今注目のニュース
再現度すごすぎひん? ダイソーの「チョコクロワッサン」チロルが話題、見つけたら即ゲットを!
ナイナイ岡村隆史(49)が選ぶ今年の漢字が闇過ぎると話題に
「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

ビッグ・ザ・武道単語

ビッグザブドウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ネプキン

ビッグ・ザ・武道とは、キン肉マンに登場した架の人物である。

概要

完璧超人の一人で、テームズ底で十万年間ネプチューンマスクを継承できる程の強者を待ち望んでいた。そんなある日、世をんでテームズに身を投げた喧男にその素質を見出し、マスクを継承。ネプチューンマンへと転身させる。そしてその付き人として彼に従事。以後、下等人が醜い素顔を隠すためや、単なるファッションとして付けている覆面をネプチューンマンと共に次々と剥ぎ続ける。 

初登場時にはの姿を隠す「オーバーボディ」で自身を包んでいた。ちなみにオーバーボディの姿は読者キャラの「マイルドマン」だったが、出したはいいがパッとしないとの事で、オーバーボディの設定を付けると共に今の武道の姿となった。

また昨今のカラーリングの違いがあるキャラの一人で、アニメでは上着から紺色、防具は赤色に、漫画版では上着から緑色、防具はになっている。奇しくも相方ネプチューンマンとは原作アニメの色合いが対となっている。

基本的には「ヘル・ミッショネルズ」の一員としてネプチューンマンサポートしており2000パワーズ戦までは、マグネットパワーを駆使し、要所要所で彼を引き立てている。
また、モンゴルマン相手に網のトラウマを突いた戦いや、決勝戦においてプリンス・カメハメドクターボンベの遺骸を見つけ、グレート二世テリーマン)やキン肉マンの動揺を誘ったりと見たとは裏に心理戦等にも長けている。

しかし、最終戦でのマスク・ジ・エンドに失敗し、狽するネプチューンマンを一を持って鎮めるがそこから、キン肉マン達に自身の正体を悟られてしまう。

プロフィール

作中での動向

夢の超人タッグ編

正体不明のタッグチームヘル・ミッショネルズ」の一員としてネプチューンマンと共に宇宙タッグトーナメントに出場。2000パワーズに敗れたスクリューキッドケンダマンに制裁を与える際にフードを外し、その正体を明らかにする。抵抗する2人の地獄のねじ回しを直撃するが、オーバーボディが砕けて剣道姿の人としての姿を現し、同時にスクリューキッドの体も砕け散ってしまう。

1回戦第3試合で人師コンビロビンマスク&ウォーズマン)と対戦。ロビンマスクの新技ロビンスペシャルを受けKOされたかと思われたが、大きなダメージを受けずに起き上がってくるタフネスぶりを見せる(ロビンはあえて威を加減したとっているが)。その後ネプチューンマンと交代してからはサポートとしての役割にし、クロスボンバーによりウォーズマンそしてロビンマスクの覆面を刈り、勝利する

準決勝第1試合で共闘していたはぐれ悪魔コンビが敗れたことで制裁を敢行。アシュラマンサンシャインが入ったゴンドラ竹刀で落とすと、2人が持っていた呪いの人形を発見。ごと奪い去ってしまう。続いておこなわれた第2試合で2000パワーズ(モンゴルマン&バッファローマン)との網・有刺デスマッチに出場。網にトラウマのあるモンゴルマン網に包み、振り回してトラウマを攻める残酷さを見せる。さらにこの試合で初披露したマグネットパワー2000パワーズを追い込むと、サンダーサーベルバッファローマンKOし、クロスボンバーモンゴルマンの覆面を剥がす。さらに乱入してきたキン肉マンの左腕をクロスボンバーで切断する。

決勝の前日、墓地散歩していた際にプリンス・カメハメの遺体を偶然発見。これによってキン肉マングレートの正体を事前に見破り、遺体を運んで決勝の観客席に座らせる。

マッスル・ブラザーズキン肉マン&キン肉マングレート)との3本勝負による決勝は、実は自身が考案したソード・デスマッチとなる。1本では予告通りグレートの覆面を剥ぎ、正体がテリーマンであることをす。2本が始まると、コーナーで呪いの人形を操り、キン肉マンテリーマンを仲違いさせようとする。しかし、2人の友情はそんな妨に負けずに回復してしまい、さらにマスク・ジ・エンドが不発に終わったことでキン肉マンマスク狩り予告が達成できず、冷静だったネプチューンマンが動揺して狽し始める。すると、突然武道が鎮まるようにネプチューンマンを一。この様子に違和感を感じたザ・マシンガンズは武道仮面を剥がし、その正体がネプチューン・キングであることが明らかになる。

正体が明らかになってからは、完璧超人の総帥としてヘル・ミッショネルズを引っるようになり、自身の的をり、さらにアポロンパワーによって地球を逆回転させ時間を戻すという離れ業をやってのける。

その後はマグネットパワーメガトンキング落としなどでキン肉マンを攻めるが友情パワーや自分達が地球の磁を頼らないと何もできない下等な存在だと摘され動揺する。
その際にマグネットパワーの弱点とも言えるべきアポロンインドウが胸に浮かび上がる。
そしてキン肉マンがそれを封じ込める為にテリーマンが身をにしている最中、完璧超人の教えに反した器攻撃を敢行、ネプチューンマンにそれを咎められると「時と場合によっては完璧超人でも武器を使ってもいい」といい、ネプチューンマンは裏切られた心になる。
それまでの友情パワーの凄さを見せつけられた上にこの発言の為、ネプチューンマンは更に蛮行を行うネプチューンキングに対し、喧ボンバーを浴びせる。
そしてその間にアポロンインドウの封印がなされ、マグネットパワーを失ったところで渾身のマッスルドッキングネプチューンマン共々倒れる。

試合は3本勝負の為、まだ試合は続いたが最後の3本の開始時点で既に戦える程のもなく、ネプチューンマン同様にマスクが砕け、ミイラ状態の素顔が出て倒れ、試合に負けた。そして、子の侵攻を告げた後事切れた。

ネプチューン・キングの概要

古代人界最強の男と呼ばれ、完璧超人達の頭領でもありソードデスマッチ等を考案した殺るか殺されるかを戦い方の信条としていた人物。10万年前あまりの強さのため世間から殺され、テームズに身を投げて死んだと一般的には思われていた。しかし、実はテームズの底で自分の後継者となれる逸材を待ち続けていた。

武道のときの丁寧な口調とは異なり「グロロ~」という口癖と粗暴な口調になっている。地上界の人を一掃し、1000人の子たちを地上に送り込み世界征服的としている事をりだす。そしてその子たちが既に地球へ向かっている事を告げ、今までネプチューンマンマスク狩りを行ったのは子達を含めてそのマスクを被る為だと的をる。

前述のとおり、その素顔はミイラのような醜いものだった(当初は素顔の上に4つの覆面を被っていたことになる)。テリーマンからは「一見璧さを装っているが中身は虚栄と私欲に満ちたミイラ」と言われる始末。追い込まれるにつれ、完璧超人としての掟に背いた卑劣な行為をおこなうなど、悪辣さがつくようになる。

ちなみに、現在のところシリーズラスボスの中で心せずに死んだままになっている人でもある。

王位争奪編

邪悪達の話し合いの中で、キン肉マンとのパワー較としてその遺骸がるし出される。この時に人硬度が5000万もあるに近い存在だと言われている。

また、ジ・オメガマンの亡霊コレクションの一部としてに顔を憑依した状態で登場(墓場を脱出しようとしてオメガマンハントされた)。
ネプチューンマンの動揺を誘うが、キン肉マンとのコンビによるクロスボンバーで粉砕されている。

完璧超人始祖編

復活した他の人達とは違い、死亡したままとなっている。だが、ストロング・ザ・武道完璧・無量大数軍を率いて襲来した際に、同じ姿からハラボテにビッグ・ザ・武道がイベントの手伝いに来てくれたと勘違いをしている。

ストロング・ザ・武道からは、完璧超人の首領であることは全くのデタラメであることが明らかにされ、1000人の子と呼んでいた完璧超人が本隊でキングたちはあくまで先兵に過ぎなかった。さらに宇宙タッグトーナメントでのおこないを「最低」だと断罪されている。

また、マグネットパワーの使い手であるサイコマンから、ネプチューン・キングが自分の子でありその素質からマグネットパワーのコツを伝授した事がられた。また、それによって彼が増長し勝手に部下を募ったり完璧超人らしからぬ行動ばかりするのを見て破門とし、完璧・無量大数軍傑”の称号を剥奪されたことも明らかにされた。

その為、サイコマンマグネットパワーを駆使した技を使う際に、ネプチューン・キングと較されるのを物凄く嫌悪している。

すでに死亡しているため回想のみの登場だったが、実はただの小悪党のほら吹き爺さんだったことが暴露されてしまい、シリーズを通してを下げってしまったことは否めない。

ビッグ・ザ・武道とストロング・ザ・武道

見たは全く同じだが、中身は大きく異なり、前者がこれまで述べた通りネプチューン・キングであり後者はパーフェクト・ゼロの異名を持つ「超人閻魔」ことザ・マンその人である。
これはキン肉マン作者ゆでたまご中井氏が、フィギュア製作メーカーCCP」によるビッグ・ザ・武道のフィギュアインスピレーションを受け、同じ容姿の新人として登場させたいとしたためである。
その為カラーリングや「グロロ~」等随所でビッグ・ザ・武道(ネプチューンキング)と似た所がある。
2017年岡山で行われたトークショーで、キャラの設定としてはネプチューン・キングがザ・マンに憧れて、同じ姿にしたとっている。

また、コンビニコミックスの夢のタッグ編内での作者インタビューにて、ようやくビッグ・ザ・武道のキャラが固まってきたのに路線変更でネプチューン・キングを出す為にあのような展開になった事をっている。

武道』というキャラは、ある意味キン肉マンの中で最も紆余曲折を経たキャラクターなのかもしれない。

必殺技

シングル技

制裁突き
はぐれ悪魔コンビ敗退後、サンシャインに対して使った竹刀による器攻撃。あくまで試合後なので、ここでの器の使用に関しては問題なし。
ゲーム「マッスルグランプリ2」ではネプチューン・キング(2Pカラー)で柱になる。
武道爆裂キック
一発で大きなをあける程強な蹴り。またから富士山の砂を通す要因ともなっている。
ボンバー
ネプチューンマンが使っているのと同じラリアット系の技。
サイコマンく「私の技のパクリ」との事。
磁気スープレックス
マグネットパワーを用いて放つスープレックス
メガトンキング落とし
ネプチューン・キング単体で放つ技の中では最強の技。相手をリバースフルネルソンの体勢にして中に舞い上がり、相手を逆さまにすると同時に相手と自分の両足の裏を合わせて落下、体重をかけて頭から地面に叩きつける。ちなみに自身の体をネプチューンマンに放り投げてもらっていた。

タッグ技

クロスボンバー
ヘル・ミッショネルズの代名詞的技。相手を喧ボンバーで挟み込む。マグネットパワーを用いた時は更に強で、どんなに頑強なマスクをしても一撃で刈り取る威
磁気クラッシュ
ヘル・ミッショネルズのツープラトン。片方の相手を地上でベアハッグに捕らえ、もう片方の相手を中でパイルドラバーに捕らえ、その頭部同士をマグネットパワーの作用により突させる技。
2000パワーズはこの技でトドメを刺され、決勝1本でマッスル・ブラザーズKOに追い込んだ技。
マスク・ジ・エンド
通称「アップルシェイバー」ともいわれるマスク剥ぎの技で、マグネットパワーで浮いて相手のマスクをつま先で削ぎ取る技。
また、同じ原理で逆回転をして時間を戻す荒業もある。
サンダーサーベル
マグネットパワーを呼び、それを武器にしを投げつける技。

声優

キャラクターソング

覆面の狩人
歌 - 宮内タカユキ / セリフ - 北川米彦 / 作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 小林己 / 編曲 - 松井忠重

余談

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP