ヒシアマゾン(ウマ娘)単語

ヒシアマネエサン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

これからしっかりとついてくるんだよ、トレ

ヒシアマゾンちゃん

ヒシアマゾン(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬ヒシアマゾンモチーフとするウマ娘である。CV:巽悠衣子

概要

“女傑”と呼ばれ、トップクラスの実を持つウマ娘の一。弱きを助け強きを挫く、古き良き時代のスケ番タイプ姉御肌。

曲がったことが大嫌いで、己の信念を一のルールとして行動する、一本筋の通った性格。

誕生日:3月26日身長:160cm、体重:微増(ノーコメント)、3サイズ:B92・W59・H89

トレセン学園の美寮長を務める褐色肌ウマ娘姉御肌な言動で後輩ウマ娘たちの面倒ごとに振り回される反面奔放な性格から調子に乗って生徒会などに絞られる事も。一方で料理が得意だったりと庭的な面もある。

余談・小ネタ

発表時のお披露会にてウマ娘の名前当てクイズが行われた際に某特撮ヒーローイメージするポーズであった為にくからその正体が看破されていた。もっともその言動は別の特撮ヒーローそのものであったが

アマゾン姐さん

また、初期の勝負からは明らかはいていないとしか言いようもないほどの際どさであった。(のちに修正)

アニメでの活躍

スペシャルウィークが参加した「リギル」の入部テストにて所属メンバーらと共に登場。物語当初はゴール係として終始し、その役に不満を持っていた。

その後はサイレンススズカが出走する秋の天皇賞エルコンドルパサーらと共に出走。レース前にスズカにタイマン勝負を宣言して以降は事あるごとに「タイマン」連呼するキャラが定着した模様。

同期でもあるナリタブライアンとは何かとり合っており、後のWDTでもタイマン勝負を宣言している。一方でトレセン学園イベントでは一緒に盛り上げて何だかんだ仲の良さがい知れる。

シーズン2での本人の登場はOP、および1話と10話でゴールドシチーによるヘアカットを受ける場面のみと少ない。しかし練習場のゴールヒシアマゾンが描かれており、そちらの登場回数は多い。また、天皇賞(春)を前に学園を一時休んだライスシャワーも美寮長であるヒシアマゾンには行き先を伝えていたため、ミホノブルボンヒシアマゾン手製の地図を頼りにライスの元へ向かっている。

ゲームでの扱い

育成版は未実装だが、CPUライバルとしては初期実装済。
特にマヤノトップガンの育成シナリオではナリタブライアンにこだわるマヤノに好意的に接し、レースでも固定ライバルとしてぶつかることとなる。

サポートカードSR[テッペンに立て!]とRで初期実装
重な追い込みスキルを所持しているが、先行用スキルと半々なのが難点。

関連ウマ娘

ナリタブライアン個別記事
モチーフ同期で対戦経験もある三冠馬であり、モチーフの時点で男女ペアとして人気がある。ウマ娘においてもライバルであり、何かと突っかかってくるが仲は良好。
うまよん』ではアマゾン弁当を持たせたり女房役でもある。ブライアンからは「アマさん」と呼ばれている。
フジキセキ個別記事
モチーフSS初年度産駒にして幻の三冠馬。同じ寮長の立場にして、アニメでは同じチームギルメンバー漫画(うまよん、スタゲ)では調子に乗る彼女折檻諫めることもしばしば。

史実

90年代に活躍したホクトベガエアグルーヴに並ぶ

アメリカ芝路線の王者Theatrical、1000ギニーやコロネーションステークスを制したマイラKaties、日本に輸入されたノノアルコという血統。

ヒシの二代である阿部一郎氏のヒシ再建計画の一環で、海外セールで購入したアメリカ牧場に預託し生産するというプランの元生まれたのが彼女なのである。
余談だが、当初はヒシアマゾネスで登録するつもりだったのだがJRAに却下され、苦し紛れにアマゾンで登録しなおしたらOKになった経緯がある。

2戦江田照男引退レース96有馬記念河内洋、それ以外は中舘英二が一貫して騎乗する。

1993年9月19日中山競馬場中舘英二騎手ツインターボ勝利したオールカマーの当日)の新戦(ダート)は快勝したが、続く二戦連続で2着するなど詰めの甘さを見せた。しかし阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)では驚くような勢いで突き抜け5身差圧勝・レコード更新。評価を高めた(同時に中騎手もGⅠ初制覇)。 しかし次走で圧倒的人気を背負いながらビコーペガサスに敗れ2着、クイーンカップでは格下と見られた相手に辛勝するなどして評価を下げてしまった。

○外(外)だったヒシアマゾンは当時の規定でクラシックに出られず、しかもNHKマイルカップも創設されていなかったため、距離適性(スプリント)を見込んで当時中山1200mで開催されていた旧4歳(現3歳)限定重賞クリスタルカップに出走。ペースイマイチ乗り切れず後方のまま4を回るが 、タイキウルフ逃げ切る勢いを見せていたところを弾丸のような勢いの末脚でぶっ差して勝利する。

その後は連勝を続けてエリザベス女王杯までに当時のタイ記録である重賞6連勝を達成した。その勢いのまま有馬記念に出走。
レースはその年の三冠馬ナリタブライアンっ向勝負挑んだ末に2着に敗れるもこの年の走りが評価されて最優秀4歳(現3歳)に選ばれた。

明くる年はアメリカ遠征を行うも怪のためにレースに出ることなく帰。しばらくの低迷から京都大賞典で復活。ジャパンカップでは不調だったナリタブライアンに変わり奮闘するもドイツ代表ランドマイケルロバーツ騎乗、1993年イチェスダービー覇者)に屈し惜しくも2着に敗れた。

その後、有馬記念での5着を最後に長らく現役を続けるも屈腱炎の為1997年引退

引退後は一度日本で種付けしたのちに故郷のアメリカに帰し、繁殖になるも成績が不利わずに引退アメリカ牧場で余生を送っていた。

そして、平成が終わりを迎える中での2019年4月15日アメリカケンタッキー州の牧場にて老衰でこの世を去った。享年28歳。人間で言うところ90歳に相当する。
中の人である巽悠衣子Twitterにて追悼文を発表。また騎手時代に戦を務めた中舘英二調教師も「故郷のアメリカで老衰だったのがせめてもの救い」と、かつてのパートナーの死を悼んだ。
現役時代にドバイとなった「おちゃん」ことホクトベガに会えたであろうか。

詳細は当該記事へ→ヒシアマゾン

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/09(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/09(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP