今注目のニュース
肥満の原因は遺伝?生活習慣?
NHKから国民を守る党の門田節代さんの政見放送が、最初は普通だったのに途中からヤバすぎる展開になって話題に笑「これをNHKが放送したのか笑」
指原莉乃、彼氏に服の“露出”注意されたら…

フィーネ(戦姫絶唱シンフォギア)単語

フィーネセンキゼッショウシンフォギア

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖遺物の発するアウフヴァッヘン波形がある限り、私は何度だって世界ッ!

どこかの場所、いつかの時代ッ!

今度こそ世界を束ねるためにッ…アハハッ!

私は永遠の刹那に存在し続ける巫女フィーネなのだぁ

フィーネ(戦姫絶唱シンフォギア)とはとは、テレビアニメ戦姫絶唱シンフォギアシリーズ戦姫絶唱シンフォギア / 戦姫絶唱シンフォギアG)に登場する重要人物である。
また、同時に作中における特定武装組織の自称名称でもある。

概要

注意 この記事は、戦姫絶唱シンフォギアシリーズ世界の根幹にかかわるネタバレ成分を多く含んでいます。
ここからは先は自己責任でお進みください。

世界中の人類の遺伝子構造に潜み、
アウフヴァッヘン波形に呼び覚まされるたびに先史文明期の巫女

その名は「終わり」を意味している。

フィーネの末裔は、世界中に存在するが、
同一時間上に存在するフィーネは、その魂の数と等しくひとりである。

約三ヶ前、の破壊を論み、
シンフォギア装者たちと突したフィーネの身体は、
立花 デュランダルから繰り出されたSynchrogazerの一撃を受け、
融合したネフシュタンのと共に機不全となり、崩壊する。

だがこれは、「フィーネの死」を意味するものではない。

世界中にはフィーネの末裔が存在し、
彼ら彼女らが、聖遺物が起動する際に放つアウフヴァッヘン波形に接触すれば、
その機会の数だけ、新たなフィーネが誕生し続けることとなる。

それが如何ほどの確率で生じる「偶然」であるのか定かではないが、
なおもフィーネは、永遠の刹那に存在し続けているのである。

――「戦姫絶唱シンフォギアG公式サイトより

アニメ第一期におけるするラスボスである。
聖遺物と人類がある限り限に過去の亡霊。
シンフォギア世界においては偉人や英雄の多くがフィーネであったことが本人によってられている。
彼女のすべての行動は創造に自身の想いを届ける為の下準備である。
第二期ではフィーネを名乗るの武装集団が登場する。詳細は下記参照。

歴代フィーネ

初代・先史文明期の巫女

もうずっと遠い昔、あの御方に仕える巫女であった私は…
いつしかあの御方を、創造するようになっていた。
だがこの胸の内の想いつげることは出来なかった。
その前に私から、人類から言葉が奪われた。
バラルの呪詛によって、一創造り合える統一言が奪われたのだ。
私は数千年にわたり…たった一人、バラルの呪詛を解き放つため、抗ってきた。
いつの日か統一言にて、胸の内の想いを届けるために…

先史文明期の人類(ルル・アメル)の巫女であり、創造カストディアン)への強い慕から、未来永劫にフィーネを再誕させ続ける輪廻転生システム、リインカーネイションを構築し暗躍してきた人物。
後の代のフィーネはリインカーネイションによりフィーネとしての自や知識を上書きされた人物たちである。
なお、リインカーネイションの特性としてフィーネ覚めた者の内面すべても次代のフィーネに引き継がれるという特性を持っている。

櫻井了子

胸の唄を信じなさい。

アニメ第一期・戦姫絶唱シンフォギアにおけるフィーネの継承者。
シンフォギア、及びLiNKERの開発者でもある。
元々研究者だったことも手伝い、フィーネの知識を得たことにより広範囲な分野で突出した研究者として名が売れ『櫻井理論』を構築するまでにいたる。

古代フィーネの子孫であり、12年前のの起動実験立会い時に、起動した聖遺物の波動により遺伝子の中に刻み込まれていたフィーネと記憶が覚醒。以後は櫻井了子として表向き振る舞い聖遺物の研究を行いつつ、裏でフィーネとして的のために暗躍していた。

覚醒時点で意識は全にフィーネの物になったが、櫻井了子としての記憶もまるごと残っているため、櫻井了子璧に演じることができる…というよりフィーネであり櫻井了子でもある。そのためかフィーネシンフォギアについては為政者に見せるための玩具と位置づけるはずが、研究者として融合体が絶唱を放った際にどうなるか興味を惹かれる場面もある。

体についてはフィーネの姿に変身出来る他フィーネであるノイズの召喚と場の発生が可だが、それ以外は基本的に普通人間と変わらない。しかし10話にてネフシュタンのに自身を融合させ(食い尽くさせ)、に続く聖遺物人間融合体二号となりほぼ限の再生を得た。

利用するためではあるが雪音クリスを引き取り育てたことから、事実上のクリスの育ての親でもある。

ほんとにもう、放っておけない子なんだから。胸の唄を信じなさい。

最終話にて、ネフシュタンとデュランダル対消滅にて敗れ去るが、あくまで自分を了子として見て信じ未来を託すの姿がフィーネの心を動かしたのか、フィーネに「櫻井了子」として言葉を遺しとなった。
程なく「櫻井了子」としての記憶を引き継いだ「次世代のフィーネ」が出現することとなった。

漫画版

漫画版では、ギアった万全の状態の風鳴翼を(バリアこそ使ったが)全裸で圧倒するというOTONAじみた戦闘力を見せた。その後、立花響が現れて二対一となるとネフシュタンのう(まだ融合はしていない)が、その直後に合体技を受け、致命的なダメージを負い敗走する。この人、全裸のほうが強いんじゃないか?

その後、ネフシュタンの融合することで復活。単なる再生に留まらず、プラナリアのようにられたところから別々に再生して「空蝉」という分身をいくつも生み出す。分身した状態では再生が下がるため、絶唱を受けた際には再生が間に合わず、全ての分身を再統合してギリギリのところで絶唱に耐える。しかし再生に気を取られすぎたためにのカ・ディンギルへの接近を許し、カ・ディンギルを破壊されてしまう。

その後は黙示録のになるなど大体の展開はTV版と同じであるが、最後はの言葉に泣き崩れ、自らのやったことを謝りながら消えていった。

月読調

相変わらずなのね。

アニメ第二期・戦姫絶唱シンフォギアGにおけるフィーネの継承者である。
古代フィーネの子孫であると同時に、人工的にフィーネを出現させる器としてFISによって育成されたレセプターチルドレンの一人。歴代フィーネの中でもシンフォギア装者でもあったのは現時点では調のみである。

の魂も塗り潰すことなく、このまま大人しくしてしてるつもりだったけどままならないものね。

イガリマの攻撃から調をい、フィーネとしての魂は再び深く沈んでいった。
個人の詳細については月読調の記事を参照。

武装組織フィーネ

私は…私たちフィーネ
そう、終わりの名を持つものだッ!

アニメ第二期・戦姫絶唱シンフォギアGにおける世界の救済を的とした悪の弱小組織フィーネである。

F.I.S.(Federal Institutes of Sacrist = 米国連邦聖遺物研究機関)に所属していた研究者二名と組織の観測対であったレセプターチルドレン三名、計五名によって構成された組織である。

その的は古代遺産であるフロンティアを浮上させ、の落下を防ぐことにより世界を救済することにあった。

マリアう「ガングニール」、調、切歌の「シュルシャガナ」と「イガリマ」。
エアキャリアに搭載され、未来うことになった「神獣鏡(シェンショウジン)」。
そして、かつてセレナい、破損した白銀のシンフォギア。合計五つのシンフォギアを保持していた。
これらはすべて櫻井了子によって作成された純正のシンフォギアである。
それとは別に純機械アシストのみによって聖遺物を駆動する独自の技術体系と、ウェル博士の開発した新LiNKERを駆使した。

その一方で話が進むにつれてアジトを失い放浪し、298円のインスタトラーメンを購入するにも思い切りが必要なほど財政的に困窮し、であるアメリカからは情報隠匿のため殺的で追い回される他、多くの視聴者の涙を誘うほど追い詰められていった。

しかしながら、結果だけを言うならば彼らの尽もあっての落下を防ぎ世界が救われたのは事実である。

なお、二課はフィーネとは呼ばずF.I.S.と呼称している。これはフィーネを敵と思いたくない二課のこだわりである。

武装組織フィーネの関連静画

数千年の悪者の関連動画よ

らしくない関連静画を…見せちゃったかも…

私が関連商品の研究を始めたもはそもそも…

何故、関連チャンネル・コミュニティがリディアンの地下にあるのか

関連項目は今日を生きる貴方たちで何とかなさい。

掲示板

  • 33ななしのよっしん

    2018/04/04(水) 00:49:14 ID: MD2ns4365+

    最新イベントでまさかの出番

  • 34ななしのよっしん

    2019/01/20(日) 20:37:50 ID: MD2ns4365+

    今回の巫女イベント見るに、フィーネの次の補が調だったのはある意味必然だったのかな。
    調があの出自なら、そりゃFIS組の中じゃ最有補になるよね……。

  • 35ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 11:15:04 ID: nekea3WQi4

    イベントクリスの保護者やってる姿は…
    いろいろ複雑なものがありつつも良いものだ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP