今注目のニュース
クレイジージャーニー放送打ち切りでネットに斜め上の意見があふれ返る!
職場を壊す「昭和おじさん」4タイプの扱い方
四国 台風20号の影響について

ビッグバン打線単語

ビッグバンダセン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ビッグバン打線とは、1998年からの日本ハムファイターズ及び北海道日本ハムファイターズ打線称である。

概要

1998年に球団による募でつけられた名前である。
2003年に移転するまでのファイターズ本塁打が出やすい東京ドームを本拠地としていたことにはじまり、当時のファイターズ田中幸雄片岡篤史小笠原道大など打率・長打ともに定評のある選手が多かったこと、外国人野手も軒並み好成績を残したことから、この打線完成した。
しかし、その代償として投手は「ビッグバン投手」などと揶揄されるなどきわめて弱いものであり、当時はきわめて大味なゲーム(所謂馬鹿試合)も多かった。特に、同じくチームカラーが似ていた大阪近鉄バファローズ戦ともなれば両軍ともに大量得点、というゲームも数知れずあった。
しかし、2004年に広い札幌ドームに移転すると投手を軸としたチーム作りが行われ従前の打線ウリにしたスタイルから大きく転換、ビッグバン打線と呼ばれることは少なくなっていった。

布陣

1998年

打順 守備 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁 その他
1 田中幸雄 .274 24 63 2
2 奈良原浩 .280 1 25 30
3 片岡篤史 .300 17 83 2 ベストナイン
4 J・ブルック .244 25 73 1
5 N・ウィルソン .255 33 124 1 本塁打王打点王、ベストナイン
6 西浦 .245 20 62 18
7 金子誠 .263 4 26 11
8 野口寿浩 .235 10 34 6
9 井出竜也 .216 6 28 10

控え選手
守備 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁 その他
落合博満 .235 2 18 0 開幕当初は4番
右/中 上田佳範 .242 2 9 1 井出と併用
小笠原道大 .302 1 15 4 代打で起用

この年、ファイターズは開幕からその猛打を振るい、前半戦を2位西武ライオンズに10ゲーム差をつけての首位で折り返した。その原動となった打線の名称の募が行われたのがこの年。
しかし、後半戦に入ると打者が不振に陥ってチームは急失速、最後の最後で西武に追い抜かれ2位に終わった。
ウィルソン本塁打打点の二冠王。

2000年

打順 守備 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁 その他
1 井出竜也 .267 13 56 14
2 小笠原道大 .329 31 102 24
3 片岡篤史 .290 21 97 9
4 S・オバンドー .332 30 101 3 ベストナイン
5 島田一輝 .265 6 46 1
6 N・ウィルソン .294 37 89 0 ベストナイン
7 田中幸雄 .256 15 46 1
8 野口寿浩 .298 9 76 5
9 金子誠 .231 3 31 2

最盛期だったと言われるのが上記の2000年打順
2番を担当して2年小笠原30本塁打を突破、これに加えオバンドーウィルソンの両外国人30本を打った。また捕手野口も打撃が覚醒日本ハム捕手史上最高の打率.298マークするなど猛威をふるい、終わってみれば打率.278本塁打177本は球団新記録、また打点など打撃9部門全てで12球団トップの成績を残した。余談だがウィルソン90打点に到達していたら、90打点カルテットだった。
しかし、投手は散々も散々であり、チーム防御率は4.70(リーグ5位)という数字となったほか、西武福岡ダイエーホークスとの熾な優勝争いに競り負け、3位に終わる。
その後は負傷者の続出や片岡ウィルソンなどのメンバー流出、そして札幌ドーム移転に伴う方針転換などもあり、打線は低調な年が続いた。

2006年

打順 守備 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁 その他
1 森本稀哲 .285 9 42 13
2 田中賢介 .301 7 42 21 ベストナイン
3 小笠原道大 .313 32 100 4 MVPベストナイン
4 F・セギノール .295 26 77 0 ベストナイン
5 稲葉篤紀 .307 26 75 5 ベストナイン
6 SHINJO .258 16 62 2
7 J・マシアス 229 3 21 3
高橋信二 .251 6 19 2
8 鶴岡慎也 .241 3 21 2
飯山裕志 .141 0 3 2
9 金子誠 .254 6 40 7

優勝・日本一になった時のもの。セ・パ交流戦ではセギノール一塁手小笠原三塁手を守った。

2006年は前半戦は打線が低調だったが、その代わり投手が奮起し、日が流れるうちに打線も活性化。また森本SHINJO稲葉による堅守の外野も形成され、投打、さらに守備に隙がないチームとなった。しかしこの頃にはビッグバン打線と呼ばれることは少なくなっていた。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP