今注目のニュース
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」
美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…
片寄涼太、自分の人生が「ただごとじゃないことに」と実感した瞬間

ビールクズ単語

ビールクズ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ビールクズとは、間からビールを飲む人たちの総称である。また、そこから生して、漫画孤独のグルメ原作者である久住昌之の一部からの呼び名でもある。

概要

「ビールクズ」とは環境省が提案するクールビズからインスパイアされて作られた造であり、その成り立ちは見ての通り「ビール」+「クズ」である。また、からビール飲む人たちのことを「スーパービールクズ」ともいう。

本来「ビールクズ」は「人たち」の総称であるが、久住昌之が「ビールクズ」の称号を得るようになったのはドラマ放映からである。

テレビ東京で放送されているドラマ孤独のグルメ」には、本編終了後久住が実際に舞台となった店を訪問して飲み食いする「ふらっとQUSUMI」がほぼ毎回[1]付属している。下戸である主人公井之頭五郎はたとえ居酒屋へ入ったとしても「食事」をするのに対し、久住は麦スカッシュ井戸水+2、3品を頼むのがスタンダードである。Season1・2では「ビールをください」などと普通に注文していたり特に説明なくアルコールが登場していたほか、まれにアルコールの登場しない回も存在したが、Season3の中頃から「ぶどうジュース」「ビールっていう飲み物」などと小ボケを挟むようになってきた。
元から「夜食テロ」の称号をほしいままにしてきた本作であるが、アルコールに注させる演出が加わったことで「晩酌テロ」の称号まで獲得するかの勢いである。こうして、名前とも相まって「ビールクズ先生」と呼ばれるようになった。

久住本人は当然ながら「クズ」呼ばわりされていたことを気にしていたようであるがexit、回を重ねるうちに視聴者を煽るようなことも言うようになっている。視聴者は敬意と節度を持って「ビールクズ」と呼んであげよう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目/関連リンク

脚注

  1. *博多北海道などの地方ロケ、果ては台湾舞台の回でも放送した。台湾編の前編では放送されなかったため視聴者を落胆させたが、後編ではきちんと登場し、現地の「市場ソーダ」を堪している。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP