フィジー単語

フィジー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フィジーとは、南太平洋所在するである。

概要

330々からなる群国家。正式名称はフィジー共和国で、首都はビチレブスヴァ。ただし最大の都市はナシヌーである。総面積は約1万8000メートルで、四国より少し大きい。な言英語だが、フィジーヒンディー語もよく使用される。人口は2017年に行われた国勢調査によると約88万5千人[1]観光業と農業が盛ん。各から観光客が訪れている。リゾート地としては治安が良好なので、それが人気の秘と思われる。しかし宿泊料は割高。

一時は離脱した事もあったが、現在イギリス連邦に所属。日本からは直接行く事が出来ず、韓国ニューカレドニアなど第三を経由する必要がある。が、2018年に直行便が誕生。約8時間30分で渡航。4ヶ以内の観光ならビザは不要である。パプアニューギニアと並んで南太平洋リーダー的存在。フィジーではラグビー技になっており、強豪国として名を馳せている。他にも強サッカーチーム野球選手を有しており、知名度が低いながらもワールドカップや各大会でよく見かける。

内の宗教キリスト教が優勢で、全人口の52.9%が信仰しているとされる。次いでヒンドゥー教(38.2%)、イスラム教(7.7%)など。

略歴

諸説あれど、元々フィジー諸には13の部族が住んでおり、互いに相争って暮らしていた。絶の孤という立地から長らく閉鎖的な生活が続いていたが、大航海時代が始まるとヨーロッパからの船が訪れるようになった。まず1643年にオランダ人が、続いて1774年にイギリス人冒険が上陸。白人の進出が著しくなってきた19世紀、フィジー初の港町レヴカが誕生。西太平洋貿易の拠点として多くの白人が定住し、繁栄した。合いには沢山の帆船が停泊し、イングランドスコットランドドイツなどの商人が出入りした。1861年には良港建設のためスヴァ、ナンディ、ガロアの調が行われ、スヴァが最適地だとされた。同年、アメリカ南北戦争の勃発で綿が不足したため、白人の手で綿の栽培が開始された。しかし南北戦争終結で綿の需要が減、綿に代わる砂糖の生産を始めた。

1874年10月10日イギリス植民地となる。長く続く部族同士の戦いに頭を悩ませたフィジー王がイギリスを頼った結果だと言われている。1882年、首都をスヴァに移転。レヴカは機を失い、商人が次々に引き上げて言った。現在パイナップル工場がある程度で、寂れた港町だという。イギリス砂糖やサトウキビ生産のためインド人労働者を1916年まで移住させ続けた。このため現在でもインド系フィジー人が沢山内にいる。日本からもフィジーへの移民が試みられたが、脚気が原因で断念している。第一次世界大戦の勃発により、フィジーからドイツ人が撤退。1921年、ビチレブ周回道路の開発工事が始まり、1937年に工。交通の便が飛躍的に向上した。一方、麻疹インフルエンザの流行により1881年から1936年にかけて一貫してフィジー系住民の人口が減っている。

太平洋戦争戦前、訓練航の途中で日本海軍がフィジーに表敬訪問。上陸した青年士官に、権者のが惚れ、「ぜひ婿に来て欲しい」との打診があった。結婚については海軍内でちょっとした論争が起きたが、当の青年士官は丁重に断っている。

太平洋戦争では、大日本帝國イギリス宣戦布告したためフィジーも日本と交戦状態に入る。日本軍遮断作戦の一環でフィジー、サモア、ニューカレドニアの占領を企図していたが(FS作戦)、上層部の意見の対立によりフィジーとサモアのみ占領となった。ところがミッドウェー海戦の大敗で中止となり、両軍の本格的な衝突は起こらなかった。フィジーでは戦争気で労働者と義勇兵が増加し、都市部の人口が増加。都市部の雇用が増えた事で、出稼ぎ労働者も集まった。他方、フィジー人で構成された部隊がソロモン戦線やニューギニア日本軍と交戦している。対する日本軍25潜によるスヴァ航空偵察や、近潜水艦通商破壊を行った程度だった。25潜に射出・収容される水上機を地元住民が撃し、慌てて西部に2門の沿台が築かれたが、一発も放つ事はかった。

第二次世界大戦終結後、内では独立運動が起こり1970年英連邦として独立を果たす。1987年には軍事クーデター英連邦から離脱したが、1997年に元のに納まった。翌年にはフィジー諸島共和国に名するが、2011年にフィジー共和国へ再度名した。

東日本大震災が発生した時には、他とともにすぐ支援活動を開始。駐日フィジー大使館はカンボジア中国インドネシアマレーシアなどのアジア太平洋と協同で無料チャリティバザーを行い、収益全額寄付した。またバイマラ首相は被災学生20名の受け入れを表明。

主要都市

スヴァ(Suva)

フィジー諸最大のであるビチレブ南東部に位置するフィジーの首都政治的・文化的・商業的中心地であり、同を支える港湾都市である。

の中心部では現代的な高層商業施設が建設されつつあるが、植民地時代的なコロニアル様式の建築など歴史を感じさせるものも多々見ることが出来る。

ナンディ(Nadi)

ビチレブ西部に位置する町であり、ナンディ空港を擁する。この為、日本からフィジーを訪れる際一番最初に訪れる同の地とも言える。

交通の起点でもあり、航空便以外にもスバ方面への都市バス、そして周辺リゾート地を結ぶ船がこの町から出発する。

ラウトカ(Lautoka)

ビチレブ北西に位置する同第二の都市であり、砂糖産業の中心地。シュガー・シティの異名も持つ。

シンガトカ(Sigatoka)

ビチレブ西部に位置し、地はシンガトカの畔に存在する。

ナンディからスヴァまでバスで向かう際に必ず経由する町であり、バスターミナルの大きさに対して経由するバスの量が多すぎる為この町で出発までバスの座席にて待ちぼうけを喰らう事も多い。

ランバサ(Labasa)

フィジー諸にてビチレブに次ぐ大きさを持つ、バヌアレの中央部北に位置する町であり、同の中心的な町。

レブカ(Levuka)

ビチレブの東に浮かぶオバラに位置する町であり、フィジーのかつての首都平野部分の狭さが発展の阻となった為にスヴァへと遷都された。西洋との玄関口であったことから歴史的な並みが残り、それらは世界遺産として登録されている。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *Fiji Government Online Portal - Fiji Bureau of Statistics Releases 2017 Census Resultsexit
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/01(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/01(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP