ビタミンD単語

ビタミンディー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ビタミンDとは、脂溶性ビタミンの一種である。カルシフェロールとも呼ばれる。

概要

炙りサバ 焼き鯖焼き鯖だよ! 焼き鯖だよ!

などのキノコなどに多く含まれ、構造によってビタミンD2からビタミンD7まで細かく分類される。

自然界ではにビタミンD2エルゴカルシフェロール)とビタミンD3(コレカルシフェロール)が多く、その作用が強い。生体内に取り込まれたビタミンD3血管を通じて肝臓に運ばれ、化酵素のシトクロムP450(CYP)によって化を受けて「25-ヒドロキシコレカルシフェロール(25位という場所に基-OHがくっついた形)」に変化する。これが更に腎臓でミトコンドリアによって化され、活性の「1a,25-ヒドロキシコレカルシフェロール」になるのだ。

スケルトンT

「カルシフェロール」の名が示す通り、消化管でのカルシウムの吸収、腎臓での再吸収、石灰化を促進し、リンの代謝吸収にも関わっている。ビタミンD欠乏によりカルシウムリンが不足するとの形成が上手く行えなくなり、小児では「くる病」成人では「軟化症」と呼ばれる欠乏症が発生する。カルシウムだけでなくビタミンDも一緒に摂らないと、身体にとっては不十分なのである。

またビタミンD3動物の皮膚において日のを浴びることで生成するため、北欧など日照時間の短いでは欠乏症が発生しやすい。もちろん日本でも日の当たらない不規則な生活をしていると、欠乏症になるリスクが上がる。活性の生成に関わる肝臓腎臓に疾患を抱えている患者は、補給が必要となる。

脂溶性ビタミンであるため、過剰分が尿で排される溶性ビタミンと違い、過剰症というマイナス作用も出る。ビタミンDの場合はカルシウムの吸収が上がりすぎることにより高カルシウム血症が起こり、吐き気や便秘食欲不振のほか、心臓腎臓へのカルシウム沈着、尿症などを引き起こして死に至ることもある。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/06(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/06(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP