ヒュンダイ・ソナタ単語

ヒュンダイソナタ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヒュンダイ・ソナタとは、韓国自動車メーカーである現代自動車ヒュンダイ)が製造/販売している中セダンである。なお、『冬のソナタ』とは全く関係ない(そもそも、こちらの方が10年以上も前に登場している)。

概要

1983年より発売が開始されていた同社の準中セダンステラ」(フォード・グラナダがベース)の上級モデルとして1985年から販売が開始された。
1988年からは独自モデルとして開発され、韓国内でトップシェアを誇る中セダンとなる。

初代(開発コード:Y1)

準中セダンステラ」をベースに開発され、1985年7月に発売された。
当時の韓国車としては最大の排気量であった1997ccエンジンを搭載、当時提携関係にあった三菱自動車シリウスエンジンであるとされている。1987年には1800ccエンジンが追加された。
韓国内で初のクルーズコントロール/パワーシート/4速オートマチック装着として当時の新聞広告テレビCMなどで宣伝された。
外装を含めステラとの差別化に失敗し、韓国内では大失敗といわれるほどのモデルであった。

2代目(開発コード:Y2)

1988年2代目となるソナタが発売された。
ギャランΣ/デボネアVなどの三菱ベースとしており、エンジン三菱設計の1800cc/2000ccエンジンが搭載されていた。
1990年にはグレンジャーに搭載されていたものと同じ2400ccエンジンが追加された。
1991年フェイスリフトを実施、フェイスリフト前のモデルと区別するために「ニューソナタ」と表記されることが多い。
フェイスリフトと同時にDOHCエンジンが追加された。

3代目(開発コード:Y3)

1993年5月14日発売、プラットフォームは初代ディアマンテと共有。旧モデルとの区別のために「ソナタII」と呼ばれる。
エンジン1800ccSOHC/1800ccDOHC/2000ccSOHC/2000ccDOHCを設定。
1995年には種であるマルシア(MARCIA)が発売された。
ルシアには2000ccDOHC(L4)/2500ccDOHC(V6)が搭載される。
1996年フェイスリフトが行われ、名称を「ソナタIII」に変更。
1997年には現代グループ創立50周年を記念して特別仕様スペシャルエディション」が設定された。

4代目(開発コード:EF)

1998年3月17日に発売を開始、プラットフォームは二代ディアマンテと共有(この頃のヒュンダイは、XG・サンタフェ・トラジェ等にも同じく二代ディアマンテのプラットフォームを使用していた)。旧モデルとの差別化のため「EFソナタ」と呼ばれる。
開発コードのEFは「Elegant Feeling」の略称であるとされている。
エンジン1800ccDOHC(L4)/2000ccDOHC(L4)/2500ccDOHC(V6)の3種類を設定。
1999年には外装デザイングリルランプ類)の一部変更を受けた。
同年7月4日には起亜自動車から兄弟の「オプティマ」が販売されている。
EFソナタとの違いは外装デザインインパデザイン等にとどまり、エンジンやプラットフォームはEFソナタと同等である。
2000年にはインパデザインをオプティマと同じものに変更、更に無段変速機であるスーパートロニクスCVT(オプティマでの名称はSS-CVT)搭載が追加された。
2001年フェイスリフトを実施、旧EFソナタとの差別化のため「ニューEFソナタ」と呼ばれる。
に外装デザインのみの変更で、インパネは引き続き同じデザインのものが使用されている。
変更されたデザインフロント)はメルセデスベンツのCクラスを強く意識したようなデザインとなっている。

5代目(開発コード:NF)

2004年9月1日に発売を開始、通称は開発コードを取って「NFソナタ」と呼ばれる。
外装デザインは北におけるアコード日本インスパイア)を強く意識したデザインとなっており、自動車関連サイトは元より地元の新聞でもある朝鮮日報でもたびたび類似性が摘されていた。(その影かどうかは不明だが、2005年アコードリアデザインがまったく違う印のものに変更されている)
エンジン2000cc(L4)/2400cc(L4)を設定、2005年6月からはグレンジャーに設定されているものと同じ3300cc(V6)も用意されていた。 
2007年11月にはフェイスリフトを実施、本では「ソナタトランスフォーム」とCM上では呼ばれていた。
外装デザイン(特にフロント)はもちろんのこと、インパデザインも大幅に見直されている。
このフェイスリフトにより3300ccエンジン止され、2000cc/2400ccエンジンの性アップしている。

6代目(開発コード:YF)

2009年9月17日に発売を開始。本では差別化のために「YFソナタ」と呼ばれることがある。
エンジン2000cc(L4)のみの設定であったが、2010年1月には2400cc(L4)を追加(この2400ccエンジンは直噴エンジンであり、「GDI」の名称が使用されているが、三菱自動車と直接的な関係はない)

2011年にはハイブリッドモデルソナタハイブリッド」を発売。
同年には2000cc T-GDi(ターボ)を追加、同時に2400cc止された。

2012年モデルでは2000ccNAエンジンCVVL(可変バルブ機構)を搭載したモデルに変更している。

2012年にはフェイスリフトを実施、名を「ソナタ ザ・ブリリアント」に変更した。
外装デザインに変更した。

2014年3月にはガソリンモデルの生産を終了、同年12月にはハイブリッドモデルの生産が終了した。

7代目(開発コード:LF)

2014年3月発売、当初はガソリン/LPGモデルのみの販売であった。
当時の現代自動車デザイン理論「Fluidic Sculpture 2.0」に基づき、さらに「Inner Force」と呼ばれるデザインの美しさを融合した。
搭載されるエンジン2000cc CVVL/2400cc GDi/2000cc LPiの3種。

2015年2月には2000cc T-GDiエンジンを追加。
このモデルではスポーツサスペンション等を装備、若者ターゲットに開発されていた。
同年7月にはエンジン1600cc T-GDi/1700cc e-VGTディーゼルの2種を追加、2400cc止された。

2017年3月にはフェイスリフトを実施、名を「ソナタニューライズ」に変更した。
外装デザインを大幅に変更、リアナンバー位置をトランクフードからEFソナタ以来となるリアバンパーに変更した。

8代目(開発コード:DN8)

2019年3月発売、デザインが大幅に変更されている。

搭載されるエンジン2000cc CVVLのみ、2019年後半にはハイブリッド、ターボなどが発売予定とされている。

日本での販売

2000年代前半にニューEFソナタが導入されるという噂があったが、結局実現には至らなかった。
2005年9月NFソナタの販売を開始(名称は単に「ソナタ」)、日本仕様は右ハンドルのみの設定。
設定されるエンジン2400ccのみで、価格は同クラス日本セダンと同じぐらいの210万円弱からのスタートとなる。
もともと日本国内におけるヒュンダイブランド皆無であり、価格も日本セダンと同じぐらいであったことから売れ行きは芳しくなく、2009年11月にはモデルチェンジされることなく販売が終了された。そしてヒュンダイ自体も、販売の低迷から2009年度の終わりと共に日本乗用車市場から全に撤退した。

キャッチコピー

韓国語キャッチコピー日本語で訳したものを記載する。

初代:「頂上の技術」
2代目:「Y2の秘」(ソナタ
3代:「・話・創・造」(ソナタII)/「名品の完成」、「韓国車の代名詞」(ソナタIII
4代:「DREAM TECHNOLOGY」(EFソナタ)/「ソナタ最高の作品」(ニューEFソナタ
5代目:「名の感動」(NFソナタ
6代:「Art of Technology」(YFソナタ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/05(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/05(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP