今注目のニュース
教師が授業の実験に失敗、生徒が体に大やけど 原因はとんでもない間違い?
カリカリじゃニャいんかい! 猫の前で柿ピーを食べていたら理不尽な猫パンチを食らった飼い主のマンガに共感の声
ヒカル、深夜の薬物検査に激怒 警察官の対応に「エグすぎやろ」

ビスマルク(戦艦)単語

ビスマルク

  • 20
  • 0
掲示板をみる(199)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

BISMARCK

ビスマルク(戦艦)とは、第二次世界大戦中のドイツ戦艦である。

概要

第二次世界大戦中のドイツ最大の戦艦。艦名はドイツ鉄血宰相オットー・フォン・ビスマルクにちなんだもの。

就役は1940年8月イギリス海軍との戦闘により沈没したのが1941年5月

本艦がビスマルク戦艦ネームシップであり、二番艦はティルピッツ

設計

ビスマルクの設計は第一次大戦時のドイツ戦艦バイエルン級のものが流用された。

もちろん排水量の増加などの再設計は施されているものの、良が施されていない部分も存在していた。特に、遠距離撃戦における防御の上昇が底されていなかった点がよく取り上げられる(当時は戦艦巨大化艦載砲巨大化により遠距離撃戦が起こりやすかった)。

これはドイツ第一次世界大戦の敗戦国として持たなくてはいけなかったハンディや、急ぎを復活させなければならない事情、そもそもが陸軍だったということなどが原因である。

ライン演習作戦~沈没

1941年5月ライン演習作戦に参加。この作戦的はイギリスの補給を断つこと。つまり、輸送船団の撃破、通商破壊である。参加した艦はビスマルク重巡洋艦プリンツ・オイゲンの2隻。戦艦シャルンホルストグナイゼナウも参加する予定だったが、それぞれ機関の故障と爆による損傷によって動けなかった。艦長はエルンスト・リンデマ大佐。艦隊はリュッチェン提督だった。2隻の任務は、三ヶの予定で、英国上交通(シーレーン)を一掃すること。に北部及び中部大西洋のイギリスの補給線を攻撃する。もしも敵艦隊に発見されたら、これを突破しスピードで振り切って逃げるというものであった。

だが、行動開始後の5月23日くもこの動きはイギリス側に察知され、デンマーク戦が起こることになる。この戦において、相手がプリンツ・オイゲンと自分を誤認するという幸運にも恵まれたビスマルクイギリス巡洋戦艦フッドを撃沈、同じくイギリス戦艦プリンス・オブ・ウェールズを艦への直撃をさせるなどして中破させた。しかし、このことによってイギリスの怒りを買ってしまい、イギリス海軍は投入できるほとんどの艦船を投入して、ビスマルクの追撃に当たった。

あるいはこの時点でプリンス・オブ・ウェールズに止めを刺して近くのフランスの基地へと引き上げていれば、ビスマルクは命を永らえたかもしれないが、これは結果論に過ぎない。現にビスマルクは、プリンス・オブ・ウェールズキングジョージ5世だと思いこんでいたため、背後にイギリス艦隊のが控えていることを恐れて追撃を止めたという説もある。また、プリンス・オブ・ウェールズを仕留めることで良しとした艦長のリンデマ大佐に対して、艦隊であるリュッチェン提督はあくまでも戦略標である通商破壊の成功にこだわったとも言われる。結局、ビスマルクフランスのサン・ナゼール港をした。

デンマーク戦の時点からビスマルクを追跡していた重巡洋艦ノーフォークは体制を立て直したプリンス・オブ・ウェールズと共に追跡を続けた。しかし、ウェールズまもなく燃料切れもあって離脱。そして、戦艦キングジョージ5世ロドニー艦隊も追跡を開始した。今度は空母ヴィクトリアスから撃機が発進、プリンツ・オイゲンと別れて今度はブレスト港をし単独行動に移っていたビスマルクを捕捉したが、有効打は与えられず、一旦イギリス側はビスマルクを見失う。イギリス側はビスマルクの発信する電波から位置を割り出そうとしたが、これは明後日の方向を示することになり、ロドニーらは北へと迷走してしまう。これでビスマルクに運が向いてきたかに思われたが…。

今度は沿警備隊のカタリナ飛行艇ビスマルクを発見。南側から追跡してきた巡洋戦艦レナウン空母アーク・ロイヤルの部隊が撃機による攻撃をかけた。途中で友軍の軽巡洋艦シェフィールドを誤って攻撃してしまうというトラブルもあったが、このときは磁気魚雷発して事なきを得る。しかも、これで撃機の魚雷を有効なものに取り替えることが出来たというケガの功名もあった。再び攻撃が加えられ、わずか2本だが命中が得られた。このうち一本がビスマルクを破壊。戦いの運命を決することになる。

もはや数ノットしか出せず、っ直ぐ進むことすらままならなくなったビスマルクもはやこれまでと覚悟したリュッチェン提督軍本部に辞世メッセージを打電した。その駆逐艦コサックらとの戦闘をどうにかくぐり抜けたが、が明け、ついに、キングジョージ5世ロドニー艦隊はいよいよフッドのかたきを討つべく殺到することになった。

この追撃戦の結果、ビスマルク戦闘を喪失、自沈することになる(重巡洋艦ドーセットシャーの撃が止めになったとの見方もある)のだが、その際は数発に及ぶ弾の直撃と数本の魚雷を身に受けてなお沈まないという状況だった。これは、イギリス側が最終的に3000メートルという異様な近距離まで接近した結果、俯の付いた弾の多くが命中する前に面をいたことや、その時までに左舷に傾斜していたビスマルクの側面が当たりにくくなり、浮が失われなかったことが原因と考えられている。

5月27日午前11時、ついにビスマルクは左に傾き、軍艦旗をひるがえしたまま中へ没した。艦長のリンデマ大佐は従容と最期を受け入れ、艦首軍艦ポストにつかまったまま艦と運命を共にした。2,000人あまりの乗組員のうち、救助されたのはわずか110名だったという。

ビスマルクとドイツ海軍

そもそも陸軍であるドイツ軍に関してはどうしてもイギリスに一歩劣った。また、第一次世界大戦の敗戦国であるために様々な制約が科され、軍艦の建造競争にも参加することができなかった。軍増強計画は存在していたものの世界大戦の勃発に伴いそれも停止され、大規模艦隊をもつことさえできなかった。ビスマルクと、その二番艦となったティルピッツは計画停止ギリギリで完成した艦であり、ドイツ軍が持つことができた数少ない大戦艦だった。

そのような状況で優勢な軍戦を持つイギリス海軍と正面切って戦を行うのはドイツとしても避けたいところであった。したがって、第一次世界大戦と同じくドイツ潜水艦を利用した通商破壊軍の軸とするしかなかった。

この影水上艦船にも及び、ビスマルクが最大の戦果を上げ、沈没したライン演習作戦通商破壊の一環として行なわれたものである。イギリス海軍との三にわたる追いかけっこは結果的にそうなっただけで、ドイツ軍の本来の的とは異なったものということになる。

まとめていうならば、ドイツ軍は準備不足過ぎた。その中でビスマルクはいくらかの運と乗員の踏んりによって多大な戦果を上げることができたまれな戦艦といえる。

イギリス艦隊の揮を執った本艦隊長官のトーベイ提督は「ビスマルクは、かつてのドイツ帝国軍を彷彿とさせる戦い振りを見せた。絶対的不利な状況の中で、終始敢然と戦い、ドイツ軍艦の誇りである軍艦旗と共に沈んでいった」と賛辞を送ったという。

海底のビスマルク

沈没したビスマルク1989年に発見された。のちにタイタニックで有名な映画監督ジェームズ・キャメロンはこの海底戦艦映像を使って番組を作製した。

余談:U-556とビスマルク

実は、ビスマルクを追跡中の巡洋戦艦レナウン空母アーク・ロイヤルドイツ軍Uボート、U-556に捕捉されていた。歴史タラレバるのは不毛かも知れないが、U-556が魚雷を撃とうと思えばできる位置取りの状態であり、もし撃てればビスマルクの運命を大きく変えていたかも知れなかった。しかし、U-556はすでに通商破壊戦で魚雷を撃ち尽くしており、友軍に位置を知らせることが関の山だった。

U-556艦長のヴォーファール少佐は1940年に同艦を受領。その際に就役のセレモニーを行おうとしたが、ファンファーレ演奏する楽団を呼ぶがなかった。当時のドイツ軍では既に戦争状態なので、予算が逼迫し、いち小艦艇に過ぎないUボートでは艦長が自でセレモニーを行うしかなかったのである。

その時、隣のドックにいたビスマルクの艦長、リンデマ大佐の好意で、同艦の軍楽隊を貸し出してもらえた。もちろん謝礼の持ち合わせなどなかった少佐は、U-556が敵を撃退して自らビスマルク航しているというイラストを描いた養子縁組届けをリンデマ大佐に送り、U-556がビスマルクの親代わりとなり、必ず守ることを誓うと約束したのである。その約束は果たされることはなかったのだ…。

なお、後にU-556も敵に撃沈されることになるが、ヴォーファールト艦長は捕虜となって生き残り、戦後も長く健在だったという。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 197ななしのよっしん

    2019/07/09(火) 02:14:06 ID: xRXn5oTUbe

    わざわざ人のツイート引っり出して然と他ゲーsageかます艦豚も、ここぞとばかりに汚く罵りだす人達もどっちも不快

  • 198ななしのよっしん

    2019/08/10(土) 17:07:17 ID: l64o6GRsYQ

    数字的なスペック載せないの?
    排水量とか全長とか

  • 199ななしのよっしん

    2019/09/06(金) 08:39:25 ID: Nv85phENLl

    個人的な意見として、戦闘力を喪いやすいが沈みにくいビルマルク(ドイツ戦艦)の防御様式は単独で通商破壊するドイツ軍よりも
    プールが豊富な英や地中海だけ見てれば良いイタリアみたいな味方の援護が期待できる軍の方が役に立った気がする
    Z計画を遂して艦艇の頭数さええば不倒の戦艦軍団として名を馳せたかもしれないけど、そもそも計画自体の実現可性を考えるべきだった

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP