ピクトグラム単語

ピクトグラム

1.4千文字の記事
掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ピクトグラムPictogram)とは、物事や行動概念などをパッと見で理解しやすいように単純化したイラストの総称。1980年以降広く使われるようにった。標識・表示などで使われており、喫煙所を示す煙草マークや、非常口に駆け込む人間などのイラストなどがこれにあたる。「絵文字」「図記号」「ピクグラフPictograph)」とも。

もともとは東京オリンピック(1964年)開催の際に、外国語によるコミュニケーションが困難である当時の日本人と、同様に日本語による表示を読み取ることが難しい外国人との間を取り持つために考案されたのがはじまり。2002年にはJIS規格に「標準案内用図記号」として定められた。

概要

ピクトグラム(非常口)

空港といった共施設の案内標識などによく見られ、どこに何があるのかを単純なイラストによってわかりやすくしている。視認しやすいよう、線と下地の色がはっきり分かれているのも特徴で、地に線、地に線などがよくある例。

多くの場合はこれに文字による説明などがついているが、それとは別に直感的に何であるかを想起させる役割がある。また、文字標識はその文字を理解できることが前提であるのに対して、絵であるピクトグラムは文字の壁を(ある程度)越えて伝達する役割もある。

とはいえ、あらゆる人に理解できるピクトグラムを作ることは非常に難しく、とくに外国人など異なる文化圏の人間から見れば、そののピクトグラムが奇異にみえる・理解しにくいというのは往々にしてよくあることである。日本国内ではJIS規格として規定されたものが数十個あり、その大半はおそらくもがにして「あー、あれね」と理解できるものだが、それでも理解しにくいものは理解しにくい。丸で囲った「?」を見て、そこが案内所だとわかる人はわかるし、わからない人はわからないものである。

こういった共施設で見られるピクトグラムは、標準案内用図記号ガイドライン2020などで確認できる。共施設以外でも各自でピクトグラムを使って注意喚起などを行っているところがある。道路標識がいい例である。

その多くは・地域ごとによって違いがあるが、おおまかに際的に通じるものとして、高齢者や障者向けであることを示すシンボルマーク禁煙マーク非常口マークがある。とくに非常口マークは、1982年日本で制定され、1987年ISO際標準化機構)に組み込まれた世界共通のマークである。

例えばこんなもの

エレベーター エスカレーター 階段 鉄道の駅 非常口 トイレ バス 船舶/フェリー/港 休憩所 広域避難場所

ピクトさん

世の中にはこういうのが好きな人もいるわけで、とりわけ人のピクトグラムなんかが擬人化されたりしている。が呼んだか、この人ピクトグラムは一部で「ピクトさん」と呼ばれているらしく、それを収集した日本ピクトさん学会exitというウェブサイトまであったりする。

ニコニコ動画でも、そんなピクトさんファンによるピクトさん動画がちらほら上がってたおり、人類には早すぎる動画シリーズを賑わしている(かもしれない)。非常口のピクトさんが人気らしく、みなぎったりおまたをこすったりと大活躍である。お元気そうでなによりです。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP