ビービーガルダン単語

ビービーガルダン

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ビービーガルダンとは、JRA日本中央競馬会)所属の元競走馬である

概要

チーフベアハート
オールチャット・Westminster)

2006年7月22日函館競馬場デビュー秋山一郎を背に逃げ切り初陣を制するも、札幌2歳Sではナムラマースに2.8差の12着に大敗。さらに、その後厩舎で調整を行っていたが折が判明、翌年のまで休養を余儀なくされる。

もともと体質の弱いであったが、2008年頃に良化すると一気に3連勝を決め、キーンランドCで2着、スプリンターズSでも3着に好走し、短距離界の一員として名乗りを上げる

2009年阪急杯から始動。今まで良積が1200に集中していたこともあって、7番人気と低評価ではあったが、これを覆し重賞初制覇を飾る。しかし、続く高松宮記念では、戦の安藤勝己がドバイに遠征していたのに加え、初の左回りに苦戦し16着と大敗してしまう。その後、キーンランドCを制し、迎えたスプリンターズSでは逃げローレルゲレイロを見ながら先団に取り付き、直線で猛追するもハナ差の2着に敗れ、ローレルゲレイロプリンGⅠ連覇を阻止する事はできなかった

2010年高松宮記念函館スプリントSと連続して2着と好走するも、勝利はあげられず不本意な成績に終わる。

2011年阪急杯に出走し8着に敗れる。続く高松宮記念では初めて佐藤哲三コンビを組むと、10番人気ながら4着と好走する。そして、キーンランドC2着を経て迎えた4年連続のスプリンターズSでは復活を期待されたが、他ゲート入りを待ってる間に放してしまう。ちなみに、このとき外回りを2周した後、芝1600mの待機所で停止。暮れの中山の名物重賞であるステイヤーズS(芝3600m)とほぼ同じ距離を走った計算になる。結局、スプリンターズSは疲労が著しいということで競争除外となってしまった。その後、折が判明し引退を表明。種牡馬入りすることとなった。

種牡馬入りしたあと、2012年から2019年までに116頭に種付けをし、68頭を生産。65頭が血統登録され、53頭が競走馬としてデビューした。2019年をもって種牡馬引退し、現在ヴェルサイユリゾートファームで功労として余生を過ごしている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/28(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/28(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP