキウルフが逃げ切る勢いを見せていたところを弾丸のような勢いの末脚でぶっ差して勝利する。
この勝利は多方面に衝撃を与え、井崎脩五郎氏にいたっては1994年ベストレースナリタブライアンレースを差し置いてこのクリスタルカップを選定したほどである。

その後ニュージーランドトロフィーを快勝すると、クラシックではないエリザベス女王杯出走をトライアル連戦ローテを組み、クラシック組をボコボコにして重賞5連勝を達成。
エリザベス女王杯ハイセイコーメジロラモーヌタマモクロスに並ぶ当時の連勝記録6に挑戦する事になった。
しかし、クラシック組で彼女と対戦経験がなかったチョウカイキャロルと、クイーンカップでは惨敗したがローズステークスでは2着に食い下がったアグネスパレードが彼女の前に立ちはだかる。
後方外から迫るヒシアマゾンに対し、内を掬うように現れたパレードと先に前に出て併せに持ち込むキャロルアマゾンも凄まじい切れ味で一気に抜きにかかるが、全にかわすには至らず
しい叩き合いを展開しながらゴールなんとかハナチョウカイキャロルを競り落とし重賞6連勝を達成。
そしてこの勢いのまま有馬記念ナリタブライアンに挑戦。一気に捲って並びに行くが、全盛期ブライアンの前では彼女の末脚すらが立たず2着に敗れ去る。
しかしながら、他の出走は一蹴して見せ、新時代の女王として高らかに名乗りを上げたのである。

女傑の往く道

翌年はアメリカ遠征を表明し、からアメリカへ。日本調教アメリカGⅠ制覇に期待がかかったのだが、遠征緒戦直前に脚部不安を発症。何もできないまま帰の途につくハメになった。
後、当時の名物重賞高松宮杯に出走するが思いっきり引っかかって逃げる形になり5着惨敗。デビューからの連対記録も12で途切れ、遠征でピークが過ぎたかに見えた。
余談だが、この高松宮杯の前にエンプレス杯に同厩舎の先輩ホクトベガと共に登録し、川崎競馬場を震撼させた。
登録の時点ではヒシアマゾンという存在の大きさばかりが注されていた。そりゃ中央競馬最強ナリタブライアンっ向勝負を挑めるがやってくるなんて、衝撃通り越してのいじめ?という話である。
そのアマゾンは登録のみにとどめて高松宮杯に向かったため、川崎競馬場は一胸を撫で下ろした。実際に出てきたもう一頭のGⅠホクトベガの走りを見てアゴが外れたであろうが。

さて、再び立て直しをかけ、競馬に帰ってきた彼女は凄まじかった。オールカマーをめ先頭で、京都大賞典を後方一気で快勝。ジャパンカップに向かった。
ナリタブライアンが一番人気で、彼女が二番人気となった。有馬記念の時は屈辱的なまでに離れていたオッズの差はほんの僅かにまで縮まっていた。 
そしてレースは、最後方大外から凄まじい勢いで突っ込むものの、位置取りが悪くLandoに届かない2着に終わった。
高松宮杯の失態といい、この頃から戦の中への批判がより強まっていた。捲土重来を期し、有馬記念へ。
ここではついにナリタブライアンから一番人気を奪取。勝てば新たな古チャンピオンとなるであろう一戦だったが痛恨の出遅れ。
必死に追いかけるが、マヤノトップガン上の田原が巧みなペースメイクで逃げ切るのを眺めるしかなかった。ナリタブライアンにも先着出来ない5着。決定的な何かがぷっつり切れてしまったかのような負けであった。

翌年も現役を続行するが、全く精を欠くレースが続く。1997年になっても引退はしなかったが、始動戦を前に屈腱炎を患い、結局引退となった。
初年度にヒシマサル(二代)を付けた後、アメリカで繁殖生活に入ったが日本デビューとなったアメリカデビューしたも重賞勝利までたどり着いた産駒は今のところいない。
彼女の活躍を受けて輸入されたホワットケイティーディド、マイケイティーズといったたちは繁殖として一定以上の成果を挙げているだけに残念である。子供は活躍しなかったが孫のアミカルナバーオープンまで出世しており、後の世代の活躍に期待を持たせてはいる。


そして、平成が終わりを迎える2019年4月15日、余生を送っていたアメリカの牧場にて老衰で死亡した。享年28歳。

関連動画

伝説

二十世紀の名21

関連商品

関連コミュニティ

ヒシアマゾンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP